特集 PR

「キス」がテーマの短篇映画企画『桃まつり』座談会

「キス」がテーマの短篇映画企画『桃まつり』座談会

インタビュー
幾代沙緒里
テキスト:杉浦太一
2009/03/13

女性映画監督9名が「キス」をテーマに短篇映画をつくったと聞けば、「甘いのかな?」「切ないのかな?」と妄想はふくらむばかり。しかしこの『桃まつり』という自主上映企画、純愛映画で癒されに、なんて思っていたら、痛い目に遭います。渋谷・ユーロスペースでの上映を直前に迫った監督たちに、キスについて、オトコについて、作品について、存分に語っていただいた。

「キスとかセックスの結びつきが一番強いだなんて思わないでよ」

―今回の桃まつりは、女性の若手映画監督9人が「キス」をテーマに送る短篇映画イベントですが、どうして「キス」になったんですか?

篠原:主催者から「今年はテーマを設けたい」という話があって、今年のメンバーが集合し、何にするかとあれこれ話し合いました。それで去年の7月くらいに『キス』でいこう、って。

粟津:他にも「秘密」とか「楽器」とか「食べる」とか、色々出ましたね。

―「キス」というテーマで、すっかり甘酸っぱい恋愛ものを想定していたんですが・・・。

長島:純粋な恋愛ものの素敵なキスは、きっと誰かがやってくれると思ってたんですよ。そうしたら、実はみんな同じように考えていたみたいで、意外と普通の恋愛ものがなかった(笑)。

―長島監督の『それを何と呼ぶ?』で、「キスとかセックスの結びつきが一番強いだなんて思わないでよ」という印象的なセリフがありましたが、男性ってかなりそういうものを強く思いがちじゃないですか(笑)。

桃まつりインタビュー

長島:ですよねぇ(しみじみと)。「それだけじゃなくて他にもあるよね」というのをやろうと思いましたね。マスメディアの影響とかいろいろあると思いますが、男性に限らず、今はそういう統一された価値観みたいなものがある気がしたんです。そこには異議を唱えたかったんですね。

粟津:私も、「可愛いもの期待してるのかな? そんなの出さないわよ」みたいなところはありました(笑)。

山崎:男女の間での「キス」の感じ方の違いはすごく感じましたね。製作中にキス会議をしたんです。スタッフを集めて、「どんなキスしたことある?」とか話し合って。私は今回、女同士のキスを撮りたくて…。でも、そこにイヤらしい意味はあまり込めてなくて、友情だったり、愛情だったり、母性だったり。そういうキスを男性のスタッフに伝えようとすると、「え、そっち系なの? そっち系じゃないの?」みたいなことになるんです。

桃まつりインタビュー

―そういう違いはたしかにあるかも。

山崎:それで、自分の感覚がおかしいのかなって思って、周りの女性に聞いたら、女の人はイヤらしいって言う人はいなかったんです。

―なぜ女性同士のキスにしたんですか?

山崎:男と女のキスはいっぱい描かれているし、言葉にしようとしたら言葉にできそうだけど、女性同士とか母の子に対するキスはなんとも言えない感情があるのかなって。そういう、微妙に揺れ動く気持ちのようなものを表現したかったんです。

―(粟津監督作の)『収穫』の「嘘をつくのは美人の特権よ」というセリフも印象的でした。

桃まつりインタビュー

粟津:その頃、美人にだまされて、傷ついていたんですよ。

全員:粟津さんがだまされたの?

粟津:そうね。現実世界で・・・。

全員:え、なんで??

別府:アハハ。でも、だまされて「嘘は美人の特権なんだ」って思うその発想が面白い(笑)。

粟津:キスって突発的な事故みたいなかんじで、それで人間関係がグンと近づきますよね。特に若い子同士が近づいたら、もう自然としちゃうものだと思うんです(笑)。そういう、自分の意思と関係ない、引力みたいなものとして描きました。

Page 1
次へ

イベント情報

『桃まつりpresents kiss!』

2009年3月14日(土)~3月27日(金)ユーロスペースにてレイトショー上映
(連日21:00~)

壱のkiss! 3月14日(土)~3月18日(水)
上映作品:
『たまゆら』
『収穫』
『タッチ ミー』

3月14日(土)上映開始前 監督舞台挨拶 山崎都世子・粟津慶子・山田咲監督
3月17日(火)上映終了後 プロデューサー松田広子さん×3監督トークショー

弐のkiss! 3月19日(木)~3月22日(日)
上映作品:
『マコの敵』
『月夜のバニー』
『あとのまつり』

3月19日(木)上映開始前 監督舞台挨拶 篠原悦子・矢部真弓・瀬田なつき監督
3月20日(金・祝)上映終了後 ベリーダンスショー+撮影監督 芦澤明子さん×3監督トークショー

参のkiss! 3月23日(月)~3月27日(金)
上映作品:
『地蔵ノ辻』
『それを何と呼ぶ?』
『クシコスポスト』
3月23日(月)上映開始前 初日舞台挨拶 竹本直美・長島良江・別府裕美子監督
3月24日(火)上映終了後 プロデューサー天野眞弓さん×3監督トークショー

※5月23日(土)~6月5日(金)大阪・Planet + 1での上映も決定

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Have a Nice Day!“僕らの時代”

岡崎京子原作の映画『チワワちゃん』の主題歌に抜擢された同楽曲。ファンから公募した映像も織り交ぜた、画角も画質もバラバラな「僕らの時代」の映像が、曖昧で歪な、しかし強烈に眩しい日々の記憶を思い起こさせる。(井戸沼)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業