特集 PR

秀吉 バンド名を凌ぐインパクト大な新作『コンサート』

秀吉 バンド名を凌ぐインパクト大な新作『コンサート』

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
2009/07/17

Vo&Gtの柿澤秀吉の本名がそのままバンド名となった3ピース、秀吉。当初は仮のバンド名として変更予定だったものの、タイミングを逃しつつ約7年。しかしながら、繊細な情景描写によって創られた楽曲群は、柿澤秀吉の人間性やその背景をそのまま切り取ったかのようで、秀吉という映画の主人公を見ているようでもある。7月15日にリリースされたセカンドミニアルバム『コンサート』は、エモーショナルからメロウまで、さまざまなタイプの楽曲を収録しながらも、いずれも複雑に心を掻き立てる切なさを持った歌声、歌詞、メロディーが、ことごとく琴線を刺激する好作品。独特の空気感を放つ楽曲の秘密に迫った。

うわべだけで作った歌だったら、自分が歌にする必要はないと思うんです

―バンド名としての「秀吉」を呼ぶときと、秀吉さんを呼ぶときは、どう使い分ければいいんですか?

秀吉:ニュアンスで(笑)。意外と伝わりますよ。

―柿澤さんと呼ぶ人はいない?

秀吉:誰もいないですね。秀吉くんでいいですよ。

―秀吉の音楽性は、秀吉くんの感情とか、考えてることとか、生まれや育ちみたいなところまで、すごく出ている音楽だと思うんです。それを知ってるのと知らないのとで、アレンジの方向性も変わってくるのかなと思うんですけど。

町田:僕個人的にはあんまり考えることはないですね。僕と秀くんは小学校から一緒で、ずっと一緒に音楽をやってきたので。ただ、意識はしてないけど、継続してやってきてるバンドなので、自然と流れで共通してるものはあるかもしれないですね。

秀吉 バンド名を凌ぐインパクト大な新作『コンサート』

―今みたいな音楽性になったのは、いつくらいから?

町田:平たく言えば、このバンドを組んでからですね。

秀吉:徐々にっていう感じなんですよね。高校生の頃にやっていたバンドでは別にボーカルがいたんですけど、高校を卒業してこのバンドを組んでからは自分が歌うようになって、そこから変わりだしたっていうのはありますね。そのときにやれることと、やりたいことをやってるんで、歳を経るにつれて、それが変わっていってるっていうだけのことで。

―秀吉として作る音楽に、テーマはあったりするんですか?

秀吉:ないことはないんですけど、あえて自分らはこういう感じです、みたいなものはなくしてるというか。こういうジャンルがやりたくて始めたとか、そういうのじゃないので。曲を作るにあたっても、詞からできるときもあれば、曲からできるときもあれば、バンドのアレンジからできるときもあったりするので。

―曲作りのテーマや形は特に決まってない?

秀吉:そうです。もし俺が先に詞も曲も作って、イメージ通り完璧にやるって形だったら、たぶん似たようなものばっかりできちゃうと思うんですよ。そうしたくなかったっていうのもあるし。

―秀吉の楽曲は、歌詞に左右される部分も大きいと思うんです。

秀吉:そんなこともないですね。曲のイメージから詞ができるときもあるので。このバンドは歌詞だ、みたいには全然思ってないです。歌詞も曲の一部ですね。捉え方は自由だと思うんですけど。

―僕的には、秀吉くんの人間性が歌詞にすごく出てると思うんです。メンバー的にはいかがですか?

町田:そんなに意識することはないですね。ごく自然な感じの内容っていうか。別に無理して書いている内容ではないなと思うし。そこがもしかしたら人間性なのかもしれないですけど。

秀吉:たぶん、うわべだけで作った歌だったら、自分が歌にする必要はないと思うんです。自分が本当に感じたことで、かつみんなも感じているようなことで、言えないようなことだったら、作品にする意味があるかなと。

Page 1
次へ

リリース情報

秀吉『コンサート』
秀吉
『コンサート』

2009年7月15日発売
価格:1,785円(税込)
LASTRUM / LACD-0159

1. 夜風
2. コンサート
3. 虫の音
4. くもり
5. あさなぎ
6. 道草の唄

イベント情報

『秀吉のコンサートツアー』

2009年7月18日
会場:水戸SONIC

2009年7月20日
会場:渋谷O-NEST

2009年8月7日
会場:熊谷blueforest

2009年8月8日
会場:宇都宮HELLODOLLY

2009年8月10日
会場:仙台MACANA

2009年8月26日
会場:神戸STARCLUB

2009年8月27日
会場:岡山CRAZYMAMA 2ndRoom

2009年8月29日
会場:広島NAMIKI JUNCTION

2009年8月30日
会場:福岡DRUM SON

2009年8月31日
会場:熊本DRUM Be-9

2009年9月1日
会場:長崎DRUM Be-7

2009年9月3日
会場:周南LIVE RISE

2009年9月5日
会場:大阪2ndLINE

2009年9月7日
会場:京都VOX HALL

2009年9月20日
会場:甲府KAZOO HALL

2009年9月23日
会場:新潟CLUB JUNKBOX

2009年9月26日
会場:札幌某所

2009年9月27日
会場:旭川CASINO DRIVE

秀吉presents
『秀吉のコンサートツアー東名阪編』

2009年8月22日
会場:下北沢ERA(スリーマンライブ!!)
共演:wooderd chiarie、soulkids

2009年9月5日
会場:大阪2ndLINE
共演:the court、ELLIOT.C、and more

2009年9月19日
会場:名古屋CLUB ROCK'N ROLL
共演:onsa、viridian、and more

秀吉 presents
『秀吉のコンサートツアーファイナル』

2009年10月11日
会場:高崎clubFLEEZ(ツーマンライブ!!)
共演:LOST IN TIME

OPEN 18:00、START 18:30
料金:前売2,000円 当日2,500円

プロフィール

秀吉

群馬出身3ピースバンド。その特色のあるバンド名はVo/G柿澤秀吉の本名による。卓越したメロディーセンスと透明感、柔らかさを併せ持つ歌声、それを支え力強くしなやかに躍動するリズム、時に優しく時にエモーショナルに、静と動を織り交ぜつつ展開する楽曲はギターロックと呼ばれる範疇に収まりきらない魅力と可能性が溢れている。08年11月デビューアルバム『へそのお』をリリース。それに伴い全国20カ所のツアーを敢行、大盛況の内に幕を閉じる。そして、09年7月15日2ndアルバム『コンサート』を早くもリリース!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー