特集 PR

ステージの上は、幸せな場所 蜜インタビュー

ステージの上は、幸せな場所 蜜インタビュー

撮影:田中慎一郎
2012/10/24

歌も素晴らしいけど、とにかくライブが凄い。今年の春に掲載したインタビューでそう紹介した男女2人組ユニット「蜜」は、「日本を代表するロックフェス=『フジロック』」への出演を果たすことで、その事実を見事に証明してくれた。アコースティックギターを主体にしたナチュラルな音色に、絶妙に溶け合う二つの歌声の響き。時に無茶ぶりとも思えるコールアンドレスポンスで笑顔を生み出し、時に観客の度肝を抜く二人のライブパフォーマンスを体験すれば、きっと一発で彼らのことを好きになってしまうはずだ。

もしかすると蜜の音楽を、カフェミュージックのような柔らかなポップソングだと想像している方も多いかもしれない。しかし11月にリリースされる1stアルバムでは、歌謡曲からソウル、ブルース、ラップまで幅広いスタイルを展開。同時にリリースされるカバーアルバムでは、矢野顕子からL'Arc〜en〜Cielまで、これまた幅広い選曲を歌いこなす。アコースティック男女デュオのイメージを更新しつつ、ステージという「幸せな場所」を最大限楽しみ、楽しませ尽くそうとする蜜。そのスタンスと目指す先を訊く。

ライブになると全部忘れちゃって、もう勢い余ってしまうというか(笑)。(木村)

―僕ね、蜜というユニットは「大舞台」に強い気がするんです。

橋詰:ホントですか?(笑)

―他の人だったら緊張してその場の雰囲気にのまれそうなときも、蜜はお客さんをあっという間に味方にしてしまう。たとえば今年の夏に『フジロック』に出たときも、そうだったんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか?

木村:自分たちのやるべきことが歌を歌うことだっていうのはわかっているし、自分たちが楽しければそれが伝わると思っているんです。気負わずに自分たちらしさが出ればいいなと思って、『フジロック』でも歌いました。

橋詰:そうですね。『フジロック』はとても楽しむことができました。

―その「自分たちらしさを出す」ということに、最近はより自覚的になってきてる?

木村:歌うことで自分を見せていくことに少し怖さもあったんですけど、恐れず楽しんでやろうと思えるようになってきました。

―蜜って、歌をすごく大事にしているし、音の響きをすごく大事にしているし、曲は非常にポップで心地がいい。実は非常に音楽的にクオリティーが高いユニットだと思うんです。でも、ライブはめちゃくちゃ自由ですよね。特に木村さんは(笑)。

木村:橋詰くんが二人の声の組み合わせや相性を考えて組み立てているので、その意図を崩さずに歌えたらと思うんですけど……。ライブになると全部忘れちゃって、もう勢い余ってしまうというか(笑)。

写真左から:木村ウニ、橋詰遼
写真左から:木村ウニ、橋詰遼

―橋詰さんは、そういう自由な木村さんの行動を面白がりながらも、ちゃんとライブが成立するようにコントロールしていますね(笑)。

橋詰:いいバランスではありますよね。木村さんは歌い手であって、ちゃんとパフォーマンスができる演者タイプ。僕は作る方が好き。

木村:作家的なんだよ橋詰くんは!

橋詰:はい、おっしゃる通りだと思います(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『蜜 〜eAt me! tour2012〜“召しませコンサート”「見逃すべからず見届けてっ❤」』

2012年11月16日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 ell SIZE

2012年11月23日(金・祝)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:大阪府 OSAKA MUSE

2012年12月5日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

料金:全公演 前売3,200円(ドリンク別)

viBirth × CINRA presents
『exPoP!!!!! volume67』

2012年10月25日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:

Tam Tam
Kate Sikora
ビッケブランカ
料金:無料(2ドリンク別)

リリース情報

蜜<br>
『eAt me!』(CD)

『eAt me!』(CD)

2012年11月7日発売
価格:2,500円(税込)
TOCT-29079

1. アセロラ
2. レター
3. 初恋かぷせる
4. ひとつだけ
5. パープルスカイ
6. DX
7. ロイヤルノンタイトル
8. 行かなきゃ
9. どうしようもない
10. あいせき

蜜<br>
『蜜狩り』

『蜜狩り』

2012年11月7日より配信リリース
価格:1,500円(税込)

1. HONEY(L'Arc-en-Ciel)
2. バウムクーヘン(フジファブリック)
3. 心もよう(井上陽水)
4. traveling(宇多田ヒカル)
5. あざやかな場面(岩崎宏美)
6. Give me a Shake(MAX)
7. ひとつだけ(矢野顕子)
8. 私がオバさんになっても(森高千里)
9. 髭と口紅とバルコニー(鈴木慶一とムーンライダーズ)
10. トンネルぬけて(BO GUMBOS)

プロフィール

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂、二人の出会いが生んだ、奇跡の「唄合戦ユニット」。木村のパワフルでソウルフルな声と、橋詰の伸びのある透き通った声が創り出す蕩けるハーモニーは、観る者の右脳を揺さぶる。ロック、ポップ、ソウル、昭和歌謡と、あらゆるジャンルにアクセスし、もはや何が起こるかわからないエネルギッシュなパフォーマンスが話題になり、デビュー1か月にして『FUJIROCK FESTIVAL`12』に出演。今秋、満を持してファーストフルアルバム『eAt me!』をリリース。同時に、歌謡曲のカバーアルバム『蜜狩り』も配信限定でリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優