AKB48卒業から5年のいま、板野友美がようやく見せる素の自分

茶髪に鋭いまなざし、口角の上がった笑顔。AKB48で「神7」(初期AKB48で不動の人気を誇った上位七人)の一角を担った板野友美といえば、私たちはそんな少女を思い浮かべるのではないだろうか。グループを卒業して4年半が経ち、彼女はすっかり大人になった。

2月28日に板野が送り出すソロ10作目のシングル『Just as I am』は、自身で作詞を手がけた壮大なアコースティックバラード。やさしく歌い上げる言葉の一つひとつに、強い意志が滲む。しかしそれとは裏腹に、楽曲と連動して発売される4th写真集『Wanderer』で見せる表情は、あのころと比べてとてもやわらかい。ソロとして、第一線を走り続ける板野友美はいま自らの姿に、そしてこれから続く道のりに、何を思うのか。彼女が考える「自分らしさ(=Just as I am)」について素直な言葉を聞いた。

ずっと強い女性に憧れてきたけど、それは等身大の私ではなくて。

—まず、今作『Just as I am』のコンセプトでもある「自分らしさ」についてお聞きしたいのですが、板野さんにとって「自分らしさ」とはどんなものですか?

板野:「自分らしさ」って、とっても難しいですよね。見せたい自分もあるし、なりたい自分もある。果たして何が「自分らしさ」なのかなって迷いますけど、やっぱり、素の自分が一番自分らしいんじゃないかなと思います。

—つまり今作では、「素の板野友美」が見えてくる、と。

板野:はい。たとえば、ソロとしてこれまで出してきたダンスナンバーやそのジャケ写は「作られた板野友美」で。楽曲に合うキャラクターだったり、表情だったりを演じている私です。もちろんそれも大切にしていきたいイメージだし、私自身ずっとそういう強い女性に憧れてきたけど、それは26歳の等身大の私ではなくて。

板野友美
板野友美

板野友美
アルバム『Get Ready♡』(2016年)リリース時のアーティスト写真

—たしかに、板野さんといえば強いまなざしが思い浮かぶけれど、今回のアートワークは、飾り気のない表情が印象的です。

板野:今回の作品では、本当にありのままを出しました。表情やポーズまでキメキメの、かっこよく作ってきた私をいったん全部手放して、「一人の女性としての板野友美」を見せたかったんです。

—今回は、楽曲“Just as I am”と写真集『Wanderer』を連動させて、すべてのビジュアルをロサンゼルス(以下、LA)で撮影したそうですね。

板野:LAで撮影することが決まったときは、すごくうれしかったですね。AKB48(以下、AKB)を卒業したあとにはじめて、プライベートで海外旅行をしたのがLAなんです。行き先を選んだのは、大好きな絶叫マシンで世界一怖いのがあるところ、みたいな理由だったんだけど(笑)。それ以来、LAが海外で一番好きな場所になりました。

板野友美 アーティスト写真
板野友美 アーティスト写真

板野:LAは海もあるし街もあるし、空気とか流れる時間のスピードとか、太陽の強さとか、すごくよくて。ファッションも音楽もいいものにちゃんと出会えて、パワーをもらえる場所なんですよね。

昔はどちらかというと都会が好きで、ソロ4作目の『1%』(2013年リリース)ではニューヨークの夜景をバックにダンスをさせてもらったんですけど、いまはLAみたいに少しゆったりした土地も好きだなって思います。

—ご自身の素を出していこうという精神的な変化と、LAのゆったりとした雰囲気が、ちょうど合致したタイミングでの撮影だったんですね。

板野:そうですね。ミュージックビデオや写真集の撮影中も、LAの空気のなかで“Just as I am”を聴いてみて、表情やアクションをどうするかなんて考えず、思うままに動きました。だから、いままでにない素の心情が、映像や写真にあらわれているんじゃないかなって思います。

板野友美 写真集『Wanderer』表紙
板野友美 写真集『Wanderer』表紙(Amazonで見る

AKB時代は世間が抱くアイドル像との葛藤がありました。

—AKBとしてデビューしてから13年。ソロ活動を始めてから7年ですが、それぞれの立場での「板野友美らしさ」は、必ずしも今回の「素の自分」とは一致していなかったと思います。自分のイメージに悩んだり、葛藤した時期はありましたか?

