特集 PR

真心ブラザーズが蘇らせる、70~80年代アイドルソングの濃密度

真心ブラザーズが蘇らせる、70~80年代アイドルソングの濃密度

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:永峰拓也

今年でデビュー27年目に入った真心ブラザーズが、意外にもキャリア初となるカバーアルバム『PACK TO THE FUTURE』を完成させた。過去にも高田渡、ムーンライダーズ、はっぴいえんど、RCサクセションなどの曲をカバーしたことはあったが、今回彼らがカバーの対象として選んだのは、なんと1970~80年代の女性アイドルソング。松本隆、筒美京平、大滝詠一、細野晴臣……作詞作曲のクレジットに目を落とせば、そうそうたる作家陣が並ぶ当時のアイドルソングを、彼らはどのような解釈で料理したのだろうか。そして、いま再び作家の時代と言われる現代のアイドルソングとの違いとは? 「いい曲を作れば売れるわけじゃない」という四半世紀を超える活動を通しての経験論や、「まだまだお金持ちになって、もっと遊んで暮らしたい」と語る今後のビジョンについてまで、頼もしい二人からたっぷりと教えてもらった。

(当時の曲を)カバーするために紐解くと、作詞家の先生も、作曲家の先生も、「俺はこれなんだ!」みたいなものを貫いてるなと感じましたね。(桜井)

―なぜ今回は1970~80年代の女性アイドルをカバーすることになったのでしょう?

桜井(Gt):今年のはじめに『The Covers』というNHKの音楽番組でカバー曲を3曲歌わせてもらったら、自分たちも楽しかったし、まわりの評判も非常によくて、「じゃあカバーアルバムを作っちゃおう」と盛り上がったんです。ただ、カバーと言っても、何かテーマを絞らないといけないと思ったときに、YO-KINGさんから「女性アイドルの曲はどうだ」と提案があって。自分が歌うのに、大胆なこと言うなと思いましたけど(笑)。

YO-KING(Vo,Gt):男の人の曲を歌うよりは、女の人の曲を歌ったほうが、企画として面白いかなと思って。もともと“赤い風船”はいつかやりたいなと思っていたから、だったら全部女の人に特化したほうがいいかなと。

左から:桜井秀俊、YO-KING
左から:桜井秀俊、YO-KING

―原曲を歌った歌手は有名な方ばかりですけど、そのなかでも比較的マニアックな曲を選んでますよね。こんなにいい曲があったんだ! という驚きがありました。

桜井:埋もれた曲というわけじゃないけど、昔の名曲を自分たちなりに愛情込めて再構築して紹介するということにものすごく意味があるんだと、作ってみて初めてわかりましたね。ポップミュージック史のなかで、DJとして、なおかつプレイヤーとして、みんなに聴いてもらうという大きな役割があるんだなと。

―そういう意味では、逆に真心ブラザーズの曲をカバーした人もこれまでたくさんいるじゃないですか。カバーされる側に立っていたときは、どう感じていたんですか?

桜井:全然うれしい。どんどんいじっちゃってくださいって。

クラムボン・ミトがアレンジを手掛け、アイドルグループ・夢みるアドレセンスが歌った、“サマー・ヌード”がモチーフの楽曲

―でも、これまで自分たちでは積極的にカバーをやろうとは考えていなかった?

桜井:実を言うと、いままでカバーアルバムに対しては、クリエイティブ度が低いイメージがあったんです。自分で曲を作ってないわけですから。でも、それは思い込みでしたね。

―1曲目の“風立ちぬ”なんて、クリエイティビティーの塊ですからね。イントロで“君は天然色”(大滝詠一のソロ曲)をオマージュして、大滝詠一作曲の2曲を合体させるという。

桜井:『A LONG VACATION』(1981年に発売され、オリコン史上初のミリオンセールスを記録した大滝詠一のアルバム)と同じ始まり方をするっていうね。

YO-KING:俺は子どもの頃からライナーノーツを読みながら音楽を聴くタイプだったから、オタク埋蔵金がたくさんあるんですよ。だから現場でいろんなアイデアが浮かんでくる。これもスタジオでセッションしていたら思いついたんですよね。今作のレコーディングにも参加してくれた伊藤大地くん(Dr)と岡部晴彦くん(Ba)とセッションしていると、そういう思いつきに応えてくれるのが素晴らしい。年上で大御所の人だったら、言えないじゃないですか(笑)。

YO-KING

―「やっぱりさっきのナシで」みたいなことが言いづらいですもんね(笑)。他にも面白い閃きが生まれたと感じている曲はありますか?

YO-KING:俺は“木綿のハンカチーフ”のアレンジがすごい好き。D'Angelo+フィッシュマンズみたいな感じなのかな(笑)。制作していたときは、Sade(1984年にイギリスでデビュー、アーバンなサウンドと実力派のボーカルが特徴のバンド)+The Meters(1968年デビュー、ニューオーリンズのファンクバンド)と思っていた気がする。

―10代の頃に聴いていた曲を今になって聴き返して、改めて気付いたよさもあるのでしょうか?

桜井:歌謡曲のアンチとしてロックが出てきたとするならば、歌謡曲の作家たちに対しては「小器用な人たち」という思い込みがあったんです。でもちゃんとカバーするために紐解くと、作詞家の先生も、作曲家の先生も、「俺はこれなんだ!」みたいなものを貫いてるなと感じましたね。“風の谷のナウシカ”なんて、(作曲した)細野晴臣さんもやりたい放題やっていたんだなあと(笑)。発売当時、安田成美さんは歌番組で苦労されただろうなと。

YO-KING:やっぱり1970~80年代っていうのは、ロックの影響を受けた時代だったんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

真心ブラザーズ『PACK TO THE FUTURE』(CD)
真心ブラザーズ
『PACK TO THE FUTURE』(CD)

2015年10月7日(水)発売
価格:3,000円(税込)
TKCA-74277

1. 風立ちぬ(松田聖子 / 1981年)
2. 風になりたい(川村ゆうこ / 1976年)
3. 横浜いれぶん(木之内みどり / 1976年)
4. メイン・テーマ(薬師丸ひろ子 / 1984年)
5. 赤い風船(浅田美代子 / 1973年)
6. 早春の港(南沙織 / 1973年)
7. 風の谷のナウシカ(安田成美 / 1984年)
8. 木綿のハンカチーフ(太田裕美 / 1975年)
9. ゆ・れ・て湘南(石川秀美 / 1982年)
10. スローモーション(中森明菜 / 1982年)
11. グッド・バイ・マイ・ラブ(アン・ルイス / 1974年)

イベント情報

真心ブラザーズ
『PACK TO THE FUTURE』

2015年10月9日(金)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

2015年10月18日(日)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:岡山県 IMAGE

2015年10月31日(土)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:静岡県 Umber

2015年11月4日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:宮城県 仙台 darwin

2015年11月7日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2015年11月15日(日)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:福岡県 DRUM Be-1

2015年11月21日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

料金:各公演 前売5,500円 当日6,000円(共にドリンク別)

プロフィール

真心ブラザーズ(まごころぶらざーず)

1989年 大学在学中、音楽サークルに所属する先輩YO-KINGと後輩桜井秀俊で結成。バラエティ番組『パラダイスGOGO』内の「勝ち抜きフォークソング合戦」に出演、見事10週連続で勝ち抜き、同年9月に『うみ』でメジャーデビューを果たす。“どか~ん”“サマー・ヌード”“拝啓、ジョン・レノン”など数々の名曲を世に送り出す。2014年にデビュー25周年を迎え、自身のレーベルDo Thing Recordingsを設立。2015年10月7日、初のカバーアルバム『PACK TO THE FUTURE』をリリース、そのアルバムを携えての全国ツアーを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために