特集 PR

自分を偽って生きていく? THE★米騒動×白石晃士監督対談

自分を偽って生きていく? THE★米騒動×白石晃士監督対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

ベッドの上で一人のたうちまわっていた女が、何かを決心したかのように外に出ると、過去に何かしらの関係があったと思われる男たちを、様々な方法で殺していき、死体を写真に収めていく……。無期限活動休止を発表したTHE★米騒動のサードアルバム『輝かしい未来へ』の収録曲“コケット”のミュージックビデオは、かなりの衝撃作であると同時に、何ともTHE★米騒動らしい、異様な爽快感を伴う作品でもある。

本作の監督を務めたのは、フェイクドキュメンタリーの手法で知られる日本ホラー界の奇才・白石晃士。表現の方法は違えども、両者の根底にあるのは、かっこいいロックに対する愛情はもちろんのこと、美しいだけではない、醜さも含めた物事の本質を見つめようとする姿勢。“コケット”のミュージックビデオが生まれたことは、やはり必然だったのである。

家族全員でホラー映画を見て、みんなで「ワーッ」って驚いてるような家だったんです。(石田)

―石田さんは昔から白石監督のファンだったそうですね。

石田(Vo,Gt):もともとスプラッターとかホラー映画が大好きなんですけど、高校3年生のときに白石監督の『グロテスク』(2009年)を見て、それにすごく感動したんです。「日本映画でこんなのあるんだ」っていうか、「ここまで(人間の体を)切り刻んでくれるんだ」っていう(笑)。

―(笑)。

石田:ストーリーのオチの感じもすごく好きで、ブログに感想も書くぐらい感動して。それで、今回のミュージックビデオを作るときに「最後だから好き勝手にやらせてください」と言って、スプラッターとかホラーの監督さんのツテがないかレーベルスタッフに聞いたんです。そしたら「白石監督って知ってますか? 監督がKING BROTHERSのファンなのでちょっとだけ知り合いなんですけど」ってメールが来て、「ぜひお願いします!」って。

左から:石田愛実(THE★米騒動)、白石晃士
左から:石田愛実(THE★米騒動)、白石晃士

―体を切り刻んだりする直接的な描写っていうのは、白石監督がこだわっている部分ですよね?

白石:アメリカ映画で育ってるので、Jホラーって言われるようなものがあんまり好きじゃないんです。怖いものやエグイものをちゃんと見せたり、幽霊と対決したりするのが好きなので、ジメッとした雰囲気で追いつめて、ちょっとだけ幽霊が出て怖がらせるみたいなのだと物足りないんですよね。できるだけ派手にやりたいし、隙あらば爆発とかできないかな? って常に思ってるので(笑)。エンターテイメントとしてお客さんを楽しませるということで言うと、ホラーはとにかく怖いものを見せて、怖がってもらって、それを楽しんでもらうっていうふうに考えてます。

―石田さんはいつ頃からホラーやスプラッターがお好きだったんですか?

石田:もともと見始めたのは、母親の影響で(笑)。

白石:いいお母さんですね(笑)。

石田:家族全員でホラー映画を見て、みんなで「ワーッ」って驚いてるような家だったんです。小学校に入る前から『リング』とか見せられてたので、ホラーに対する抵抗が全然なくて。

―逆にトラウマになりそうな気もするけど。

石田:まったくなかったですね。母親がとにかく映画大好きで、『ティンカーベル』みたいにキラキラしたのも好きなんですけど、ホラーもすごく好きで、ずっと一緒に見てました。でも、うちの母親はスプラッターは嫌がるんですけど(笑)。

―ちなみに、坂本くんはその手の映画は見る?

坂本(Dr):ホラーもスプラッターもまったく見ないです。そういうコーナーの横を通るのも怖いです(笑)。

坂本タイキ(THE★米騒動)
坂本タイキ(THE★米騒動)

―バンドの中でも全く違うんだ(笑)。白石監督はやはり小さい頃からホラー映画を見ていて、自然と映画監督を目指すようになったのでしょうか?

白石:好きは好きだったんですけど、自分で作るとは思ってなくて、ただ仕事の始まりが心霊ドキュメンタリーものだったので、その流れでホラーものの仕事ばっかり来るようになっただけの話なんです。ただ、もともとテレビの心霊番組やUFO番組がすごく好きだったので、それを考えると、何だかんだで収まるところに収まったのかなって気もしていて。今は喜び勇んでやってる感じですね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

THE★米騒動<br>
『輝かしい未来へ』(CD)
THE★米騒動
『輝かしい未来へ』(CD)

2014年5月14日(水)発売
価格:2,160円(税込)
WhiteRiot / UK.PROJECT / WRT-003

1. コケット
2. 錠剤
3. てじめ
4. 真直ぐ
5. ボーイミーツガール~feat.MC死後硬直~
6. セルアウト
7. 国道36号線のバスタ
8. HOLA

プロフィール

THE★米騒動(ざ こめそうどう)

石田愛実(Gt,Vo)、坂本タイキ(Dr)、沖田笙子(Ba)。北海道札幌市平岸高等学校軽音部にて結成。札幌を中心に活動中。2010年8月、10代限定オーディション「閃光ライオット」にてグランプリを獲得。2014年5月3rdアルバム『輝かしい未来へ』をリリース。同年5月30日のライブにて無期限活動休止予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影