特集 PR

堀込高樹(KIRINJI)を揺さぶった6つの歌詞

堀込高樹(KIRINJI)を揺さぶった6つの歌詞

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:植本一子
2013/06/07

CDを中心としたパッケージから、ダウンロードやストリーミングといったデータへ。音楽メディアをめぐる状況が大きく変化を続ける中、「歌詞カード」の存在意義がクローズアップされることも増えてきている。パッケージメディアには必ず付随し、それを見ながらのリスニングが一般的だったはずだが、データでのリスニングが中心という人にとって、歌詞を文字面で見る機会はすでにほとんどないのかもしれない。「歌詞がいいから売れる」という言説が未だまかり通る中、今歌詞のあり方について再度考えてみるということは、非常に意味があると言えるだろう。

そこで今回は、兄弟での活動を終了し、今夏新たに再スタートを切るKIRINJIの堀込高樹を迎え、さまざまな年代・ジャンルの音楽を歌詞付きで楽しむことのできる音楽アプリ「うたパス」を触りながら、彼の歌詞に対する考えをじっくりと語ってもらった。あくまで音楽として音の響きを重視しながらも、言葉から強烈な印象を受けたという6曲の話から、耳と目の両方で楽しむ歌詞の面白みを、改めて感じてもらえるのではないかと思う。

堀込高樹の選曲リスト

・北原ミレイ“ざんげの値打ちもない”(作詞:阿久悠)
・浅川マキ“かもめ”(作詞:寺山修司)
・山口百恵“プレイバックpart2”(作詞:阿木燿子)
・RCサクセション“わかってもらえるさ”(作詞:忌野清志郎)
・くるり“言葉はさんかく こころは四角”(作詞:岸田繁)
・はっぴいえんど“風をあつめて”(作詞:松本隆)

表現としての押し出しの強さは、詞先で作られた、歌詞が音楽全体を引っ張ってる曲の方が強いような気がしますね。

―今回は歌詞をテーマに6曲を選んでいただきましたが、どのような観点で選んでいただいたのですか?

高樹:歌詞に強烈な印象があったものですかね。僕はもともと、歌詞に着目して音楽を聴くってことがあるようでなかったんですよ。やっぱり、メロディーだったりサウンドだったり、歌い手の声とかね、そういう音の部分でまず惹かれるので、昔から知ってる曲でも、歌詞のことはあんまり把握していなかったんです。

―高樹さんは作詞家としても高く評価されている方なので、意外でした。

高樹:ちゃんと歌詞を気にするようになったのは、自分で歌詞を書くようになってからなんです。それからいろいろ聴いたり見たりする中で、「強烈だな、これは」っていう、こういう歌詞を自分でも書けたらいいなって思う曲を選んできました。

―阿久悠さんや阿木燿子さんといった作詞家の方の作品はやっぱりすごいなって、今回改めて思いました。

高樹:当たり前のことを言うようですけど、「意味がわかる」っていうのは大きいと思うんですよね(笑)。自分もそうだけど、何よりもまずメロディーがあって、そこに言葉を乗せて、なおかつサウンドにも合うようにしようとすると、意味が希薄になりがちなんです。ホントはこの言葉が使いたいんだけど、尺が合わないから違う言い方をするとか、そういう風に意味がどんどんスポイルされてしまう。


堀込高樹(KIRINJI)

―今回挙げていただいたような曲は、そうではない?

高樹:たぶん1970年代とかは詞が先にあって、それに歌をつけるっていうのが通常だったと思うんです。表現としての押し出しの強さは、歌詞が音楽全体を引っ張ってる曲の方が強いような気がしますね。

―高樹さんが曲を作るときは、ほぼ曲が先で詞は後ですか?

高樹:詞先もいくつかはあるんですけど、圧倒的に曲が先ですね。ただ自分の場合は、曲を書いて、詞を書いて、編曲も自分でやるわけだから、歌詞を書いてて長くなったら「ここのメロディー伸ばせばいいや」とか、オケもそこから作り直したりできるわけです。だから一応メロディーはあるけど、それはあくまで取っ掛かりとしてあって、作詞をしながら音も一緒に作っていく感じになってきてますね。

―自分で詞を書くようになって、言葉の重要性が高まったという風にも言えますか?

高樹:昔から歌詞もちゃんと作ろうとは思ってたんですけど、比喩として面白いとか、イメージが膨らむ描写をするとか、そういうことを考えてたんです。でも、最近はもっと基本的な、「何を歌ってるのかがちゃんとわかる」っていうところから書いてますね。昔は表現しようとすることも抽象的だったりしたけど、そうじゃない方が作品としての強度があるのかなって思ったりもしてます。

Page 1
次へ

イベント情報

『WORLD HAPPINESS 2013』

2013年8月11日(日)OPEN 11:00 / START 12:30 / CLOSE 20:00(予定)
会場:東京都 夢の島公園陸上競技場
出演:
高橋幸宏
矢野顕子
鈴木慶一
清水ミチコ
柴咲コウ
GREAT3
MIDNIGHTSUNS
ヒカシュー
TOWA TEI
トクマルシューゴ
大貫妙子
奥田民生
KIRINJI
WH13 SPECIAL BAND<The おそ松くんズ>
料金:一般8,500円 小学生1,050円 親子チケット9,000円
※全券種レジャーシート付き、未就学児童無料

『うたパス』

対応機種:
Android™搭載auスマートフォン (IS01、IS06、ISW11HT、IS11PT除く)
Android™搭載auタブレット (SHT21)
iOS5.0以降のiPhone、iPod touch、iPad、iPad mini、Smart TV Stick
料金:無料

プロフィール

堀込高樹

1996年10月、実弟である堀込泰行(Vo,Gt)とともにキリンジを結成。97年 CDデビュー。2013年4月12日 堀込泰行が脱退。兄弟キリンジ17年の活動に終止符を打つ。以後、自身がバンドを継承し活動。今や造詣深きそのソングライティング力と感覚は、唯一無二な存在であり、かせきさいだぁ、藤井隆、SMAP、bird、坂本真綾、南波志帆など他アーティストへの楽曲提供も多数。2013年6月現在、近作『Ten』を含みオリジナルアルバム10枚、ソロアルバム1枚をリリース。今夏、新生 KIRINJIの全貌が明らかになる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像