板野:そうですね……まず、AKB時代はアイドルグループの一員でありながら、世間が抱くアイドル像との葛藤がありました。歌って踊れるソロシンガーになることが小さいころからの夢だったので、そのためにはアイドルっぽく見られたくないとか、クールな自分であらねばならない、という気持ちが大きかったんです。

—AKB全体のイメージとしては、決してクールさを打ち出すものではなかったですよね。

板野:でも、アイドルをやったことで表現の引き出しが増えたので、もちろんそこにマイナスはなかったです。いまとなっては、なんでアイドルっぽく見られたくないって考えてたんだろうとか、むしろそんなふうに感じていたころがかわいいな、って思ったりするけど(笑)。

—AKB時代の後半は、かなりソロのイメージに近い「強くてかっこいい板野友美」が登場してきますよね。

板野:はい。でも、そういうイメージができてくるにつれて、今度は未熟ながらに「自分の役割を果たさなくちゃいけない」という気持ちが生まれました。

—最初はなりたい自分として「かっこいい」イメージを求めたけど、それが定着したら、逆に背負うべき役割になってしまったと。

板野:そもそも、たくさんメンバーがいるから、キャラクターの差別化が必要になるんですよね。そのなかで「かっこいい系」の立ち位置になったなら、やっぱりそれを全うするしかない。求められたことには精一杯応えたいんですけど、一度そのイメージがついたらある意味もう抜け出せないんですよね。

—実際の自分と「かっこいい板野友美」が、必ずしも一致するときばかりではなかったんですね。

板野:目指していた姿でもあるし、それはそれで私の一部分だから、嘘の自分というわけではないんだけど、いろんな私がいるなかで、それぞれの局面では特定の部分しか出してこられなかったんだなと思います。

2014年リリースのソロ1stアルバム『S×W×A×G』収録曲

映画の撮影でお芝居に向き合ったとき、音楽との感覚の違いが、すごく面白いなと感じたんです。

—ありのままの自分をさらけ出そうと決めたのは、何かきっかけがあったんですか? すでに完成されたイメージがあるなかで、勇気のいる選択だったのではないかと思います。

板野:2016年の春に、はじめて主演をやらせていただいたホラー映画『のぞきめ』(三木康一郎監督)での経験が大きいかもしれないですね。いままでは音楽にしか興味がなくて、お芝居はグループの仕事としてちょっとやったことがあるくらいだったので。

アーティストは、自分のなかからいろんなものを取り出す仕事で、いろんな経験をして吸収したものを、表現していくんですよね。でも、女優はほかの誰かになりきる仕事ですよね。私の全身を使って、ほかの誰かをアウトプットしていく作業なので、そこに自分の意志はないし、言葉も動きもすべて外からいただいたもの。

—たしかにお芝居での台詞や動きは、基本的に与えられたもので、それを自分のものとして受け入れていく作業ですよね。

板野:『のぞきめ』の撮影で、いままで以上にきちんとお芝居に向き合ったとき、音楽との感覚の違いがすごく面白いなと感じたんです。だからこれからも、女優業ではいろんな「ほかの誰か」になれたらいいなと思ったし、そのぶん、アーティストとしては「本当の自分」を出したくなったのかもしれないです。

板野友美

知らない人に自分の素顔を出して傷つくのが怖かったのもありますね。

—「アイドルとして」「ソロでやっていくために」など、自分のどこを切り出して「自分らしさ」とするのかに、とても自覚的に生きてこられたんだなと感じます。でも、ソロ10作目のこのタイミングで、ずいぶんとふっきれたんですね。

板野:自分がどんなふうに見えているかとか、どう思われているかが、あまり重要じゃなくなってきたんだと思います。それよりも、自分の感じていることを楽曲に乗せて発信して、伝わることのほうが大事。伝えたいことを言えていれば、あとはどう見られてもいいかなって感じるようになってきました。だから、素もありかなって思えたのかも。

—そう思えるようになったことで、普段の人との接し方なども変わってきましたか?

板野:もともとプライベートでは、自分の感情を話すのが好きなタイプなんです。仲のいい人たちにはずっと「それをもっとメディアとかでも出していけばいいのに」って言われたりしていたけれど、昔はクールなイメージを守りたかったからそうもいかなくて。

あとは、家族や友達は私のことを好意的に見てくれているからいいけれど、知らない人に自分の素顔を出して傷つくのが怖かったのもありますね。でも、少し大人になって、自分のすべてを出すことが前より楽になってきたというか……やっぱり、素でいるほうが楽しいし、心地よくいられるから。

板野友美

—素をさらけ出すって、どんな場面でも難しいことのように思います。

板野:そうですよね。思ったことを言ってもうまく伝わらなかったり、誤解を生んだりすると、言葉ってすごく難しいなと感じます。でも、最近はまず自分から心を開くようにしているんです。私が気を遣ったり、心を閉じていると、やっぱり相手も歩み寄ってくれないですからね。

—自分から心を開くにも勇気がいるし、大変ですよね。

板野:そうなんですけど、はじめましての人でも仲よくなりたいと思ったら、悩みとか、弱いところを正直に言っちゃうんです。「私はこういう人間なんです」ってありのままに伝えるのが、結局は一番早いなと。相手を信じているのが伝わっているからか、心をオープンに話して裏切られたことはないですし。いまは、これからもこういうコミュニケーションを積み重ねていければと思っています。

挫折したときに、人生のすべてがなくなった感覚に陥いることって、あるじゃないですか。

—ご自身で歌詞を書かれた“Just as I am”は、<誰もが憧れてる 夢のシンデレラストーリー じゃなくていい ほしいのは 自分だけのストーリー>という一節で締め括られます。「自分だけのストーリー」を描いていくには、何が必要だと思いますか?

