吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

開会式に代表が登壇「ここがスタートライン」「必ず継続する」

東京・吉祥寺に新たなミニシアター「ココロヲ・動かす・映画館○」(通称ココマルシアター)が、本日10月21日にオープンした。4月にプレオープンするも、劇場の都合により休館され、オープンが延期となっていた同館。本日グランドオープンを迎え、開会式が行なわれた。

「ココロヲ・動かす・映画館○」外観
「ココロヲ・動かす・映画館○」外観

1階入り口の看板
1階入り口の看板

開会式では同館の上映作品の案内やスタッフ紹介の映像が流れたのち、映画館の支配人である株式会社デジタルワークスエンターテインメントの代表取締役・樋口義男が登場。来場者への感謝の言葉を述べると、この映画館にかける想いを話した。

ディズニーなどの映画を見て子どもの頃から勇気づけられてきたという樋口は「映画館を作るのが子どもの頃からの夢だった」「叶えなかったら死んでも死にきれないとずっと思っていた」と明かし、「自分で映画館を作って少しでも多くの人が楽しんでくれれば。まだまだ小さな映画館だが、ここがスタートラインだと思っている」と語った。また同館の特徴は「出会い」だと話し、「映画の感想などを語り合う場になれば」と、カフェスペースを備える小規模な映画館ならではの魅力をアピールした。

「ココロヲ・動かす・映画館○」支配人・樋口義男
「ココロヲ・動かす・映画館○」支配人・樋口義男

4月からの休館を踏まえて「まだまだ不手際もあるがそこを直しながら色んなイベントをプラスアルファして、みなさんに楽しんでいただける映画館にしていく」と決意を語った樋口。途中客席から「スクリーンに光の線が入る」との指摘もあり、「みなさんからの意見を反映してリニューアルしていく。どしどし意見を言ってもらえれば」と呼びかけた。

さらに「映画業界を少しでも盛り上げたい」「絶対に諦めないでやり続けると自分自身に誓った。4月から営業していなくて潰れちゃうんじゃないかという声もあったが、絶対そんなことはありません。必ず継続してみなさんに楽しんでいただける映画館にしていきたいと思っています」と力強く話した。

開会式が行なわれた1階シアターの座席
開会式が行なわれた1階シアターの座席

最後に上映作品について話がおよぶと、『私の少女時代-Our Times-』『マイ ビューティフル ガーデン』『ダイ・ビューティフル』『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』『Queen』などのタイトルを挙げ、「映画館は未熟かもしれないが、映画のソフトに関しては自信をもって素晴らしい作品ばかりだと言える」と述べていた。

武田玲奈主演によるココマルシアターの劇場マナーCM

カフェ機能を備えた3階建ての施設。最上階には「等身大のゾウのはな子」

ココロヲ・動かす・映画館○は3フロアを使った施設。1階が38席のシアターとなり、2階は飲食しながら映画やライブを楽しめるスペース、3階は飲食・イベントスペースになっている。3階には上映設備はなく、オープンから数か月間は中央に等身大のゾウのはな子像が設置されている。2階、3階の利用にはドリンク・食事の購入が必要となる。

3階にある等身大のゾウのはな子像
3階にある等身大のゾウのはな子像

2階の上映・イベントスペース
2階の上映・イベントスペース

オープンから1か月間は『ココマル映画祭』と題し、映画館の運営会社である株式会社デジタルワークスエンターテインメントの映画配給事業「ココロヲ・動かす・映画社○」の配給作品を中心に上映。台湾の青春恋愛映画『私の少女時代-OUR TIMES-』や『東京国際映画祭』で男優賞・脚本賞に輝いたフィリピン映画『ダイ・ビューティフル』、1950年代からハリウッドで活動した職人夫婦のドキュメンタリー『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』、婚約破棄された女性が1人でヨーロッパに「新婚旅行」に行く様を描くインド映画『Queen』などがラインナップしている。同社の配給作品に限り、900円+カンパで鑑賞が可能となる。

『私の少女時代-OUR TIMES-』予告編
『ダイ・ビューティフル』予告編


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB