特集 PR

自然体のすすめ bomiインタビュー

自然体のすすめ bomiインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/10/19

『メニー・ア・マール』という、なんともbomiらしい不思議な響きを持ったこの言葉は、「目に余る」が変形した、bomi初のフルアルバムのタイトルである。インディーズデビューからメジャーデビューへ至る約1年半の活動で彼女が表現してきたことは、「あなたはあなたでしかない」ということであったように思う。目に余ろうが、周りから浮いていようが、鼻血を出そうが、でもやっぱりそれがあなた。ただ、あなたでありさえすれば、なんにでもなれるし、願いだって叶っちゃうかも。bomiの歌に登場するちょっとおかしなキャラクターたちは、そんなことを伝えてくれる。そして、bomi自身はこの1年半での様々な出会いを通じて、共同で何かを作り上げることの喜びを覚えていった。悲しみを抱えていた少女の周りには、いつしか同じように表現を志向する仲間が集まり、「たくさんの丸」が生まれたのだ。

うーん……それでもやっぱり「武道館でやりたい」って言うのは恥ずかしいかも(笑)。

―資料の中にあるアンケートで、「最近読んだ本」っていう質問に矢沢永吉の『成りあがり』と、内田裕也の『俺はロッキンローラー』って答えてましたよね(笑)。これって、たまたま最近読んだっていうことなのか、それとも、最近のbomiのモードを反映していると言っていいのでしょうか?

bomi:音楽というより、存在として面白いと思ったんです。例えば、私は「将来の夢は?」って聞かれて、「武道館でやりたいです」って素直に言うことにすごくためらいがあったんですよ。「なんかダサいし、それを叶えたら目標なくなっちゃうじゃん」って、どんどんひねくれモードに入ってたんだけど、よくよく考えたらやりたいことはやりたいし、だったら言った方がいいかなって、そう思わせてくれたのが永ちゃん(笑)。

―まさに、「成り上がり」ですもんね(笑)。「ビッグになる」って言って、本当にビッグになった人だから。

bomi:永ちゃん大好きな知り合いが『アー・ユー・ハッピー?』(矢沢永吉著)と『成りあがり』を誕生日にプレゼントしてくれて、最近それを読み始めたら面白くて。「俺はとにかくビッグになりたい」とか書いてて、でも何かすごく説得力があったんです。

bomi
bomi

―永ちゃんは自分で自分の活動をしっかりコントロールして成り上がった人ですからね。

bomi:そう、それで私は元気をもらったんです! 「ここまで自分でするものなのかな?」って思ってたこととか、実は「わりとやってる」と思って。

―今読んだのがよかったのかもしれないですね。メジャーで活動を始めて、実体験としてわかるっていう。

bomi:本自体は3年前に知り合いからもらったんですけど、人に薦められたものって、そのときに「いい」ってなかなか言えないというか、ゴリ押しされるとちょっと引いちゃったりしませんか? CDプレゼントされても、素直に喜べずに「◯◯に似てるね」とか言っちゃったりして……。

―ちょっと斜めから見ちゃうっていう。

bomi:そう(笑)。でもそれってホントよくないと思うし、自分の中で引っかかっていたんです。ただ事実として、自分のアンテナで、自分から探して出会うのはやっぱりすごくいいですよね。そうやって「自分対その作品」になったときに、すごく素直に受け入れられたりするんです。

―ちなみに、今「将来の夢は?」って聞かれたら、何て答えますか?

bomi:うーんなんでしょうか。……それでもやっぱり例えば分かりやすく「武道館でやりたい」って言うのは恥ずかしいかも(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『bomi first one-man live「bomb bomb bomi!」』

2012年11月23日(金・祝)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 代官山 UNIT
出演:bomi
料金:前売2,800円(ドリンク別)

リリース情報

bomi<br>
『メニー・ア・マール』(CD)
bomi
『メニー・ア・マール』(CD)

2012年10月24日発売
価格:2,625円(税込)
COCP-37663

1. BIG BANG!!.
2. 薄目のプリンセス
3. Rock'n Roll TAKADA-KUN
4. Mr.&Ms.Boring
5. 麹町のスネーク
6. iYo-Yo
7. シャルロットの子守唄
8. パンゲロスの定理
9. 泣きっ面リリー
10. PANIC☆アルバイター
11. キューティクル・ガール
12. エクレア

プロフィール

bomi

2011年、始動。タワーレコード限定ミニアルバムを2枚リリース。キッチュでポップかつロックなトラックに乗る、ちょっぴりシュールで遊び心のあるリリックが、耳の早いユーザーの間で話題に。2012年6月、ミニアルバム「キーゼルバッファ」でメジャーデビュー。バンド形体で、何でもありのハッピー&生命力溢れる変幻自在のライブパフォーマンスに、現在中毒者急増中。また、そのキッチュなビジュアルや独特のたたずまいが、カルチャーシーンやファッション業界からも“次世代イットガール”として注目を集めている。10月24日には早くも1stフルアルバム「メニー・ア・マール」をリリース。11月23日(金・祝)には初のワンマンライブを代官山UNITで行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業