特集 PR

ステージの上は、幸せな場所 蜜インタビュー

ステージの上は、幸せな場所 蜜インタビュー

撮影:田中慎一郎
2012/10/24

歌も素晴らしいけど、とにかくライブが凄い。今年の春に掲載したインタビューでそう紹介した男女2人組ユニット「蜜」は、「日本を代表するロックフェス=『フジロック』」への出演を果たすことで、その事実を見事に証明してくれた。アコースティックギターを主体にしたナチュラルな音色に、絶妙に溶け合う二つの歌声の響き。時に無茶ぶりとも思えるコールアンドレスポンスで笑顔を生み出し、時に観客の度肝を抜く二人のライブパフォーマンスを体験すれば、きっと一発で彼らのことを好きになってしまうはずだ。

もしかすると蜜の音楽を、カフェミュージックのような柔らかなポップソングだと想像している方も多いかもしれない。しかし11月にリリースされる1stアルバムでは、歌謡曲からソウル、ブルース、ラップまで幅広いスタイルを展開。同時にリリースされるカバーアルバムでは、矢野顕子からL'Arc〜en〜Cielまで、これまた幅広い選曲を歌いこなす。アコースティック男女デュオのイメージを更新しつつ、ステージという「幸せな場所」を最大限楽しみ、楽しませ尽くそうとする蜜。そのスタンスと目指す先を訊く。

ライブになると全部忘れちゃって、もう勢い余ってしまうというか(笑)。(木村)

―僕ね、蜜というユニットは「大舞台」に強い気がするんです。

橋詰:ホントですか?(笑)

―他の人だったら緊張してその場の雰囲気にのまれそうなときも、蜜はお客さんをあっという間に味方にしてしまう。たとえば今年の夏に『フジロック』に出たときも、そうだったんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか?

木村:自分たちのやるべきことが歌を歌うことだっていうのはわかっているし、自分たちが楽しければそれが伝わると思っているんです。気負わずに自分たちらしさが出ればいいなと思って、『フジロック』でも歌いました。

橋詰:そうですね。『フジロック』はとても楽しむことができました。

―その「自分たちらしさを出す」ということに、最近はより自覚的になってきてる?

木村:歌うことで自分を見せていくことに少し怖さもあったんですけど、恐れず楽しんでやろうと思えるようになってきました。

―蜜って、歌をすごく大事にしているし、音の響きをすごく大事にしているし、曲は非常にポップで心地がいい。実は非常に音楽的にクオリティーが高いユニットだと思うんです。でも、ライブはめちゃくちゃ自由ですよね。特に木村さんは(笑)。

木村:橋詰くんが二人の声の組み合わせや相性を考えて組み立てているので、その意図を崩さずに歌えたらと思うんですけど……。ライブになると全部忘れちゃって、もう勢い余ってしまうというか(笑)。

写真左から:木村ウニ、橋詰遼
写真左から:木村ウニ、橋詰遼

―橋詰さんは、そういう自由な木村さんの行動を面白がりながらも、ちゃんとライブが成立するようにコントロールしていますね(笑)。

橋詰:いいバランスではありますよね。木村さんは歌い手であって、ちゃんとパフォーマンスができる演者タイプ。僕は作る方が好き。

木村:作家的なんだよ橋詰くんは!

橋詰:はい、おっしゃる通りだと思います(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『蜜 〜eAt me! tour2012〜“召しませコンサート”「見逃すべからず見届けてっ❤」』

2012年11月16日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 ell SIZE

2012年11月23日(金・祝)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:大阪府 OSAKA MUSE

2012年12月5日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

料金:全公演 前売3,200円(ドリンク別)

viBirth × CINRA presents
『exPoP!!!!! volume67』

2012年10月25日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:

Tam Tam
Kate Sikora
ビッケブランカ
料金:無料(2ドリンク別)

リリース情報

蜜<br>
『eAt me!』(CD)

『eAt me!』(CD)

2012年11月7日発売
価格:2,500円(税込)
TOCT-29079

1. アセロラ
2. レター
3. 初恋かぷせる
4. ひとつだけ
5. パープルスカイ
6. DX
7. ロイヤルノンタイトル
8. 行かなきゃ
9. どうしようもない
10. あいせき

蜜<br>
『蜜狩り』

『蜜狩り』

2012年11月7日より配信リリース
価格:1,500円(税込)

1. HONEY(L'Arc-en-Ciel)
2. バウムクーヘン(フジファブリック)
3. 心もよう(井上陽水)
4. traveling(宇多田ヒカル)
5. あざやかな場面(岩崎宏美)
6. Give me a Shake(MAX)
7. ひとつだけ(矢野顕子)
8. 私がオバさんになっても(森高千里)
9. 髭と口紅とバルコニー(鈴木慶一とムーンライダーズ)
10. トンネルぬけて(BO GUMBOS)

プロフィール

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂、二人の出会いが生んだ、奇跡の「唄合戦ユニット」。木村のパワフルでソウルフルな声と、橋詰の伸びのある透き通った声が創り出す蕩けるハーモニーは、観る者の右脳を揺さぶる。ロック、ポップ、ソウル、昭和歌謡と、あらゆるジャンルにアクセスし、もはや何が起こるかわからないエネルギッシュなパフォーマンスが話題になり、デビュー1か月にして『FUJIROCK FESTIVAL`12』に出演。今秋、満を持してファーストフルアルバム『eAt me!』をリリース。同時に、歌謡曲のカバーアルバム『蜜狩り』も配信限定でリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業