特集 PR

「恥」を魅力にする突破力チーナフィルハーモニックオーケストラ

「恥」を魅力にする突破力チーナフィルハーモニックオーケストラ

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子

「チーナ」というバンドには、いつだって「孤独」が付きまとっていたように思う。2000年代終盤から東京のライブハウスシーンで活動を始めた彼ら。ピアノやバイオリンを駆使した楽曲たちは、俄然ポップで端正で上品だった。それでいて、ボーカル・椎名の綴る言葉には、自分の無力さを真正面から見つめる、海のように深い内省があった。本質的にこのバンドには、拠るべき場所を持たず、ただ気高く孤独と戯れるような風情があったのだ。

しかし、ここに来てチーナは変わった。そもそも5人組だった彼らだが、去年、新たに16人編成の大所帯プロジェクト「チーナフィルハーモニックオーケストラ」を始動。さらに、チーナフィルで音源を作るべく、クラウドファンディングの機能を持った「Eggsサポートプロジェクト」を通して、リスナーとのコミュニケーションを図っている。拠るべき場所を持たなかったはずのバンドが、今、他者と「繋がる」ことで新たな世界を創造しようとしているのだ。そして筆者には、そんな彼らの姿が、遂に辿り着いたチーナの「あるべき姿」のようにも思えている。「小さなもの」を「小さくて大きなもの」に変え始めたチーナの五人に話を聞いた。

何でも長くやっていると、客観的に判断できなくなるし、やりたいことやできることも、どんどん狭まってしまう。(リーダー)

―チーナをオーケストラ編成にするという構想は、いつ頃からあったんですか?

椎名(Vo,Pf):ミニアルバム『DOCCI』(2014年)を作っている時には、意識し始めていましたね。チーナフィルでパーカッションを叩いてくれている小宮山(純平)さんが「チーナはロックじゃなくて、楽器編成をもっと活かしてクラシックっぽいことをやったほうが、お客さんも面白がってくれるよ」って言ってくれて。

―そこがスタートだったと。

椎名:そうですね。それで、自分たちで最初に意志表明したのは、たしか2年前のCINRAの取材(私たちは空を飛べないからこそ歩ける、チーナが見つけた真のHAPPY)でした。

リーダー(Gt,microKORG):そうだったね。なんでもそうだけど、バンドも長くやっていると主観的になりすぎてしまうんです。曲のアレンジにしても、いい / 悪いを客観的に判断できなくなってくるし、やりたいことやできることも、どんどん狭まってしまう。そういう意味でも、チーナに新しい波を取り入れることができないか考えていたんです。

チーナフィルハーモニックオーケストラ
チーナフィルハーモニックオーケストラ

―バンドにとってのテコ入れ的な側面が強かったんですね。

林(Cb):そもそも椎名が作る曲も、どちらかといえばオーケストラに合う曲が多かったんですよ。「この曲、そのまま合唱曲になるんじゃない?」っていう曲もあったし。

椎名:そうだね。女性メンバー三人はもともと音大のクラシック畑出身なんです。だから、何をやっても、最終的にはクラシックに戻ってしまって(笑)。最初はそれが恥ずかしかったし嫌だったんですけど、男性メンバーはそういう部分を評価してくれる。だったら、思い切って自分たちの素養に寄せて、オーケストラをやってみようと思ったんです。

―どうして椎名さんは、ご自身の本来の素養であるクラシックに寄せていくことが嫌だったんですか?