板野:自分らしい選択をして、その選択を肯定していくことなんじゃないかなって感じています。

板野友美

—選択を肯定するとはどういうことでしょうか?

板野:たとえば、小さいときに「スポーツ選手になりたい」みたいな夢があった人は、たくさんいると思うんです。小学生から野球クラブに入ったり、高校生では一生懸命に甲子園を目指したりして。

でも、どこかのタイミングで挫折したときに、それまで野球しか見てこなかったぶん、人生のすべてがなくなってしまったような感覚に陥って、もう無理なんじゃないかなと感じることってあるじゃないですか。気持ちの大小はあっても、そういう挫折ってきっとみんな経験していると思うんです。

そういったときに、「練習を頑張ってきたから出会えた人と、一生の仲間になれた」とか「プロにはなれなかったけど、自分に向いてる仕事を見つけて素敵な家庭が築けた」みたいな展開もあって。いままで頑張ってきたからこそ、たとえ夢を叶えられなくても、自分の人生が拓けていることってあるはずなんですよね。

—頑張ったことであれば、それ自体は挫折したとしても、次につながる何かが残る。

板野:だから、いつでも自分らしい選択を大切にして、その場その場を全力で頑張っていればいいと思う。“Just as I am”は、そんなメッセージを込めて書きました。

第六感が大事だと思うんです。思考じゃないところで感じる答えが、一番いいというか。

—板野さん自身の生き方は、いかがですか?

板野:昨年26歳になって、ちょうどひとつ大人になったなと感じていたんです。20代の前半ってまだ10代寄りというか、何をしても怖くない、失敗を恐れないマインドだったんですね。先のことなんて考えなくても、ただ楽しめればいいって生き方で。でも、AKBを卒業してもうすぐ5年が経つし、これから自分がどこを目指すのかをもっと考えていかなくちゃって、強く思うようになりました。

—同世代でも結婚する人が増えてきたり、将来のことを意識せざるをえない環境になってくるかもしれませんね。

板野:まさにそうですね。友達の結婚式もだいたい行き終わっちゃって、同級生が何人も子どもを産んだりして。私も昔から子どもはほしいと思っているし、結婚や出産って、選択しなきゃいけないことがいっぱいあるじゃないですか。

—特に妊娠・出産は身体も生活も変化するし、女性は仕事にブランクが生まれる可能性もありますね。

板野:もしかしたら、仕事で自分の積み上げてきたものがやっと実るタイミングで、結婚・出産をするかもしれない。そういう岐路に向き合ったとき、自分がどうやって選択をすればいいのかなって考えてみたんです。

板野友美

—改めて考えてみて、板野さんの選択にはどんな基準がありましたか。

板野:一番はやっぱり、そのときの自分の気持ち。頭で考えたら絶対にAのほうがいいし、周りの人たちもみんなAを推すけれど、自分はいまどうしてもBが気になる、みたいなことってあるじゃないですか。

—ありますね。理屈と直感でズレがあるとき。

板野:理屈で選んだことでも自分の気持ちがついてこなかったら元も子もないですよね。音楽活動は特にそうで、第六感が大事だと思うんです。思考じゃないところで感じる答えが、一番いいものに近づける気がするというか。だからいつでも、心惹かれることやモチベーションが高く持てること、なんとなくピンとくることを優先して、いろんな選択をしたいと思っています。

17歳のとき、AKBを一回辞めようと思ったんですよ。

—いままでの人生では、どんな岐路があって、どんな選択をしてきましたか?

板野:一番大きな選択は、AKBのオーディションを受けたことですね。小学生のころはSPEEDさんに憧れて歌やダンスを習っていたけれど、じつは中学生くらいのとき、熱が冷めちゃった時期があったんです。

両親に「好きなこともいいけれど、中学生になったら勉強しなさい」と言われて、歌やダンスから少し離れたんですね。でも、いざやめてみたら友達と遊んだりするほうが楽しいから、先のことを全然考えなくなっちゃって。

板野友美

—勉強のために歌とダンスをやめたのに、ただ遊ぶだけになってしまったと。

板野:それで、見かねた母に勧められたのが、AKBのオーディション。気持ち的には「これが最後」で、昔の夢にけじめをつけるつもりで受けました。

でも、なかなか売れなかったから、今度は学業とレッスンの両立がすごく大変で。自分の気持ちをどう持っていけばいいか悩んで、17歳のとき、一回辞めようと思ったんですよ。それで秋元(康)先生に「辞めたい」って言いにいったんです。

