コラム

ウェス・アンダーソンが美術展を初キュレーション。ウィーン美術史美術館で

ウェス・アンダーソンが美術展を初キュレーション。ウィーン美術史美術館で

テキスト
後藤美波

400万超の歴史あるコレクションから「お気に入り」をチョイス

映画監督のウェス・アンダーソンとパートナーで作家・コスチュームデザイナーのジュマン・マルーフによる展覧会が、11月6日からオーストリア・ウィーンの美術史美術館(the Kunsthistorisches Museum)で開催される。

2人がキュレーションする展覧会のタイトルは『Spitzmaus Mummy in a Coffin and Other Treasures』。美術館が彼らに求めることは至ってシンプルだ――それは、現在展示されている作品から倉庫に眠っているものまで、400万を超える美術史美術館のコレクションをチェックし、お気に入りを選ぶこと。

美術史美術館は19世紀末にフランツ・ヨーゼフ皇帝の命によって建てられた美術館で、ハプスブルク家のコレクションを中心に膨大な数の美術作品を所蔵する。同館は世界の著名なアーティストを招いて、美術館のコレクションとコラボレーションする新たな展覧会シリーズを2012年に立ち上げており、同年にキュレーション展を行なったエド・ルシェ、2016年のエドモンド・ドゥ・ヴァールに続き、今年はウェス・アンダーソンとジュマン・マルーフが招聘された。

ミイラからブリューゲルの名画、皇族の宝飾品まで

美術館のコレクションは、オールドマスターの絵画や古代エジプト、古代ギリシャ・ローマ、皇帝家の財宝、演劇博物館、歴史的な楽器など14種のコレクションから構成され、今回の展覧会ではさらに同館の向かいに位置するウィーン自然史博物館のコレクションも含まれるという。

アンダーソンとマルーフはこれらの長い歴史を持つ、膨大で幅広い種類の美術品を自由に選んで展覧会を作り上げることができる。つまり古代エジプトのミイラからブリューゲルやフェルメール、アルチンボルドらの名画、皇族が身に着けた宝飾品、演劇で用いられた衣装まで、あらゆるものが彼らの手によって選ばれ、会場に並ぶ可能性があるのだ。

ウェス・アンダーソンとジュマン・マルーフによる展覧会を美術史美術館のキュレーターが紹介する映像

ウェス・アンダーソンとジュマン・マルーフの協働は過去にも

ウェス・アンダーソンの作品において、独特のカラーパレットを用い、どこかレトロな雰囲気も漂わせるセットや小道具は、代名詞の1つにもなっている。『ライフ・アクアティック』の船や、『ダージリン急行』の長距離列車、『グランド・ブダペスト・ホテル』のホテルなど、細部まで作り込まれたセットはそれ自体が美術作品のようでもある。またその美意識は『ファンタスティック Mr.FOX』や最新作『犬ヶ島』といったストップモーションアニメ作品にも見ることができる。

『グランド・ブダペスト・ホテル』予告編

『犬ヶ島』の作中に登場するパペットの制作過程を紹介する映像

一方のジュマン・マルーフは日本ではあまり知られていないが、アメリカやヨーロッパにおいて映画や舞台、ファッションの分野でデザイナー・イラストレーターとして活躍している。レバノン・ベイルート生まれ、ロンドン育ちの彼女は『ムーンライズ・キングダム』の劇中に登場する本の表紙や、『グランド・ブダペスト・ホテル』のキャラクタースケッチを手掛けるなど、これまでもウェス・アンダーソンとコラボレーションしてきた。

ジュマン・マルーフによる児童書『The Trilogy of Two』トレイラー映像

独自の美意識と遊び心を持った両者が手掛ける初のキュレーション展。彼らは膨大なコレクションから何を選び、どのように並べるのか――展覧会の内容はまだ謎に包まれたままだが、きっと驚きに溢れた展示になるはずだ。

ウェス・アンダーソンとジュマン・マルーフによる展覧会『Spitzmaus Mummy in a Coffin and Other Treasures』は、11月6日から2019年4月28日までウィーンの美術史美術館で開催。その後、ミラノのフォンダシオン プラダに巡回する。また展覧会にあわせて図版入りのカタログも発行予定。現地に足を運べないファンには垂涎のアイテムになりそうだ。

Page 1

イベント情報

『Spitzmaus Mummy in a Coffin and Other Treasures: Wes Anderson and Juman Malouf at the Kunsthistorisches Museum』

2018年11月6日(火)~2019年4月28日(日)
会場:オーストリア ウィーン 美術史美術館
時間:10:00~18:00(木曜は21:00まで)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年