特集 PR

アイドル×ノイズの狂宴 BiS階段インタビュー

アイドル×ノイズの狂宴 BiS階段インタビュー

インタビュー・テキスト
南波一海
撮影:菱沼勇夫
2013/07/24

エクストリームで無軌道な道を歩み続けるアイドルグループ・BiSと、「キング・オブ・ノイズ」として世界に君臨する非常階段。この両者によって、世界初(?)のノイズアイドルバンド・BiS階段が結成された。アルバム『BiS階段』には、ノイズ化されたBiSの代表曲と、新録曲として戸川純“好き好き大好き”のカバーを収録。また8月には渋谷WWWでレコ発ライブも予定されており、チケットが即ソールドアウトしたことでも大きな話題を呼んだ。そんなBiS階段から、JOJO広重とBiSメンバー6人による貴重な対談をお届けする。

会場も演奏者も全部が一体感を感じる特別なライブって1年に数回しかないんですよ。あれはそのうちのひとつで、去年のベストくらいのライブでした。(JOJO広重)

―昨年の11月に非常階段とBiSが共演したところから今回の音源化に発展したんですよね。

プー・ルイ(以下:プー):コラボすることは直前に決まって。非常階段さんのことは知らなかったんですけど、高校のときの元カレから「非常階段とやるならどうにかして入れてくれないか」っていうメールが来て、すごいんだなと思って。

一同:あはは!

左奥から:ヒラノノゾミ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ、ミチバヤシリオ、プー・ルイ、JOJO広重、右手前:テンテンコ
左奥から:ヒラノノゾミ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ、ミチバヤシリオ、プー・ルイ、JOJO広重、右手前:テンテンコ

―ちなみにその人は入れてあげたの?

プー:入れないですよ!(笑)

―JOJOさんはBiSをご存知でしたか。

JOJO広重(以下:JOJO):もちろんその前にCDとかは聴かせてもらったんですけど、実際に会うのは初めてでした。以前に「ももクロ階段」をやろうっていう話がTwitter上であったんだけど、ももクロがブレイク中だったからその話は流れたんですね。ま、当然無理ですよねっていうことをTwitterで書いてたら、何人かが「広重さん、ももクロもいいけどBiSの方が合いますよ」ってツイートしてくれたんですよ。

一同:ええ〜!

JOJO広重
JOJO広重 

JOJO:それでBiSのこと調べて。音もパンクだし、非常階段のノイズが乗っても違和感ないよねっていうのが頭にインプットされて。で、11月のイベントのときに、この日だけの企画ができませんかねっていう会議があって、BiSのことが頭にあったので、一緒にやれないか事務所に訊いて頂けませんかって言ったのが最初です。BiSのマネージャーの渡辺さんは「BiSでいいんですか?」って言ってきて、こっちも「非常階段でいいんですか?」って、お互い謙遜しながら連絡とって(笑)。ただ、ちゃんと一緒にできるのかなっていう心配もありました。

―当日はいかがでしたか?

JOJO:ライブの順番から行くと、非常階段、BiS、BiS階段だったんですよ。BiSファンの人は非常階段なんて興味ないし、客席ガラガラになるんじゃないかと思ってたら、そんなことはなくて、すごく真剣に聴いてくれていて。だから、いざ一緒にライブやりますっていうとき、BiSと僕らとお客さんとで特別な空間が作れるなと感じました。エフェクターをバンっと踏んだ瞬間にスイッチが入りましたね。会場も演奏者も全部が一体感を感じる特別なライブって1年に数回しかないんですよ。あれはそのうちのひとつで、去年のベストくらいのライブでした。ミッチェルもダイブしてくれて、すげーなと思って(笑)。

ミチバヤシリオ
ミチバヤシリオ

ミチバヤシリオ(以下:ミッチェル):リハのときから本当に楽しかったです。“eat it”と“nerve”をやったんですけど、楽しすぎて“eat it”のサビで踊るの忘れてて、「やべー踊ってねー」って途中で気づきました(笑)。ノイズが乗ったのが想像してたよりずっとかっこよくて、うぉーってなって、わーってなって、キャーってなりました。あの日だけで終わっちゃうのはもったいないから、音源化して欲しいって私自身も思ってました。


JOJO:あの日の映像はスぺシャで流れたんですけど、それを『バックステージ・アイドル・ストーリー』(スペースシャワーTVで放送されたBiSのCGアニメ番組のBlu-ray)の特典で付けていいですかってオファーを頂いて。そのときも、あのライブがすごいよかったですねっていう話になったので、僕の方から音源化しませんかって言ったんです。BiSの楽曲に僕たちのノイズをかぶせるっていうやり方であればそんなにレコーディング費用もかからないし、あの日のライブに行きたかったっていうファンの方もたくさんいらっしゃるので。そしたら、avexさんがやりましょうって言ってくれて。

Page 1
次へ

イベント情報

『BiS階段』

2013年8月7日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
BiS階段
BiS
非常階段
料金:3,000円(ドリンク別)

リリース情報

BiS階段<br>
『BiS階段』(CD)
BiS階段
『BiS階段』(CD)

2013年8月7日発売
価格:1,890円(税込)
AVCD-38630

1. 好き好き大好き
2. PPCC
3. nerve
4. eat it
5. primal.
6. Hide out cut
7. BiS_kaidan

BiS階段<br>
『BiS階段』(アナログLP)
BiS階段
『BiS階段』(アナログLP)

2013年7月31日発売
価格:2,625円(税込)
JSLP026

[SIDE-A]
1. 好き好き大好き
2. PPCC
3. nerve
[SIDE-B]
1. eat it
2. primal.
3. Hide out cut
4. BiS_kaidan
※ダウンロードコード付き

プロフィール

BiS階段(びすかいだん)

全裸、内臓、血まみれ、釘バット、スク水LIVE、24時間インストア、LIVEギロチン席無料招待、家政婦オークション等、アイドルの価値観をブチ破る、既成の概念に囚われない無軌道な活動が話題のオルタナティヴアイドル“BiS”と1979年に世界初のノイズバンドとして活動をスタートし、大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと四半世紀以上に渡りノイズ演奏を続け、「キング・オブ・ノイズ」という異名で国内外に名を知られている“非常階段”。日本の音楽シーンの中でも異彩を放つ両グループは、2012年11月四谷アウトブレイクで行われたイヴェント「自家発電 vol.00」で初遭遇し、“BiS階段”のコラボレーションLIVEが披露された。まさにカオスともいえるノイズとアイドルが融合する壮絶なLIVEは大きな話題となった。そして、2013年夏この両アーティストがノイズアイドルバンド“BiS階段”を結成!!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー