特集 PR

FACEでグランプリを受賞した青木恵美子が、美術家になるまで

FACEでグランプリを受賞した青木恵美子が、美術家になるまで

『FACE展 2017(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』
インタビュー・テキスト
藤生新
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之

新人アーティストの評価と発表の場として2012年度に創設され、今回で5回目を迎える『FACE 2017(損保ジャパン日本興亜美術賞)』。数あるコンペティションの中で注目が集まっていることは、今回だけで902名にも及ぶ作家が出品しているという事実からも窺い知ることができるだろう。

これだけの応募作品が集まる理由は、この賞が「作品本位」の方針をはっきりと打ち立てて運営されているからだろう。毎年1000点前後の作品が集められる本展の審査では、約70点まで絞る複数回の入選審査とその約70点からさらに9点を選ぶ賞審査の機会が設けられている。審査中は作者名、年齢、性別などの情報が伏せられるので、審査員にとって評価の手がかりになる情報はまさしく「作品」のみだ。

そうした厳正な審査プロセスを経て、今回、栄えあるグランプリに選ばれたのは、幽玄とした無限の広がりを感じさせる抽象画を描く青木恵美子だった。青木に今回の受賞の喜びを聞いた。

自分がやりたいことと合っているものなのかを考えるためには、寝かせる時間がたくさん必要なんです。

―まずはグランプリの受賞、おめでとうございます。

青木:ありがとうございます。普段は手探り状態で制作を続けているので、今回のようなことがあると、挫けたり行き詰ったりしたときの心の支えになりますね。今後も日々精進して制作のモチベーションにしていきたいと思います。

青木恵美子
青木恵美子

―青木さんは普段どのように制作に向き合われているのでしょう?

青木:特別に何かを取材して、それを元に作品を作るようなことはしていなくて、日々思ったことや感じたことだったり、美術の文脈に関わりなく興味を持ったことについて調べたりして、少しずつ作品のイメージに繋げていくようにしています。なので、たとえばお花をデッサンするようなことはしていないんです。

結果的に積み重なったイメージが一つのビジョンを形づくるようになればと思って日常を過ごしてます。その時々で感じたことを大切にしていて、映画をみているときでも仕事をしているときでも、ふとしたときに思ったことや感じたことが制作に繋がっていく感覚がありますね。

青木恵美子

―日常生活の全てが制作に結びつくんですね。

青木:そうですね。だから普段クロッキー帳に何かを描くときも、形をデッサンするよりもふと出会った言葉を書くことが多いです。そのときに思ったことだったり、ある人が言っていたことや、日常生活の中で面白いなと思ったことを言葉にして書いているんです。そうした蓄積が制作に活きてくることがあるんですよ。

―言葉をある種の足がかりにして制作された作品と、その作品を言葉として表した作品タイトルは、それぞれどんな関係なんでしょうか?

青木:タイトルとコンセプトはだいたい同時に考えています。私の場合は勢いで作品を作ることはあまりなくて、じっくり考えてから作品にすることの方が多いですね。それが自分にとって本当に作品として発表すべきものなのか、自分がやりたいことと合っているものなのかを考えるためには、寝かせる時間がたくさん必要なんです。

実は正直、出品するかしないか、とても迷いました。でも自分の中の節目として、どうしてもこの作品を発表したいと思ったんです。

―青木さんの制作全体の中で、今回の受賞作品はどのように位置付けられるのでしょうか?

青木:私は今3つのシリーズの制作に取り組んでいます。自分の原点であり今も継続している「EPIPHANY(顕現)」シリーズ、反射するアクリル板を使ってその場の光や時間や空間を取り込む「PRESENCE(現前)」シリーズ、生命の無限の繋がりを表現するべく一筆一筆の集積から画面を形づくっていく「INFINITY(無限)」シリーズの3つです。

「EPIPHANY」シリーズ 『包まれて』(2010年) 970×1120mm アクリル、油彩、パステル、キャンバス
「EPIPHANY」シリーズ 『包まれて』(2010年) 970×1120mm アクリル、油彩、パステル、キャンバス

「PRESENCE」シリーズ 『PRESENCE』(2015年) 210×297mm アクリル、アクリル板、パネル
「PRESENCE」シリーズ 『PRESENCE』(2015年) 210×297mm アクリル、アクリル板、パネル

「INFINITY」シリーズ 『INFINITYBlueNo2』(2016年)100×100mm アクリル、キャンバス
「INFINITY」シリーズ 『INFINITYBlueNo2』(2016年)100×100mm アクリル、キャンバス

青木:今回の受賞作『INFINITY Red』は「INFINITY」シリーズになりますが、今までこのシリーズでは10センチ四方の小さな作品しか作っていなかったので、こんなに大きなサイズ(130.9×162.6cm)で描いたのは今回が初めてでした。「INFINITY」の原型になった過去の作品がありますが、それは花の表面的な形ではなく奥にあるものを表現しようと描いていた作品で、そこから現在の作品まではまっすぐに繋がっています。

画面に使用している赤は生命を象徴しています。この画面からは生命の繋がりを想わせるイメージを作りたいと思っていて、最終的な完成形がみえているというよりは漠然としたイメージを手がかりに制作していくような感じでしたね。実際に作ってみないとわからない部分が大きくて、手探りのあまり気力も体力も使い果たしてしまいました(笑)。

『INFINITY Red』(2017年)
『INFINITY Red』(2017年)

―制作にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

青木:通常最低でも3ヶ月はかかりますが、今回の受賞作はそれよりたくさん時間がかかりました。

―実際に完成してみて、印象はいかがでしたか?

青木:実は正直、出品するかしないか、とても迷いました。最後の最後まで葛藤していました。きっとこれから何作も作っていくうちに完成のタイミングがわかるようになるとは思うんですが、これで本当に完成なのか、これを本当に出すべきなのか、それすらも判断つかない状態だったんです。

青木恵美子

―そうした葛藤の中から出品を決意した決め手は何だったのでしょう?

青木:年齢的な節目と、自分の中の目標と、このシリーズで挑戦してみたかったからです。とくに年齢的には、2回目のハタチになるので(笑)。40歳って社会的に若手とはみなされない年齢ですし、だからといってベテランともみなされません。女性としても身体の変化があったり、周りの人の状況の変化もあったりする中で、自分の中の節目としてどうしてもこの作品を発表したいと思ったんです。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『FACE展 2017(損保ジャパン日本興亜美術賞展)』

2017年2月25日(土)~3月30日(木)
会場:東京都 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(3月20日は開館)
料金:一般600円 大学生400円
※高校生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示の方と付添の方1名、被爆者健康手帳をご提示の方は無料

プロフィール

青木恵美子(あおき えみこ)

1976年生まれ。2008年、多摩美術大学造形表現学部造形学科油画専攻卒業。2010年、多摩美術大学大学院博士前期課程油画研究領域修了。2010年、個展 ANOTHER FUNCTION「青木恵美子展」(六本木)。2010年、個展「青木恵美子展 -静かな始まり-」(ガレリア・グラフィカbis)。2010年、シェル美術賞2010 本江邦夫審査員賞(代官山ヒルサイドフォーラム)。2010年、第29回損保ジャパン美術財団 選抜奨励展(損保ジャパン東郷青児美術館)。2012年、個展「沈黙の終わりに」(藍画廊)。2012年、アーツチャレンジ2012(愛知芸術文化センター)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催