特集 PR

「キス」がテーマの短篇映画企画『桃まつり』座談会

「キス」がテーマの短篇映画企画『桃まつり』座談会

インタビュー
幾代沙緒里
テキスト:杉浦太一
2009/03/13

女性映画監督9名が「キス」をテーマに短篇映画をつくったと聞けば、「甘いのかな?」「切ないのかな?」と妄想はふくらむばかり。しかしこの『桃まつり』という自主上映企画、純愛映画で癒されに、なんて思っていたら、痛い目に遭います。渋谷・ユーロスペースでの上映を直前に迫った監督たちに、キスについて、オトコについて、作品について、存分に語っていただいた。

「キスとかセックスの結びつきが一番強いだなんて思わないでよ」

―今回の桃まつりは、女性の若手映画監督9人が「キス」をテーマに送る短篇映画イベントですが、どうして「キス」になったんですか?

篠原:主催者から「今年はテーマを設けたい」という話があって、今年のメンバーが集合し、何にするかとあれこれ話し合いました。それで去年の7月くらいに『キス』でいこう、って。

粟津:他にも「秘密」とか「楽器」とか「食べる」とか、色々出ましたね。

―「キス」というテーマで、すっかり甘酸っぱい恋愛ものを想定していたんですが・・・。

長島:純粋な恋愛ものの素敵なキスは、きっと誰かがやってくれると思ってたんですよ。そうしたら、実はみんな同じように考えていたみたいで、意外と普通の恋愛ものがなかった(笑)。

―長島監督の『それを何と呼ぶ?』で、「キスとかセックスの結びつきが一番強いだなんて思わないでよ」という印象的なセリフがありましたが、男性ってかなりそういうものを強く思いがちじゃないですか(笑)。

桃まつりインタビュー

長島:ですよねぇ(しみじみと)。「それだけじゃなくて他にもあるよね」というのをやろうと思いましたね。マスメディアの影響とかいろいろあると思いますが、男性に限らず、今はそういう統一された価値観みたいなものがある気がしたんです。そこには異議を唱えたかったんですね。

粟津:私も、「可愛いもの期待してるのかな? そんなの出さないわよ」みたいなところはありました(笑)。

山崎:男女の間での「キス」の感じ方の違いはすごく感じましたね。製作中にキス会議をしたんです。スタッフを集めて、「どんなキスしたことある?」とか話し合って。私は今回、女同士のキスを撮りたくて…。でも、そこにイヤらしい意味はあまり込めてなくて、友情だったり、愛情だったり、母性だったり。そういうキスを男性のスタッフに伝えようとすると、「え、そっち系なの? そっち系じゃないの?」みたいなことになるんです。

桃まつりインタビュー

―そういう違いはたしかにあるかも。

山崎:それで、自分の感覚がおかしいのかなって思って、周りの女性に聞いたら、女の人はイヤらしいって言う人はいなかったんです。

―なぜ女性同士のキスにしたんですか?

山崎:男と女のキスはいっぱい描かれているし、言葉にしようとしたら言葉にできそうだけど、女性同士とか母の子に対するキスはなんとも言えない感情があるのかなって。そういう、微妙に揺れ動く気持ちのようなものを表現したかったんです。

―(粟津監督作の)『収穫』の「嘘をつくのは美人の特権よ」というセリフも印象的でした。

桃まつりインタビュー

粟津:その頃、美人にだまされて、傷ついていたんですよ。

全員:粟津さんがだまされたの?

粟津:そうね。現実世界で・・・。

全員:え、なんで??

別府:アハハ。でも、だまされて「嘘は美人の特権なんだ」って思うその発想が面白い(笑)。

粟津:キスって突発的な事故みたいなかんじで、それで人間関係がグンと近づきますよね。特に若い子同士が近づいたら、もう自然としちゃうものだと思うんです(笑)。そういう、自分の意思と関係ない、引力みたいなものとして描きました。

Page 1
次へ

イベント情報

『桃まつりpresents kiss!』

2009年3月14日(土)~3月27日(金)ユーロスペースにてレイトショー上映
(連日21:00~)

壱のkiss! 3月14日(土)~3月18日(水)
上映作品:
『たまゆら』
『収穫』
『タッチ ミー』

3月14日(土)上映開始前 監督舞台挨拶 山崎都世子・粟津慶子・山田咲監督
3月17日(火)上映終了後 プロデューサー松田広子さん×3監督トークショー

弐のkiss! 3月19日(木)~3月22日(日)
上映作品:
『マコの敵』
『月夜のバニー』
『あとのまつり』

3月19日(木)上映開始前 監督舞台挨拶 篠原悦子・矢部真弓・瀬田なつき監督
3月20日(金・祝)上映終了後 ベリーダンスショー+撮影監督 芦澤明子さん×3監督トークショー

参のkiss! 3月23日(月)~3月27日(金)
上映作品:
『地蔵ノ辻』
『それを何と呼ぶ?』
『クシコスポスト』
3月23日(月)上映開始前 初日舞台挨拶 竹本直美・長島良江・別府裕美子監督
3月24日(火)上映終了後 プロデューサー天野眞弓さん×3監督トークショー

※5月23日(土)~6月5日(金)大阪・Planet + 1での上映も決定

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い