特集 PR

世界に知られるマニアの街・中野。ディープな専門店が集うワケ

世界に知られるマニアの街・中野。ディープな専門店が集うワケ

「中野大好きナカノさん」
テキスト
中島晴矢
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部) 取材協力:まんだらけ、フジヤカメラ、スタジオ35分

古本、鉄道、フィギュア、玩具、絵画、ポスター、古着……。圧倒的にマニアックな専門店の数々

「中野」と聞いて、あなたはどんな街をイメージするだろうか? 中央線沿線のサブカル街、小さな飲食店が密集する街、都心にほど近い住宅街――中野の街には、実に様々な顔が存在している。街がそのような多様な要素を持つに至った理由を明らかにすべく、中野の歴史やそこに暮らす人の声を伺いながら、現在に至る中野の街の成り立ちを探っていきたい。

JR中央線、中野駅。北口改札を出て中野サンモール商店街に入ると、たくさんの店が立ち並び、大勢の人で賑わっている。左右にはたくさんの横道が伸びていて、肩を寄せ合った飲食店や小売店に目移りする。その誘惑を振り切って、そのまままっすぐ進めば、中野ブロードウェイが待っている。内部には長い時間をかけて醸成された個性際立つ飲食店やブティックが立ち並び、なんといってもマニアックな専門店の数々に圧倒される。古本、鉄道、フィギュア、玩具、絵画、ポスター、古着……。そう、言うまでもなく中野は「マニアの街」なのだ。

中野サンモール商店街前に佇む、中野区が新たに始めたシティプロモーションのキャラクター「中野大好きナカノさん」。人形が公式キャラとして街中に佇んでも気にならないのが中野らしい
中野サンモール商店街前に佇む、中野区が新たに始めたシティプロモーションのキャラクター「中野大好きナカノさん」。人形が公式キャラとして街中に佇んでも気にならないのが中野らしい

マニアの街、挑戦の街、多国籍の街、多様な顔を持つ中野

マニアの街の先駆けとなったのは、やはり漫画専門の古書店「まんだらけ」だろう。そもそも、現在まんだらけが店を構える中野ブロードウェイがオープンしたのは1966年。当時はアメリカのブロードウェイを模した巨大なショッピングコンプレックス(商業住宅複合施設)として、今の六本木ヒルズのように輝いていたそうだ。しかし、時代の移り変わりから徐々に衰退、シャッターが目立つようになってしまう。そんな中、1980年にまんだらけは開業し、現在の「サブカルチャーの聖地」と謳われるまでの施設になっていった。

中野ブロードウェイ入口
中野ブロードウェイ入口

ちなみに、「オタク」とは異なる中野ならではの「マニア」性とは、やや乱暴に言ってしまえば、3次元ということなのではないだろうか。漫画やアニメのみならず、そこから立ち上がるリアルな「モノ」の世界——模型、機械、人形、アートこそ、中野オリジナルの特徴と言っていいのかもしれない。

また、中野には様々な専門店以外にも、若手芸人や飲食店、ベンチャー企業といった新しい価値を生み出そうとする人たちが多く集まる。彼らにとって、中野は独創性を思う存分に発揮し、仲間同士で切磋琢磨する「挑戦の街」なのだ。そして多くの区民が居住する都心のベッドタウンであり、中国や韓国、ベトナムやネパールまで、実に約120か国に及ぶ人々が暮らす多国籍地域でもある。

独創性を追求し勝負する挑戦者や、文字通り様々な国からやってきた人たち。中野は古くからそういった多種多様な人々を広く受け入れてきたことで、街には色々な人やモノが溢れ、多様な価値観が当たり前のように共存してきたのだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

キャンペーン情報

「中野大好きナカノさん」

ナカノさんは、中野に憧れて、
中野にやってきた、人形です。

イベント情報

『ナカノさんプロジェクト0次会「ナカノさんとは?」』

2019年2月23日(土) 17:00~17:45
会場:東京都 中野 中野区役所7階 第8、第9会議室
参加方法 :電話による事前申し込み
※詳細はウェブサイトにて

『ナカノさん交流会「ナカナカ会 ~中野の仲間と語らう会~」』

2019年3月23日(土) 15:30~18:00
会場:東京都 中野 中野区役所7階 第8、第9会議室
参加方法 :下記申し込みフォームより要事前登録

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」