特集 PR

SHINGO★西成と重江良樹に案内され日雇い労働者の街・釜ヶ崎へ

SHINGO★西成と重江良樹に案内され日雇い労働者の街・釜ヶ崎へ

『さとにきたらええやん』
インタビュー・テキスト
竹内厚
撮影:原祥子 編集:野村由芽 撮影場所協力:ゲストハウスとカフェと庭 ココルームCocoroom

日雇い労働者が集う国内最大規模の街、大阪・西成の釜ヶ崎。ここは「あいりん地区」とも呼ばれ、簡易宿泊所(ドヤ)が軒を連ねている。勝手なイメージがひとり歩きしがちなこの街にある施設「こどもの里」を舞台に、並みいる劇映画よりもドラマにあふれた一本のドキュメンタリー映画『さとにきたらええやん』が撮られた。

「誰でも利用できます。子どもたちの遊び場です。お母さんお父さんの休息の場です。いつでも宿泊できます。利用料はいりません」など、驚くほど誰しもに開かれた姿勢で運営されている「こどもの里」。そこに集まる様々な家庭環境を背負った子どもたちの日常を、7年の月日をかけて丁寧な取材を重ねた重江良樹監督、そして映画の音楽を担当したヒップホップアーティストSHINGO★西成の二人に語ってもらった。

なお今回の対談前には、SHINGO★西成の提案で、釜ヶ崎の三角公園で行わわれている炊き出しにも参加。取材陣もボランティアの方に混じって手伝いながら、釜ヶ崎の空気を肌身に感じた上で対談をスタートさせた。

この街はいろんな人がおるけど、他愛もない小さな言葉が、相手の心の窓を開くきっかけになる。(SHINGO★西成)

―まずは炊き出しおつかれさまでした。およそ700食があっという間に配られていきましたけど、何から手伝ったらよいか右往左往の私たちを前に、さすがSHINGOさんは、最前線で声を出して行列の交通整理をされていましたね。重江監督はずっと丼を洗っていて。

重江:怒涛のごとくまわってくる丼を、ただただ必死に洗うだけでしたけど楽しかったですね。実は炊き出しに参加するのは初めてだったんですよ。

左から:重江監督、SHINGO★西成
左から:重江監督、SHINGO★西成

三角公園の炊き出しに参加
三角公園の炊き出しに参加

SHINGO:ほんまに? そうか、シゲくん(重江監督)は、これまでずっと「こどもの里」の取材に張りついてたからな。炊き出しは、いろんな方が手伝いに来てるけど、誰がどんな配置でという指示もないし、何も言われないでしょ。昔からそうなんですよ。俺も20代から30代の初めまでは、素性も一切聞かれへんかったし、「ただの近所に住んでる手伝いに来る奴」と思われていた。それがこの街の愛ですやん。

重江:そうですね。炊き出しの現場って「こどもの里」にもすごく似ているなと思いました。周りからは、「すごくいい活動をやってるね」と言われるけど、現場にいる人たちはそんなことよりも、とにかくやることをやっているだけ、という感覚なんです。

この日のメニューは、味噌味の豚汁をご飯にかけた「ぶっかけ飯」
この日のメニューは、味噌味の豚汁をご飯にかけた「ぶっかけ飯」

約300人の日雇い労働者に対して、700杯程度の炊き出しがおこなわれた
約300人の日雇い労働者に対して、700杯程度の炊き出しがおこなわれた

SHINGO:この街独特の距離感やな。「手伝ってぇや」とは自分らから言わない。だけど、こっちから声をかけたりすると、「あっ、ほな、兄ちゃんこれやってくれや」って。

場所とりの様子
場所とりの様子

行列の交通整理をおこなうSHINGO★西成
行列の交通整理をおこなうSHINGO★西成

―たしかに、初めはどうしたらいいかわからずうろたえていたんですけど、「何をすればいいですか?」と声をかけたら、次々仕事を頼まれました。

SHINGO:そうやろ。そういう他愛もない小さな言葉が、相手の心の窓を開いて、一歩近づくきっかけになる。逆に誰かから話しかけられたときも、「どうしよ!?」ってびびるんじゃなくて、自分の気持ちを伝えるチャンスだと思えばいい。この街はいろんな人がおるから、そういう出会いを大事にしていけば自分の器がどんどん大きくなると思います。俺は、出会いはパワーやと思ってるよ。

 

「瞬間」に集中して自分のできることをやりきるってことを、この街で学んだ。(SHINGO★西成)

―炊き出しの現場では、この街で暮らしている人たちのことをどこまで撮影していいのか判断が難しいと感じました。重江監督は『さとにきたらええやん』を撮るにあたり、「こどもの里」や釜ヶ崎の街にカメラを持ちこむことに困難はありませんでしたか?

重江:いや、ごく普通のやり方ですよ。僕はずっと一人で撮っていたので、そのへんの兄ちゃんがカメラ持って来ているだけという見られ方だったと思います。「何撮ってるの?」って言われたら、「こどもの里」に密着していると説明をして、怒られたら「すいません!」と謝って、時間を置いて。カメラを持っていることで地元の人に話しかけられて、ポロッといいことを言われることもあるんですよ。そしたら「もうちょっと話、聞かせてください!」ってさらに寄っていく。そんなやり方でしたね。

SHINGO:ばっちりの距離感やね。撮影のことはニュアンスが難しいところで、今日の炊き出しの現場だったら、食事をしたい方が集まってくるキッチンという場所なので、あくまでも主役は向こう側で、我々じゃない。そこで写真を撮って自分たちの活動の宣伝にしてしまうとおかしいし、とはいえカメラを向けたらアカン場所も実際にはあります。けど、「SHINGOと一緒に炊き出しを手伝っている」という事情を自分の言葉で説明できるなら、ちゃんと許可を得ようと動けばいい。

炊き出しに使われる薪
炊き出しに使われる薪

―決まったルールを与えられるのではなく、その場で自ら判断すると。

SHINGO:そこで萎縮してしまうカメラマンもいるけど、それは違うと俺は思う。さっき炊き出しの場で「カメラで撮るのも直感や」って言ったのは、「瞬間」に集中して自分のできることをやりきるってことを、俺もこの街で学んだからなんですよ。

Page 1
次へ

作品情報

『さとにきたらええやん』

2016年6月11日(土)から東京・ポレポレ東中野、大阪・第七藝術劇場ほか全国順次公開
監督:重江良樹
音楽:SHINGO★西成
配給:ノンデライコ

プロフィール

重江良樹(しげえ よしき)

1984年、大阪府出身。ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業後、映像制作会社勤務を経てフリー。2008年に「こどもの里」にボランティアとして入ったことがきっかけで2013年より撮影し始める。本作が初監督作品。

SHINGO★西成(しんご にしなり)

大阪府大阪市西成区出身のラッパー。昭和の香りが色濃く残る「ドヤ街」、西成の釜ヶ崎・三角公園近くの長屋で生まれ育つ。1990年代半ばよりライブ活動を開始。2005年よりCDリリース、地元での平坦ではない生活をリアルな言葉でつづり、精力的にライブ活動を行っている。節目となるワンマンライブでは、通天閣下のSTUDIO210(現在は閉館)や、笑いの殿堂としておなじみのなんばグランド花月など、地元の色濃い場所にて開催。三角公園の炊き出しや西成WAN、堀江ゴミ拾いなど、「自分の街は自分で作る」を体現しつつ、現在ニューアルバム制作中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像