特集 PR

飛ぶ鳥を落とす勢いの04 Limited Sazabys、ブレイクの裏側を訊く

飛ぶ鳥を落とす勢いの04 Limited Sazabys、ブレイクの裏側を訊く

audio-technica『Sound Reality series』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

誰にでも音楽が人生を輝かせてくれた瞬間はあるだろう。audio-technicaのイヤホン「Sound Reality series」のステートメントは、「それは、世界が輝きだす音」。音本来の豊かさを追求した本シリーズから、「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」をコンセプトに、ハイレゾ音源も再生可能な「ATH-CKR70」「ATH-CKR90」「ATH-CKR100」の3機種が、6月17日に発売された。

今回CINRAでは、04 Limited SazabysのフロントマンであるGENに、これまで歩んできた道を振り返ってもらい、バンドが輝きだすまでのストーリーを語ってもらった。今やリリースする作品はオリコントップ10に必ず入り、フェスに出場すると入場規制がかかることも多数というほど人気を集める彼らだが、結成から現在に至るまでの道のりは決して平坦ではなく、様々な悔しさを乗り越えてきたという。電気を止められるほど売れない時代を経て、地元・名古屋でフェスを主催するまでのストーリーとは?

みんなを輝かせてるというよりは、いまだに音楽の力で自分が輝かせてもらってると思っています。

―GENさんは、小さい頃から歌うことが得意だったんですか?

GEN:得意どころか、自分の声は変だと思ってたんです。小学生の頃にテープレコーダーで自分の声を録ったことがあったんですけど、自分ではいい声を出してるつもりなのに、全然かっこよくないと思って。でも、MONKEY MAJIKの“fly”という曲をカラオケで歌うと、いつも友達が絶賛してくれて、それがすごく嬉しかったんですよね。それも音楽をやるきっかけになっているのかもしれないです。

GEN
GEN

―他にバンドをやるきっかけとなったことは?

GEN:いちばん大きなきっかけは、ハイスタ(Hi-STANDARD)のビデオを見たことでした。『ATTACK FROM THE FAR EAST』(1996年発売)という、ハイスタが海外でツアーをやってはしゃいでる映像を見たときに、「すごく楽しそう!」と思って、自分でも無性にやりたくなったんです。高校生の頃にハイスタのコピーバンドをやったのが、初めて組んだバンドでした。

―バンドをやるようになって、音楽に自分の人生を輝かせてもらう側から、自分が聴く人を輝かせる側になったわけじゃないですか。立場が変わったことで、GENさんにとっての音楽の価値って、何か変わりましたか?

GEN:いまだに音楽の力で輝かせてもらってると思っているので、みんなを輝かせてるというよりは、自分が輝くために曲を書いてるのかなと思います。音楽の力でステージに立って、音楽のおかげで自分をかっこよく見せられてるのかなって。ただ、自分の主観で書いてる曲に共感してもらえたり、「救われました」と言ってくれる方がいるので、それはこれ以上ないほど嬉しいです。

ライブをやっても、やればやるほど赤字が膨らむという生活でした。

―04 Limited Sazabys(以下、フォーリミ)を結成したのは2008年ですよね。いまの人気に辿りつくまで、8年かかっている。

GEN:そうですね。お客さんが全然増えない時期も長かったです。最初は英詞でやってたんですけど、日本語で書くようになったのが、大きな転換期だったと思います。

04 Limited Sazabys
04 Limited Sazabys

―日本語で歌うようになったのは、“Now here, No where”(2013年5月発表、2ndミニアルバム『sonor』収録)からですね。

GEN:はい。それまで書いていた英詞は、ハイスタとかBRAHMANとかから影響された歌詞でしかなかったと思うんですよ。でも、“Now here, No where”で、自分の内省的なものを抽象的な言葉で書いたら受け入れられて、こういう表現の仕方もアリなんだなと思ったんですよね。

―日本語の表現をやり始めてから、動員も伸びるように?

GEN:そうですね。『sonor』を出すまでは、全然鳴かず飛ばずで、ただただライブをする生活だったんです。お金が本当になくて、よく家の電気も止まってました。電力会社に連絡するにも、携帯の充電もできないから、お店でコンセントを借りたりして(笑)。

―それでもバンドをやめようとは思わなかった?

GEN:けっこう辛かったはずなんですけど、やめようとは思わなかったですね。「おかしいなぁ、なんでみんな気付いてくんないんだろうなぁ」と思ってました。僕にしか書けない曲を書いてるつもりなんだけど、なんで明日のメシ代にもならないんだろうって。ライブをやっても、交通費のほうがかかるわけで、やればやるほど赤字が膨らむという生活でしたね。

Page 1
次へ

製品情報

『ATH-CKR70』
『ATH-CKR70』

価格:オープン価格

『ATH-CKR90』
『ATH-CKR90』

価格:オープン価格

『ATH-CKR100』
『ATH-CKR100』

価格:オープン価格

キャンペーン情報

『ATH-CKR90』
『Sound Reality series 輝きアップキャンペーン』

キャンペーン期間:2016年6月17日(金)~7月31日(日)
賞品・当選者数:
賞品1【輝く旅で自分を磨く!】JTB旅行券5万円分 3名様
賞品2【輝く音をとことん堪能する!】ハイレゾプレイヤーFiiO X7+e-onkyo musicハイレゾプリペイドカード5,000円分 3名様
賞品3【輝く星をいつでも楽しむ!】家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic」 10名様

応募方法:
1. 全国の家電量販店店頭、その他オーディオテクニカ製品取扱い店舗へ来店
2. 売り場に設置されたキャンペーンチラシ等のQRコードを読み込み、動画を視聴
3. 応募フォームに必要事項を記入し、送信して応募完了

リリース情報

04 Limited Sazabys『AIM』
04 Limited Sazabys
『AIM』(CD)

2016年6月1日(水)発売
価格:1,296円(税込)
COCA-17127

1. climb
2. fog
3. cubic
4. Give me

イベント情報

『04 Limited Sazabys「eureka tour 2016」』

2016年9月20日(火)
会場:千葉県 LOOK

2016年9月22日(木・祝)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2016年9月24日(土)
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK宇都宮

2016年9月25日(日)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2016年9月28日(水)
会場:神奈川県 F.A.D YOKOHAMA

2016年9月30日(金)
会場:埼玉県 北浦和 KYARA

2016年10月6日(木)
会場:愛知県 豊橋 club KNOT

2016年10月7日(金)
会場:三重県 松阪 M'axa

2016年10月9日(日)
会場:岐阜県 CLUB-G

2016年10月10日(月・祝)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2016年10月13日(木)
会場:北海道 北見 ONION HOLL

2016年10月15日(土)
会場;北海道 旭川 CASINO DRIVE

2016年10月16日(日)
会場:北海道 帯広 MEGA STONE

2016年10月22日(土)
会場:秋田県 club SWINDLE

2016年10月23日(日)
会場:岩手県 盛岡 club change WAVE

2016年10月27日(木)
会場:富山県 Soul Power

2016年10月28日(金)
会場:石川県 Eight Hall

2016年10月30日(日)
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2016年10月31日(月)
会場:山梨県 甲府 KAZOO HALL

2016年11月2日(水)
会場:京都府 MUSE

2016年11月9日(水)
会場:滋賀県 U☆STONE

2016年11月10日(木)
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎

2016年11月12日(土)
会場:山口県 周南 RISING HALL

2016年11月13日(日)
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM

2016年11月17日(木)
会場:徳島県 club GRINDHOUSE

2016年11月19日(土)
会場:高知県 キャラバンサライ

2016年11月20日(日)
会場:愛媛県 松山 WstudioRED

2016年11月23日(水・祝)
会場:宮崎県 WEATHER KING

2016年11月24日(木)
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2016年11月26日(土)
会場:熊本県 B.9 V1

2016年11月27日(日)
会場:佐賀県 GEILS

『eureka tour 2016-2017 ~one man series~』

2016年12月7日(水)
会場:東京都 Zepp Tokyo

2016年12月9日(金)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2016年12月11日(日)
会場:北海道 Zepp SAPPORO

2016年12月16日(金)
会場:新潟県 LOTS

2017年1月7日(土)
会場:香川県 高松 オリーブホール

2017年1月13日(金)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2017年1月15日(日)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2017年1月20日(金)
会場:大阪府 なんば Hatch

2017年1月22日(日)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

プロフィール

04 Limited Sazabys
04 Limited Sazabys(ふぉー りみてっど さざびーず)

2008年名古屋にて結成された、4ピースロックバンド。インディーズでミニアルバム3枚、シングル1枚をリリース。2015年4月に1stフルアルバム『CAVU』をリリースし、メジャー進出を果たす。2016年4月2日、3日には、初のバンド主催の野外フェス『YON FES 2016』を地元・愛知県で開催し成功を収めた。Vo.GENの少年のようなハイトーンボイス。超がつくほどキャッチーなメロディー。見る者を圧倒させるステージングとやりたい放題のMCのライブは彼らの最大の持ち味でもある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)