特集 PR

映像作家ひらのりょうと観る、鬼才画家・難波田史男の世界

映像作家ひらのりょうと観る、鬼才画家・難波田史男の世界

友川綾子
撮影:田中一人

天才肌のアーティストは、なぜか若くして亡くなってしまう……。そんなジンクス、本当はあり得ないはずですが、たしかにある瞬間ものすごい輝きを放った後、いなくなってしまうアーティストが時々現れるのも事実。ゴッホのように人知れずひっそりと輝きを放ち、死後にその「輝き」に皆が気付くというケースもあります。

これからご紹介するアーティスト・難波田史男(なんばた ふみお)は、まさにその後者と言ってしまって良い一人。近年再評価の気運が高まり、世田谷美術館では企画展『難波田史男の世界 イメージの冒険』が開催中ですが、果たして彼のどこがどう天才肌なのか? 絵画のルールに縛られない難波田の絵を理解するために、作家本人の気持ちを想像してみようということで、気鋭の若手アニメーション作家ひらのりょうさんと展覧会を観に行きました。約50年の時を超えたアーティスト同士の出会い。今を生きるアーティストひらのさんの目に、難波田の作品はどう映ったのでしょうか?

32歳で急逝した唯一無二の画家。大画面にびっしりと描かれたポップなキャラクターたち

18歳から画業を始め、約15年の間に2000点以上もの作品を残し、1974年に32歳で急逝した画家・難波田史男。父親が著名な抽象画家・難波田龍起ということもあり、これまで一部の美術ファンの間ではその名前が知られていましたが、一般的にはほとんど知られることはありませんでした。

『無題』(部分)1960年
『無題』(部分)1960年

しかし、その作品をよくよく観てみると、その尋常ならぬ描き込み、自由すぎるモチーフ、なぜかキャンバスではなく画用紙をつなぎ合わせた大作……。アバンギャルドともサイケデリックともヘタウマとも言えそうで、しかしそんな言葉だけに留まらない唯一無二の世界が繰り広げられていることに驚かされます。

『無題』(部分)1964年
『無題』(部分)1964年

一方、ポップでファンタジックな世界を描いているように見えながら、シュールでドロッとしたものを両立させる手腕を持つひらのさん。ある意味、難波田史男の作品と共通する部分もあるのではないでしょうか。実際に難波田の作品を観た第一印象からうかがいました。

ひらの:じつは今回の取材をきっかけに、初めて難波田史男という画家のことを知ったのですが、まず図録を見て、ものすごく自由奔放に描かれた絵に衝撃を受けました。第一印象としては「キュート」だなあと。で、実物を観たら、予想以上に作品が大きいだけでなく、図録では見えなかった細かいキャラクターなどが画面中にびっしりと描き込まれていてビックリ。それぞれのキャラクターに関係性や物語のようなものも見えてくるし、今にも動き出しそう。全体の雰囲気も時代を超えてポップですよね。

ひらのりょう
ひらのりょう

と、ひらのさんが感想をもらした作品が、展覧会の冒頭で紹介される、難波田が27歳の頃に描いた代表作『サン=メリーの音楽師』です。

『サン=メリーの音楽師(7点組)』1968年
『サン=メリーの音楽師(7点組)』1968年

自ら「現代絵巻」と呼んだ、特大キャンバスを横につなげて描いた幅9メートル以上の巨大作品は、大胆で鮮やかな色面と緻密な線画のモチーフが同じ画面に混在しています。ひらのさんの言うとおり、図録写真では到底表現しきれないほど、びっしりと細かく大量に描き込まれたキャラクターたち。画面の中では楽しい物語が繰り広げられていそうでもあり、観る側は想像をかきたてられ、引き込まれていきます。

『サン=メリーの音楽師(7点組)』(部分)1968年
『サン=メリーの音楽師(7点組)』(部分)1968年

『サン=メリーの音楽師(7点組)』(部分)1968年
『サン=メリーの音楽師(7点組)』(部分)1968年

ひらの:僕は今26歳なので、同い年くらいの頃に描かれた作品なんですね。スゴイと思ったのは、絵で音楽を表現する際に楽器や五線譜をそのまま描いているところ。普通、特に若いアーティストなら、ここまでわかり易すぎるモチーフはあえて避けると思うんですよ(笑)。それが狙ってなのか、そうでないのかもわからない奥深さがあります。急に地元の女子高生が書き足したみたいなユルいキャラクターが描かれていたり、「絵画」という枠組みを外そうとする意識があったのでしょうか? 型に押し込められない感じがすごくありますよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『難波田史男の世界 イメージの冒険』

2014年12月6日(土)~2015年2月8日(日)
会場:東京都 用賀 世田谷美術館 1階展示室
時間:10:00~18:00(最終入場は17:30まで)
休館日:毎週月曜
料金:一般1,000円 65歳以上800円 大高生800円 中小生500円
※一般の障がい者の方は500円、大高中小生の障がい者の方は無料、介助の方は1名まで無料

担当学芸員による展覧会解説
2015年1月29日(木)14:00~15:30
会場:東京都 用賀 世田谷美術館 講堂

『100円ワークショップ「トライ!ドライポイント」』
(難波田史男旧蔵のプレス機でドライポイント版画をプリントします)
2015年1月17日(土)、1月24日(土)、1月31日(土)、2月7日(土)
会場:東京都 用賀 世田谷美術館 地下創作室
時間:13:00~15:00
料金:100円

プロフィール

ひらのりょう

1988年埼玉県春日部市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。クリエイターズ マネージメントFOGHORN所属。産み出す作品はポップでディープでビザール。文化人類学やフォークロアからサブカルチャーまで、自らの貪欲な触覚の導くままにモチーフを定め作品化を続ける。その発表形態もアニメーション、イラスト、マンガ、紙芝居、VJ,音楽、と多岐に渡り周囲を混乱させるが、その視点は常に身近な生活に根ざしており、ロマンスや人外の者が好物。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. 実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場 1

    実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場

  2. 『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開 2

    『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント 4

    実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント

  5. チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る 5

    チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

  6. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 6

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  7. 『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真 7

    『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真

  8. 写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介 8

    写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介

  9. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 9

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  10. 実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ 10

    実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