椎名:チーナも他のバンドと同じで、友達とバンドを組んだら、結果的にバイオリンとコントラバスがいたっていうだけの話なんです。それなのに、ライブハウスで演奏していたら「普段はコンサートホールでやっているんですか?」とか、「チーナは僕らのバンドとはジャンルが違うよね」ってすごく言われて。「なんで、そんなことを言われなきゃいけないんだろう?」っていうコンプレックスが強かったんです。

柴(Vn):本当に、嫌というほど言われたよね。

左から:柴由佳子、林絵里
左から:柴由佳子、林絵里

椎名:でも恥ずかしい話、私は自分がやるまで、小さなライブハウスでライブを観たこともなくて。他のバンドの人たちは、バンドというものをすごく理解して活動していたけど、私はバンドがどうやって活動していくものなのかもわからなかった。だからこそ、クラシックっぽさをなくして、「バンド」として見てもらいたいという気持ちが強かったですね。

―なるほど。椎名さんにとっての「バンド」や「ライブハウス」って、仲間の友情や、人の繋がりの親密さを象徴する場所だったのかもしれないですね。

椎名:そうですね……だから、初期の頃はすごく尖っていて、「素人は、わかってくれなくてもいいんで」みたいなスタンスで、お客さんが付いてくることができないようなライブをしていました。そのせいで、物販でCDが1枚も売れない日もありましたね。

HAPPY(Dr):僕はチーナに入ってまだ3年弱なので、客観的な視線が残っていて。こんなことを言うと怒られるかもしれないんですけど、今、椎名さんは目まぐるしく変わっている感じがします。

HAPPY
HAPPY

―具体的にどういうふうに変わっているんでしょう?

HAPPY:最近、椎名さんが作る曲は明るいんです。僕が出会った頃のチーナは、いい意味でトゲがあったんですよ。パッと見かわいい女の子に急にナイフで刺される、みたいな。でも、そこに心地よさがあった。それに比べて今は本当にシンプルに、かわいい子のかわいい仕草を見ているイメージなんですよね。

椎名:……(じっとHAPPYを見る)。

HAPPY:今の僕の発言、やばかったですか……?

椎名:ううん、全然(笑)。たしかに、今は「心を開いた楽曲を作りたい」という気持ちがあります。私は、血が騒ぐというか、ものすごいエネルギーを感じる曲が大好きだし、聴いた人が興奮するような曲を作りたいと思ってきたんです。でも、何かを「否定」したり、「負」のエネルギーから音楽を始めていたんですよね。今は、お客さんに「負」ではないものを感じてほしいし、本当にみんなにわかってほしいと思って曲を作るようになりました。

Page 1
次へ

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume86』

2016年6月30日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
HINTO
Tempalay
戸渡陽太
チーナフィルハーモニックオーケストラ mini
料金:無料(2ドリンク別)
※会場入口で音楽アプリ「Eggs」の起動画面を提示すると入場時の1ドリンク分無料

プロジェクト情報

Eggs
『チーナフィルハーモニックオーケストラSUPPORT PROJECT

チーナフィルハーモニックオーケストラ初音源をリリース! “あなたもオーケストラの一員になりませんか?”』

プロフィール

チーナフィルハーモニックオーケストラ
チーナフィルハーモニックオーケストラ(ちーなふぃるはーもにっくおーけすとら)

チーナのメンバーを中心に結成した『チーナフィルハーモニックオーケストラ』。昨年ミニアルバム『DOCCI』をリリースし渋谷DUOでのワンマンライブも大成功に終わったチーナが次に表現したのは15人でのオーケストラ編成、現在16名。5月1日に初ライブをワンマンライブという形で渋谷WWWにて実施しチケットはソールドアウト。メンバーはVocal&Piano:椎名杏子、Violin:柴由佳子、Guitar:リーダー、Contrabass:林絵里、Drums:HAPPY、Trumpet:壺坂恵、Tenor sax:Cross You(RIDDIMATES)、Alto sax:akirag(RIDDIMATES)、Violin:関口幸恵、Violin:宮崎隼人、Viola:角谷奈緒子、Cello&E.bass:Sohey(SOUR/高速スパム)、Harp:ほしやまかなこ、Percussion:小宮山純平(MAGICAL CHAIN CLUB BAND)、Steelpan:タカヒロ、Accordion:マメルダ。現在Eggs SUPPORT PROJECTにてクラウドファンディングを実施中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー