特集 PR

破天荒で真面目な面白ガール bómiインタビュー

破天荒で真面目な面白ガール bómiインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/02/06

海外のインディロック/エレクトロポップに通じる、カラフルでキャッチーな楽曲を詰め込んだミニアルバム『Gyao! Gyappy!! Gyapping!!!』で昨年より活動をスタートさせた期待の新星、bómi。しかし、彼女はつい一昨年前まで本名の「宝美」名義で活動し、シンプルで力強いメロディに乗せて、自らの悲しみや寂しさを歌っていた。その姿は、現在の彼女からはとても想像できないものだったと言っていいだろう。果たして、この1年で彼女に何が起こったのか? 前作からの連作のような意味合いのあるミニアルバム『OH MY POOKY!!!』の発表に合わせ、彼女にその変化の経緯と、現在のスタンスについてじっくりと話をしてもらった。そこから見えたのは、自分の感情をそのまま吐き出していた1人の少女が、それを表現として昇華する道を選び取るまでの、とても軽やかな成長の物語だった。

「この寂しさみたいなものは歌にしなくても、みんなが持ってるものだ」って思ったんです。

― bómiさんは以前「宝美」という名義で活動されていて、その頃は「私を必要として!」と訴える音楽だったそうですね。そこから、どのように今のbómiへと変わっていったのでしょう?

bómi:「いつまでも尾崎豊じゃいられない」みたいな感じが近いと思うんですけど、当時の叫びって、10〜20年って持続するものではなかったと思うんです。どこかで無理が生じるというか、嘘が生まれてきちゃうと思って。もちろん、そのときは自分の中に切実な思いがあったんだと思うんですけど、それを人前で歌っていくうちに、寂しさとかが消化されていったんですね。最終的には、「この寂しさみたいなものは歌にしなくても、みんなが持ってるものだ」って思ったんです。だったら、もっと楽しいことがしたいなって思ったのが、bómiを始めるきっかけですね。

―今振り返ると、当時はどうして「宝美」としての表現が必要だったんだと思いますか?

bómi:難しい質問ですね…ただそれを訴えたかったんじゃないですか? 自分は人間ってだけで全然何者でもないんですけど、「何者かだ」って自分を確かにしたい時期で、それが極端な形で出たのが以前の自分の音楽だったのかなって。

bómi
bómi

―アメリカ生まれの日本育ちで、ご両親が韓国の方という出自による、アイデンティティの揺らぎみたいなものがあったのでしょうか?

bómi:埋まらない寂しさみたいなものはあったんだと思うんですけど、今思うと何ってわけじゃないんですよね。幸せな家庭に育ったら幸せな人かっていうとそれも違うと思うし、別に誰でも同じだなって。だったら、悲しいことを「悲しい」って表現するよりも、それをどれだけプラスに転換できるか考えて…よりひねた方向に行ったというか(笑)。悲しいことを「悲しい」と言わずにどう表現するかって、表現の本質的な部分だと思うんですよね。

―でも、それまでの「宝美」を好きでいてくれる人もたくさんいたでしょうから、そこを大きく切り替えるっていうのはやっぱり不安や迷いもあったと思うんですけど。

bómi:ありましたね。「宝美」として2年間ぐらいライブ活動をしてて、そのときの音源をせめてライブに来てる人だけにでもあげたいと思ったんですけど、結局いろんな都合で出せなかったんです。でも、だったら前転びに、もし離れていく人がいたとしてもそれはそれで仕方ないって思うようにして。新しいことをやるんだったら、しっかりやり切った方がいいなって。

―どっちつかずになるよりは。

bómi:そうそう。それに、プロデューサーのwtfと出会って、曲を聴いたときに、直感的に「あ、いいかも」って思ったんです。だから、紹介されてすぐに「一緒にやりたい」って話になって。

―即決だったんですね。

bómi:結構ノリで決まったんです(笑)。でも、「(真顔で)やります!」とかいうんじゃなくて、「楽しいことやんない?」「あ、いいですよ」で始められた感じがいいなと思って。その気軽な感じは忘れないでいたい感覚です。

2/3ページ:どうしても主義・主張を追いがちだけど、もっとそういうのを取っ払って、ただ楽しいだけでいいんじゃないかって。

Page 1
次へ

リリース情報

bómi『OH MY POOKY!!!』
bómi
『OH MY POOKY!!!』

2012年2月8日からタワーレコード、ライブ会場限定発売
価格:1,050円(税込)
TWCP-17

1. iYo-Yo
2. 麹町のスネーク
3. PPP…
4. Mu・Zi・Q
5. Willy Wonka

イベント情報

『「OH MY POOKY!!!」Release Party 〜OH MY DANCING MEEEEEN!!!〜』

2012年2月10日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 CHELSEA HOTEL
出演:
bómi
QUATTRO
The Flickers
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

プロフィール

bómi

ハロー まいどー アニョハセヨ〜。1987年、アメリカ生まれ、大阪育ちのK系ガール。早大中退。デモ音源をMySpaceにて公開したところわずか1年間で10万アクセスを突破し話題に。2011年、新鋭プロデューサー"wtf"と出会い、bomi始動。両者の起こす超キケンな化学反応は、ただの「はなうた」をブッ飛びのロックンロールに昇華させる。2011年7月6日にはTOWER RECORDS限定ミニアルバム『Gyao!Gyappy!!Gyapping!!!』をリリース。2012年2月8日にはTOWER RECORDS限定ミニアルバム『OH MY POOKY!!!』をリリースし、2月10日(金)にリリースパーティーを渋谷CHELSEA HOTELで開催。ガーリーロックのニューフェイスに要注目!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