コラム

金ローで『トイ・ストーリー』1&2放送。「革新的」だけではない歴史的名作

金ローで『トイ・ストーリー』1&2放送。「革新的」だけではない歴史的名作

テキスト
小野寺系
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

おもちゃの物語なのに、人間の「死」を連想させる。大人にもためになる人生哲学を、おもちゃを通して伝える

第1作では、後進に反発を抱くウッディの感情と、その克服が中心テーマとなっていた。ここではそれがさらに進んで、いつか持ち主がおもちゃを捨てる日が来ることへの不安が描かれている。人間でいえば、死を連想させる事態である。シリーズはここで、誰もがいつか経験することになる死を暗示することで、おもちゃと人間に共通する、はかない運命を表現したのだ。

©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

死は避けられない。だからこそ、いまを精一杯生き、楽しむことに意味が生まれる。『トイ・ストーリー』シリーズは、第2作にして、すでに人生哲学を語り、大人も参考になるような、生きる指針を示すものになった。ここまで考えて作品をつくるからこそ、ピクサーはCGアニメーション作品を牽引し、席巻する存在でいられるのだ。

第3作でさらに深まる「死」の影。第4作では、「おもちゃは子どものもの」という哲学すら揺るがし、賛否を生み出した

ピクサー作品によって、その可能性を見いだしたディズニーは、自身もまたCGアニメーションへ完全に転向することを宣言。豊富な資金力でピクサーを買収することになる。そしてもう一度ラセターを呼び戻し、ディズニーアニメ作品の制作を統括させることになった。これによってジョン・ラセターは、ディズニー、ピクサー両方のスタジオの、制作における代表となり、『アナと雪の女王』(2013年)をはじめとするディズニー作品や、さらに哲学的な深みを増していく、『トイ・ストーリー』シリーズ第3作、第4作の制作にも関わった。

『トイ・ストーリー3』(2010年)は、より死の影が濃くなり、廃棄されたおもちゃが最後にどうなるのかという、目を覆いたくなるような運命を見せてしまう。そして、日本のファンの間で賛否の分かれた問題作『トイ・ストーリー4』(2019年)では、これまでの共通の価値観だった「おもちゃの幸せ」という概念が揺るがされる。そう、シリーズが大事にしてきたテーマを否定すらしかねないショッキングな展開が描かれてしまうのだ。

『トイ・ストーリー3』予告編

『トイ・ストーリー4』特報

ピクサーでは、スタッフたちの長いディスカッションによって物語の展開を議論するという方法がとられる。そんな、物語への熱い想いを持つスタッフたちが、シリーズを本気で作り続け、おもちゃを通して人生の真実を描きたいと思うからこそ、シリーズの究極といえる第4作で、真に過酷といえる決断を表現したのではないか。CGの進化だけでなく、アニメーションの脚本が、ここまでの領域に突入したことを示す意味でも、『トイ・ストーリー』シリーズは代表的な存在なのだ。

アニメ界を牽引するピクサー。近年話題にもなった社会的な課題も問われるCGアニメーションの世界で、時代を作り続ける

だが、『トイ・ストーリー4』制作途中でラセターは、スタジオのスタッフに対するセクハラ行為が明らかとなり、ディズニー、ピクサーの両方から去ることになった。『トイ・ストーリー』、『トイ・ストーリー2』の監督を務め、数々のピクサー、ディズニー作品を手がけてきたラセターの手腕と功績は疑いようがないが、偉大な存在だからといって、人権を無視した行為が許されるわけはない。その判断もまた、アニメ界を発展させる要因になるはずだ。ラセターは現在、スカイダンス・プロダクションズに移籍。アニメーション制作には引き続き関わっているが、過去のセクハラ行為に対する非難の目に晒され続ける可能性はあるだろう。

ともあれ、『トイ・ストーリー』シリーズは、新作が作られるたび、技術的にも物語としても、飛躍的な進化を遂げてきた、CGアニメーションの歴史そのものだということは事実である。その最初の2作は、いま現在のアニメ界の確立と、進化をともに味わえるものとなっている。そしてそのさらなる進化に至る第3作、ある意味で究極といえる第4作を楽しむためにも、『トイ・ストーリー』、『トイ・ストーリー2』は必見であり、時代を超えて語られていく重要作であることは間違いない。

Page 2
前へ

番組情報

日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』

『トイ・ストーリー』
2020年2月28日(金)21:00~

『トイ・ストーリー2』
2020年3月13日(金)21:00~

監督:ジョン・ラセター

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