そしたら秋元先生が「もうちょっとで絶対に売れるから」と引き留めてくれて、続けることを選んだんです。当時はあまり先のことを考えて決めたわけじゃなかったけれど、いま振り返ればその道はソロの夢にもつながっていたし、正しい判断だったなと思います。

—あとから振り返ってみないと、判断の正しさや価値には気づけないこともありますね。

板野:次の大きな選択は、やっぱり卒業です。グループでは最初にソロデビューをさせてもらって、念願のソロ歌手という夢を叶えてもらいました。でも、AKBとしての活動が忙しいなか、ソロになかなか時間を割けなくて。

—ソロデビューの夢が叶ったからこそ、もどかしさもでてきた。

板野:名前を知ってくれている方々がたくさん観にきてくれるのに、自分の実力が伴っていなくて、納得いくパフォーマンスができなかったんですよね。そのギャップを埋めるためにソロに集中したくて、卒業。このときはもう、気持ちのままにすんなり決めることができました。

板野友美

いままで一生懸命生きてきた自分の選択を認めて、自分自身の背中を押したい。

—ふつうの26歳の女の子よりも、板野さんはずっと多く人生の岐路を経験しているかもしれませんね。自分の選んだ道を肯定し、前に進んでいくためには、何が必要だと思いますか?

板野:自分らしい選択を大切にしたいと思っていても、自分の選択が合っているって自信を持つのは難しいですよね。振り返ってみて「やっぱりこっちがよかったかな」と思ったこともあるし、将来のことばかり考えていまに向き合わないのも、なんだか違う気がする。年齢を重ねるごとに経験値も増えるから、さらに迷いが生じてくるなと思います。

—そうですね。大人になったらなったで、やっぱり迷う。

板野:だけど、その選択に対して100%になれば、きっと後悔はない。仕事も恋愛もそうだけど、相手に適当なことをしちゃったり、真剣に向き合えていないときに、後悔が生まれると思うんです。全力だったら「それ以上はできなかったんだから仕方ない」「あれが、そのときのベストだった」って思えるはず。それでも後悔したとしたら、次に同じチャンスがきたときにきちんと行動できるよう、自分をアップデートしていけばいい。

それこそ、ソロになってからは「デビューからいまくらい歌えればよかったな」と思ったこともあります。でも、デビューのタイミングでは本当に精一杯やっていた自信があるし、あのとき悔しい思いをしたからいまがある。そういうふうに、いままで一生懸命生きてきた自分の選択を認めて、自分自身の背中を押したい。楽曲で、誰かの背中も押せればいいなって思っています。

『Just as I am』通常盤ジャケット
『Just as I am』通常盤ジャケット(Amazonで見る

リリース情報
板野友美
『Just as I am』初回限定盤(CD+DVD)

2018年2月28日(水)発売
価格:1,800円(税込)
KICM-91837

[CD]
1. Just as I am
2. Show time
3. Just as I am(Instrumental)
4. Show time(Instrumental)

[DVD]
1. “Just as I am”Music Video

板野友美
『Just as I am』通常盤(CD)

2018年2月28日(水)発売
価格:1,200円(税込)
KICM-1837

1. Just as I am
2. Show time
3. Just as I am(Instrumental)
4. Show time(Instrumental)

書籍情報
『Wanderer』

2018年2月19日(月)発売
著者:ND CHOW
価格:2,916円(税込)
発行:講談社

イベント情報
『板野友美 LIVE TOUR 2018 ~Just as I am~』

2018年4月21日(土)
宮城県 仙台市 darwin

2018年4月28日(土)
愛知県 名古屋市 ボトムライン

2018年4月30日(月祝)
大阪府 大阪市 梅田バナナホール

2018年5月6日(日)
福岡県 福岡市 FUKUOKA BEAT STATION

2018年5月12日(土)
東京都 マイナビBLITZ赤坂

プロフィール
板野友美
板野友美 (いたの ともみ)

神奈川県出身。1991年7月3日生まれ、かに座、A型。2005年、AKB48の1期生として活動を開始。グループの中心メンバーとして活動する。2011年1月26日『Dear J』でソロデビュー。2013年、約8年在籍したAKB48を卒業後はアーティストを中心に活動を続け、現在までにシングル10枚、アルバム2枚をリリース。近年では、ドラマ出演や主演映画を努めるなど、女優へと活動の幅を広げている。2018年2月28日発売、記念すべき10枚目のシングルは写真集制作とコンセプト連動した企画として進行、多角的なアーティスト表現に挑戦している。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • AKB48卒業から5年のいま、板野友美がようやく見せる素の自分

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB