特集 PR

ショーン レノン インタビュー

ショーン レノン インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
写真:柏井万作
2009/11/20

ショーン レノンが昨年秋に本田ゆか(チボマット)、シャーロット・ミュールと始動させた自主レーベル「キメラ・ミュージック」。今年9月にリリースされたオノ ヨーコ率いるYOKO ONO PLASTIC ONO BANDのニュー・アルバムに続いて、11月18日にショーンが手掛けたサウンドトラック『Rosencrantz and Guildenstern are Undead』がリリースされる。一風変わったこのサントラについて、そしていよいよ本格的に始動したキメラ・ミュージックについて、来日したショーンに取材することに成功した。いやらしい質問にも真摯に答えてくれたショーンの言葉は全クリエーター必読。アーティストの本質とは何かを改めて考えさせられる貴重なインタビューをどうぞ!

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 写真:柏井万作)

初めて手がけたサウンドトラック

―11月18日にリリースされるアルバム『Rosencrantz and Guildenstern are Undead』は、同名映画のサウンドトラックとして作られたそうですが、どういう経緯でサントラを作ることになったんですか?

ショーン:この映画の監督をやっているジョーダン(Jordan Galland)は昔からの友達で、いろんなことを一緒にやってきたパートナーなのですが、彼から頼まれてサントラを作ることになりました。非常に予算も少なく(笑)、制作に費やせる時間も少なかったので、全部の楽器を自分で演奏して、自宅で制作しました。

―これまでサントラ的なものを作ったことはあったんですか?

ショーン レノン インタビュー

ショーン:ありません。ただ、ジョーダンはとても古い友達だし、音楽の趣味やアートに関する考え方も非常に似ているので、彼がどういう音楽を欲しているかは、話さなくても通じるものがあったと思います。だから初めてのサントラの制作ではありましたが、いままでやってきたプロジェクトと比べても、特に難しいことは感じませんでした。むしろ、もっと自分が自由に表現できる易しさがあったと思います。というのも、自分の考えを表現するものではなくて、その状況にあったものを描いていくという作業だったので、より自由に曲を書くことができたと思います。

―映画のほうはいまのところ日本で公開される予定はないそうですが、どういった映画なんですか?

ショーン:シェイクスピアのハムレットの話を土台にしたヴァンパイア映画になっています。ハムレットにはホレイショー、オフィーリアという登場人物がいるんですけれども、ハムレットとホレイショーが闘っています。それを、ホレイショーはヴァンパイアになったほうがいい、ハムレットはヴァンパイアになりたくないという内容で闘争しているわけです。基本的にはコメディー映画です。

―サントラの制作は、実際に映画を見ながら曲をつけていったんですか?

ショーン:基本的にはシナリオを見ながら曲を作りました。

―それは難しい作業ではなかったんですか?

ショーン:そうですね。ある意味ではすごく難しかったと思いますが、スクリーンの映像に合わせなくてもいいという意味では易しかったと思います。例えば、マーティン・スコセッシやクエンティン・タランティーノは、既にある曲を使って、そこに映像を編集していくというやり方をよくするのですが、この映画はどちらかというと、そういうスタイルでできたものです。

2/3ページ:自身が立ち上げた音楽レーベル「キメラ・ミュージック」

Page 1
次へ

リリース情報

Rosencrantz and Guildenstern are Undead
SEAN LENNON
『Rosencrantz and Guildenstern are Undead』

2009年11月18日発売予定
価格:2,500円(税込)
Chimera Music PECF-2002

1. Title Theme
2. Elsinore
3. Feed
4. Elsinore Reprise
5. Fortenbras
6. Yorick's Skull
7. Charlotte's Theme
8. Hamlet's Theme
9. Gibber And Squeak
10. Elsinore Revisited
11. ‘s Blood
12. Bobby's Bedroom
13. The Interview
14. Finale
15. Desire

プロフィール

ショーン レノン

天才ポップミュージシャンの父と天才前衛芸術家を母に持つ”キメラ”であるショーン レノンは、1998年にビースティーボーイズのレーベルGrand Royalから『Into The Sun』でデビュー。ボサノバからサイケデリックロック、クラシカルなピアノの弾き語り、ジャズ、ヘビーメタルとあらゆるジャンルの曲をほとんどの楽器を自分で演奏・録音し、多才な音楽性を発揮する。2006年、本人プロデュースで制作した2枚目のアルバム『Friendly Fire』ではアルバム全曲に映像をつけて発表。演技の才能を発揮するだけではなく、脚本、演出にも参加。アニメーションの原画も描き、ビジュアル・アーツに対する才能の片鱗を見せる。レニー・クラビッツからマニー・マーク、ソニックユースのサーストン・ムーア、ルーファス・ウェインライトなど歴代共演者も幅広い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー