特集 PR

Sundayカミデ×飯田仁一郎×サカモトヨウイチ鼎談

Sundayカミデ×飯田仁一郎×サカモトヨウイチ鼎談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

新作『ビューティービューティービューティフルグッバイ』収録の“93年の唄”が、90年代のクラブカルチャーを歌ったアンセムとの呼び声高いワンダフルボーイズのSundayカミデは、2000年からライブイベント『Lovesofa』を開催し続ける、大阪の顔役の1人である。一方、京都出身で現在は東京在住の飯田仁一郎はLimited Express(has gone?)でのバンド活動と並行して、京都時代の2002年に『ボロフェスタ』を立ち上げると、東京でも数々のイベント制作に携わり、今年は新宿で『PACKaaaN!!!』をスタートさせるなど、ますます精力的な活動を続けている。大阪・京都・東京と、それぞれの場所でバンド活動とイベントのオーガナイズを行う30代前半の2人は、今の音楽シーンに対して何を思うのか? ワンダフルボーイズのリリース元であるWAIKIKI RECORDの主宰であり、ELEKIBASSでも活動するサカモトヨウイチの提案により実現し、サカモト本人も交えて行われたこの鼎談は、シーンの過去・現在・未来を横断する、非常に中身の濃い対談となった。

京都は大阪に比べても小っちゃい街なので、心のどこかで「東京を利用しないと自分たちが勝ち上がれない」っていう気持ちがあるかもしれない。(飯田)

―お2人の最初の接点っていうのは何だったのでしょう?

Sunday:京都で『ボロフェスタ』をやってた飯田くんたちが、今度は『SAL CULTURE』っていうイベントを大阪でやるっていう話になって。その当時、僕もすでに『Lovesofa』っていうイベントを大阪でやっていたから、誰かから「『SAL CULTURE』を手伝ってもらえませんか?」って相談をされたんですよ。それで、京都に打ち合わせをしに行ったら、飯田くんとかがおって。

Sundayカミデ
Sundayカミデ

―それっていつ頃ですか?

飯田:たしか2007年ぐらいですよね(『SAL CULTURE』が開催されたのは2008年の3月)。その『SAL CULTURE』っていうイベントは、当時大阪にDICE(現para-dice)っていうライブハウスがあって、そこのオーナーから『ボロフェスタ』を作ってるチームに声がかかってやることになったんです。僕らはその頃『ボロフェスタ』が上手く行ってたから、何をやっても成功するぐらいの気持ちでいたんですけど、とはいえ大阪でやるのはそんな簡単じゃないと思ったから、Sundayさんたち『Lovesofa』チームに参加してもらおうと思って。

―やってみてどうでしたか?

飯田:結局収支的には上手いこと行かなくて、悔しかったイベントだったんです。京都チームが京都のやり方で大阪に行っても上手いこといかない。電車でたった30〜40分の距離なんですけど、こんなに違うんかっていうのはあのとき意識しましたね。

―その違いっていうのはどんな部分が大きいのでしょうか?

Sunday:根本的に全然違うってことはないんですけど、大阪のバンドとかイベントってなあなあな関係から始まることが多いんです。その中から抜け出せたら勝ちで、『Lovesofa』もそこから抜け出したくてやってるんですけど、抜け出そうと意識したら集客が減ったりとか、なかなか難しくて。

―それってブッキングの難しさとかっていうことですか?

Sunday:例えば東京からイルリメくんに出てもらったら、イルリメくんは大阪にも京都にもおったことがあるから、何となく盛り上がる。だけど、同じヒップホップでも呼ぶのが環ROYくんとかだったら、「今見といた方がいいで」っていうタイミングで出てもらっても、フワッとフロアから人がおらんくなったりして、「アホちゃうか?」って思ったりして。

―音楽が良い悪いとかではなくて、大阪のコミュニティーに絡んでいるかどうかが重要になっちゃうんですね。

飯田:その話を聞くと、僕がいた頃の京都は大阪よりローカルコンプレックスが強かったです。東京のバンドを京都に呼んで、それに対して自分たちをどうアピールするか、みたいなところは結構強いかも。打ち上げの席だと東京の悪口も言うんですけど、京都は大阪に比べても小っちゃい街なので、心のどこかで「東京を利用しないと自分たちが勝ち上がれない」っていう気持ちがあるかもしれない。まあ、それは京都以外の都市でもきっと同じですよね。

飯田仁一郎
飯田仁一郎

―どちらかというとそれが一般的で、大阪が特殊かもしれませんね。

飯田:Sundayくんの周りが特にそうなのかもしれないけど(笑)、大阪ってそういう外に対する意識が相当強いですよね。

Sunday:でも、「このままなあなあでやってたら全員沈む」っていう危機感もみんなうっすら思ってて、それなのに「このフワフワ感がたまらん」みたいな感じもあって。それで「結局誰も努力せずっていうのをいつまでやんねん?」ってずっと言ってるまま変わっていかない。奇妙(礼太郎)くんはそこに見切りをつけて、「今まで楽しかったけど、1回本気でやります」って出ていった。ただ、その決断とか覚悟って、1アーティストであればできても、イベントとか大阪のシーンを作る上ではなかなかできなかったりする。例えば『Lovesofa』が「1回マジで全国展開して、間違いないイベントにします」って言ったら、もう東京でやるしかない。それを言ったら、大阪ではもうできないんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

ワンダフルボーイズ<br>
『ビューティビューティビューティフルグッバイ』(CD)
ワンダフルボーイズ
『ビューティビューティビューティフルグッバイ』(CD)

2012年7月18日発売
価格:2,100円(税込)
PCD-20202

1. firefly
2. ナイトコート(Feat.杉瀬陽子)
3. Star Light Future
4. 恋のマジック with 奇妙礼太郎
5. Back to the '95
6. 全然OK の世界 with KN-SUN. AZ CATALPA
7. ビューティフルグッバイ
8. サラリーマンnew song
9. 君と僕の初めてをさがそう
10. SE
11. Joy To The World!
12. 93年の唄

プロフィール

Sundayカミデ

ワンダフルボーイズのボーカル、キーボードとしてそしてクラブイベント「Lovesofa」のオーガナイザーとして大阪を中心に活躍中。「マジであった事ポップミュージック」を日々爽作。2005年「楽しい事しかしたくない病」発覚と同時に、音楽活動以外に平和活動、署名活動など、さまザマな分野でファイヤ!2012年7月、アルバム「ビューティビューティビューティフルグッバイ」リリース。

飯田仁一郎

バンドLimited Express (has gone?)リーダー、OTOTOY編集長、10年続く音楽フェスBOROFESTA主催、東京リアル脱出ゲームの仕掛人、レーベルJUNK Lab Recordsの主催等、活動は多岐にわたる。またPACKaaaN!!!、ぐるぐるまわる、メテオナイト等、関わる多くのイベントを成功に導く。

サカモトヨウイチ

サウンドはハッピー、ライブはパーティなバブルガムバンドELEKIBASSのボーカルであり自身のポップミュージックレーベル「WAIKIKI RECORD」のレーベルオーナーでもあり、最近は某レコード会社のA&Rやったりも。クラブイベントからパーティオーガナイズまで何足もわらじはいてる人。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと