特集 PR

ザ50回転ズ×飯塚健監督 対談「こんなときこそバカバカしいものを」

ザ50回転ズ×飯塚健監督 対談「こんなときこそバカバカしいものを」

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

「四次元ツアー」をコンセプトに時空を超えるストーリーを描いた『ロックンロール・マジック』、「世界旅行」をコンセプトに世界各地の音楽要素を取り込んだ『ロックンロール世界旅行』に続き、ザ50回転ズがミニアルバム3部作を締めくくる『ロックンロール・ラブレター』を完成させた。ロックンロール愛にあふれたラブソング集として、50回転ズ史上最高にロマンチックな作品となった今作は、飯塚健監督の熱いラブコールに応えて書き下ろされた、映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』主題歌“涙のスターダスト・トレイン”も収録。映画とのコラボによる同曲のミュージックビデオも手掛けた飯塚監督にも加わっていただき、ザ50回転ズのクリエーターとしての本音に迫った。

僕が50回転ズじゃなきゃ嫌だと言い張り続けまして(飯塚)

―飯塚監督がメガホンをとった映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』で、50回転ズの“涙のスターダスト・トレイン”が主題歌になったわけですけど、監督はかなり昔から50回転ズを聴かれてたそうですね。

飯塚:たぶん2006年くらいからだと思うんですけど…。

ダニー:それ、デビューした年じゃないですか!

飯塚:ちょうど『彩恋 SAI-REN』(2007年8月公開)という映画を編集していたときですね。その映画では、くるりやフラワーカンパニーズの曲もかかっていたりするんですけど、このシーンに合うロックはないかなと探しているときに50回転ズに巡り会ったんですよ。そのときはいろんな事情があって負けてしまったんですけど(笑)、そのときの想いもありまして、今回は絶対に負けないぞ、と。

ドリー:いい話じゃないですか!

ダニー:いきなり泣けるね!

―そもそもなんで50回転ズを主題歌に起用しようと?

飯塚:やっぱり単純に好きだから、ただそれだけですよね。マジメな話をすると、しんみりとした曲で終わらせる方法もあったと思うんですよ。でも、辛気くさい終わりは好きじゃないし、ロックしかないでしょと思っていたので、プロデューサーたちに思い切って言ったんです。

飯塚健
飯塚健

―「このバンド使ってみたいんだけど」みたいな?

飯塚:いやいや、そんな上からじゃないですよ。ただ、プロデューサーからいろいろ提案みたいなものもいただいてはいたんですけど、僕は50回転ズじゃなきゃ嫌だと言い張り続けまして。

ダニー:ありがとうございます! おかげでいまの50回転ズがあります!

―『荒川アンダー ザ ブリッジ』は漫画が原作でアニメ化、ドラマ化もされてきましたけど、話をもらったとき、50回転ズは『荒川』を知っていたんですか?

ダニー:実はですね…、読んでませんでした。でも、そのお話をいただいて、漫画喫茶で一気に読みましたね。それで、監督と直接お会いする機会も作っていただいたんですけど、映画の雰囲気がわかるような資料映像もいただいて。そもそも原作がすごかったので、「これ映像になるんかい!」「フルCGちゃうんかい!」と思っていたんですけど、それが見事な手腕…、力技とも言える見事な手腕で映像化してて。

―あれ、よく実写にしましたよね(笑)。

飯塚:ほんとですよね(笑)。

こんなときこそバカバカしいものをっていうのは、モノを作ってる人間はみんな考えたと思うんです(ダニー)

―曲はオファーを受けてから書き下ろしたわけですね。どういう部分を大事にして曲を作ろうと?

ダニー:映画のために曲を書いてはいるんですけど、映画の内容を暗に説明するような歌詞にはしたくなかったんですよ。監督もそれを望んでなかったし、50回転ズとしてもこれからライブでもやっていく曲にしたかったし。だから、せめぎあうとまでは言わないけど、共通の着地点に向かって…アカン、マジメ過ぎる。ここカットしてください!

―いい話だったのに(笑)。

ダニー:まぁ、いつもなら「オレらは最高やと思うけど、他の人がどう思うかは知らん!」っていう感じで作っていたんですよ。そこを監督と話し合いながら進めていったので、いい方向に転がってるなという実感を持ちながら制作できましたね。歌詞の内容についても、監督が「もうちょっと元気のある50回転ズが聴きたい」とおっしゃってくださったので、ちょっと元気をプラスしたり。

ダニー
ダニー

飯塚:やっぱり50回転ズの魅力はエネルギーだと思うんですよ。去年は(震災という)大変なことがあったじゃないですか。ちょうど『荒川』も撮影中だったんですけど、映画なんて撮ってる場合なのかよって思った時期もありますし、実際に中断もあったし、みんないろんな想いがあったと思うんです。そこで何が必要かって、根本的に言うと元気だと思うんです。50回転ズにはそういうパワーがあると思っていて…これもカットですね(笑)。

ダニー:カット! カット! マジメすぎる!

―いま誉められてたんだから(笑)。

ダニー:いや、実際ね、監督ともチラッとそういう話はしたんですけど、もう一度襟を正して作品に臨もうとかではなく、こんなときこそバカバカしいものをっていうのは、モノを作ってる人間はみんな考えたと思うんです。もちろん真摯に臨んでるんやけど、やっぱり映画を見ている2時間だけは日常から切り離して、バカバカしい気分で楽しんでもらいたいなって。オレらだってライブをやるときは、毎回そういうつもりで臨んでいるので。

ドリー
ドリー

ドリー:ほんまにそうやね。

ダニー:オレらはステージの上では普段の話とか絶対にしませんからね。「いやー、今日来る途中に事故っちゃってさ」みたいな、そんな話はしたことない。やっぱり、みんなロックンロールの魔法にかかってほしいんですよ。そのためにステージで飛んだり跳ねたり叫んだりしているわけですから。

ボギー:そうやね。僕ができるのはその元気と切なさを込めて、4分間エイトビートを叩くだけやし。

飯塚:かっこいい!

ダニー:いいこと言うなー。カットしよう!

ドリー:かっこいいからカットで!

―ボギー君、珍しくいいコメントしたのに(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ザ50回転ズ『ロックンロール・ラブレター』初回生産限定盤
ザ50回転ズ
『ロックンロール・ラブレター』初回生産限定盤(CD+DVD)

2012年2月1日発売
価格:2,300円(税込)
AICL-2340/1

1. 涙のスターダスト・トレイン
2. エイトビートがとまらない
3. ロックンロール・ラブレター
4. おねがいR・A・D・I・O
5. Baby, I Love You
6. ぶっちぎりのラブソング
[DVD収録内容]
・『The 50KAITENZ JAPAN TOUR LIVE AT TOKYO』
※三方背BOX付き紙ジャケット仕様

作品情報

『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』

2012年2月4日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督・脚本・編集:飯塚健
原作:中村光『荒川アンダー ザ ブリッジ』
主題歌:ザ50回転ズ“涙のスターダスト・トレイン”
出演:
林遣都
桐谷美玲
小栗旬
山田孝之
城田優
上川隆也
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント

イベント情報

ザ50回転ズワンマンツアー
『涙のスターダストショー』

2012年1月18日(水)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:京都府 京都磔磔

2012年1月21日(土)OPEN 17:45/ START 18:30
会場:兵庫県 神戸 VARIT.

2012年1月22日(日)OPEN 17:15 / START 18:00
会場:大阪府 十三ファンダンゴ

2012年1月26日(木)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:千葉県 千葉 LOOK

2012年1月27日(金)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:東京都 吉祥寺 ROCK JOINT GB

2012年1月30日(月)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:神奈川県 横浜 club Lizard YOKOHAMA

2012年2月1日(水)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:東京都 下北沢SHELTER

料金:各公演 前売3,000円(ドリンク別)

プロフィール

ザ50回転ズ

2004年富田林の「大阪ロックンロール少年院」に収容されていた(という設定)、「徳島の酔いどれ」ダニー(Gt,Vo)、「出雲の妖怪」ドリー(Ba,Vo)、「浪速のドラ息子」ボギー(Dr,Vo)の3人が少年院にて奇跡の出会いをし、結成。チャック・ベリー、ラモーンズ、マミーズなどロックンロール・パンク・サーフ・ガレージ等のバンドから多大なる影響を受ける。これまでに2枚のミニアルバム、3枚のアルバムを発表。デビュー以来、アメリカ/オーストラリア/ドイツと海外ツアーも精力的に行い、国内のみならず海外のロックファンも虜にしている。そのロックンロールを完全に体現した完璧なライブパフォーマンスには定評がある。

飯塚健

1979年生まれ。22歳の時に『Summer Nude』を初監督。2003年に公開、劇場デビューを果たす。その後も『放郷物語』(06)、『彩恋 SAI-REN』(07)などを発表。また、『燃え尽きる寸前の光』(08)、『ファンタジア』(09)などの舞台演出や、小説やエッセイ集も上梓するなど、幅広く活躍するマルチ・クリエイター。最新作はLISMOドラマ『REPLAY&DESTROY』(11)。

キスト}

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと