特集 PR

外から見た日本の文化 スコット・マーフィー インタビュー

外から見た日本の文化 スコット・マーフィー インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

3.11に日本を襲った東日本大震災のニュースは、言うまでもなく世界中に広がり、日本を愛するアメリカ人の元へも届いた。2001年にバンドのメンバーとして初めて日本を訪れたスコット・マーフィーは、日本人の人柄と、アメリカともヨーロッパともまったく異なる日本の文化に魅せられ、独学で日本語を習得、現在までに『GUILTY PREASURES』と題されたJ-POPのカバー集を多数発表している他、オリジナルの作品も発表している。今回はシリーズの最新作、アニソンをカバーした『GUILTY PREASURES ANIMATION』の発表に伴い、改めてスコットと日本の関係を話してもらったのだが、やはり語気を強めたのは震災について話が及んだときだった。世界中が日本を見守っていることを、僕らは今一度再認識すべきだと思う。

バンドでいろんな国に行ったけど、日本に来て初めて、自分が外人だって感じて。

―スコットは2001年にALLiSTERのメンバーとして初めて来日したんですよね?

スコット:そうなんですけど…実は、3~4歳のときに、空港だけ(笑)。

―あ、トランジットね(笑)。でも日本に興味を持つようになったのは2001年に来たときですよね。ちなみに、それ以前は日本に対する知識ってあったんですか?

スコット:全然知らなくて、日本といえば任天堂とかアニメーション、忍者、侍、芸者っていうイメージだった。だから実際来てみて芸者がいなくて、びっくりした(笑)。

―(笑)。そんな中で日本のどんな部分に魅せられたのでしょうか?

スコット:最初は日本人の熱さとか、優しさ。日本ではALLiSTERのアルバムはまだ出てなかったのに、空港に着いたらファンが待っててくれたし、ライブをやったら、英語がしゃべれないのに歌詞を全部歌ったりしてて、すごくびっくりした。レーベルの人とかライブハウスの人もすごく優しくて、次のツアーまでにみんなとしゃべれるようになりたいと思って、日本語を勉強しました。

―独学で勉強したんですよね?

スコット:はい。でも、まだそんなに上手じゃない。

外から見た日本の文化 スコット・マーフィー インタビュー
スコット・マーフィー

―いやいや、こうして会話ができてるんだからすごいですよ。日本に住んでいたわけでもないんですよね?

スコット:最近は頻繁にアメリカと日本を行ったり来たりしてるけど、住んだことはないです。僕はバンドで世界中いろんな所をツアーで回ってて、移動時間が長かったから、そのときに日本の本とか映画なんかを見て勉強してました。

―アメリカ以外のいろんな国に行ってるのに、その中でも日本は特別だったんですか?

スコット:そうですね。僕のお父さんは航空会社で働いてるから、子供の頃からいろんな国に行ったりしてるし、もちろんバンドでもいろんな国を回ったんだけど、日本に来て初めて、自分が外人だって感じて。「これ何?」「何でそうやってるの?」ってどんどん質問が湧いてくるくらい、欧米と日本の文化が違うんです。その違いをわかりたくて、言葉だけじゃなく、文化も勉強しました。

―最初は日本のどんなところにびっくりしましたか?

スコット:「そんなに自動販売機はいらないんじゃない?」と思いました(笑)。何でも買えて、すごい面白い。あと、何をしても日本人が「すいません」「ごめんなさい」って言ってて、何もやってないのに、何で謝ってるのか不思議でした。

―ああ、それは日本人独特ですよね。じゃあ、日本食はどうでしたか?

スコット:寿司とか刺身は食べたらすごいハマりました。2001年に居酒屋に行ったのは今でもよく覚えてて、すごいちっちゃいプレートでいろんなものが出てきて、「これなに? これなに?」って(笑)。シシャモとか「え? 妊娠してるの?」ってすごく不思議だった。

―シシャモはすぐに食べれました?

スコット:最初はバンドのメンバーと、「誰か食べてみて!」「えー、こいつ ホントに食べた!」って感じだったけど(笑)、食べたらホントに美味しかった。

―僕ちなみにシシャモちょっと苦手なんです(笑)。あの食感が…

スコット:美味しいけど、ちょっと寂しい…妊娠してるのに…ごめんなさい(笑)。

2/4ページ:僕はいろんなことをやりたいから、もしも日本に住んで、カバー曲をやるだけだったら困るかもしれない。

Page 1
次へ

リリース情報

スコット・マーフィー『GUILTY PLEASURES ANIMATION』
スコット・マーフィー
『GUILTY PLEASURES ANIMATION』

2011年6月29日発売
価格:2,000円(税込)
UPCH-1838 / ユニバーサルJ

1. サザエさん
2. おどるポンポコリン
3. はじめてのチュウ
4. ブルーバード feat. ぱすぽ★
5. ルパン三世のテーマ'78
6. タッチ
7. 創聖のアクエリオン
8. 君をのせて
9. およげたいやきくん
10. 世界の果てへ ~Around The World【~Scott Murphy Original Song】(ボーナストラック)
※ジャケット写真 ©伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP/

『GUILTY PLEASURES DVD2 SCOTT MURPHY JAPAN TOUR –GOOD BYE 2010 SPECIAL NIGHT-』(DVD)

2011年6月29日発売
価格:3,500円(税込)
UPBH-1283

プロフィール

スコット・マーフィー

アメリカ・シカゴ出身、在住のロックミュージシャン。1995年にメロディック・パンクバンド「ALLiSTER」を結成し、2001年にジャパンツアーで日本初来日し、これをきっかけに日本に恋をし、独学で日本語を猛勉強し、2006年に現在のJ-POPカバーアルバムの前進である『GUILTY PLEASURES』をALLiSTERとしてリリースし、じわじわとロングヒットをし20万枚をセールス。その後、ソロである「SCOTT MURPHY」名義でリリースした、4作の日本語カバーアルバムはトータルで50万枚を突破するセールスで話題を呼んでいる。2011年初となる作品は日本が世界に誇る文化である「アニメ」に焦点をあてた、アニメソングのカバーアルバムとなっており、レーベルメイトでもあるアイドルグループ「ぱすぽ☆」とフィーチャリグした“ブルーバード feat.ぱすぽ☆”も収録される。この夏は北海道でおこなわれる『JOIN ALIE』にSPARKS GO GOとタッグを組んで出演することが決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 坂元裕二に密着、NHK『プロフェッショナル』 高橋一生、満島ひかりも出演 1

    坂元裕二に密着、NHK『プロフェッショナル』 高橋一生、満島ひかりも出演

  2. 松尾スズキが描く劇団員&音声ガイドに星野源、阿部サダヲら 『30祭』続報 2

    松尾スズキが描く劇団員&音声ガイドに星野源、阿部サダヲら 『30祭』続報

  3. 磯部涼×細倉真弓『川崎ミッドソウル』 アフター『ルポ 川崎』 3

    磯部涼×細倉真弓『川崎ミッドソウル』 アフター『ルポ 川崎』

  4. 門脇麦、成田凌らが「青春炸裂」 岡崎京子原作『チワワちゃん』場面写真 4

    門脇麦、成田凌らが「青春炸裂」 岡崎京子原作『チワワちゃん』場面写真

  5. 尾崎世界観が岡本太郎を想う。『岡本太郎と「今日の芸術」』展 5

    尾崎世界観が岡本太郎を想う。『岡本太郎と「今日の芸術」』展

  6. 実写ドラマ『I”s』、ヒロイン・伊織役は白石聖 12月から放送開始 6

    実写ドラマ『I”s』、ヒロイン・伊織役は白石聖 12月から放送開始

  7. 渋谷の取り壊し前のビルでアート企画 R・マッギンレー、坂本龍一ら30組超 7

    渋谷の取り壊し前のビルでアート企画 R・マッギンレー、坂本龍一ら30組超

  8. 『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く 8

    『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

  9. 杏、岡崎体育、古田新太、東郷かおる子がQUEENを語る NHK『SONGS』 9

    杏、岡崎体育、古田新太、東郷かおる子がQUEENを語る NHK『SONGS』

  10. 麻生久美子VS中村倫也 根本宗子の舞台『クラッシャー女中』で初共演 10

    麻生久美子VS中村倫也 根本宗子の舞台『クラッシャー女中』で初共演