特集 PR

のんインタビュー 音楽をやらずにはいられなかった本音と喜び

のんインタビュー 音楽をやらずにはいられなかった本音と喜び

のん『スーパーヒーローになりたい』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:川浦慧、矢島由佳子

今年8月に自主レーベル「KAIWA(RE)CORD」の立ち上げを発表し、『WORLD HAPPINESS』で初ライブを行ったのんが、いよいよ本格的なデビュー作となるシングル『スーパーヒーローになりたい』を発表する。高野寛作詞作曲の表題曲に加え、カップリングにはのんが初めて自作したオリジナル曲“へーんなのっ”も収録。豪華な演奏陣を迎えつつ、ポップでロックでフレッシュな、等身大ののんが堪能できる作品になっている。

「女優」として、また「創作あーちすと」として、自由な表現を展開するのん。一連の活動は、肩書に捉われることなく、自由な環境で、「自分が楽しいと思ったことをやる」というストレートな衝動に貫かれている。音楽活動に対する第一声となったこの日の取材も、何より「音楽が楽しくてたまらない」という喜びが伝わってくるものだった。

中学生のときに友達とバンドを組んで、地元のイベントに出たりしたのが忘れられなくて。

—音楽活動は以前からいつかやりたいと思っていたそうですね?

のん:そうです。中学生のときに友達とバンドを組んで、地元のイベントに出たりしたのが忘れられなくて。で、去年から自分で曲を書き始めて、1曲できたときに、それを発表したい気持ちが湧いてきて、そこで火が点いたというか。

—中学生のときはコピーバンドだったわけですよね?

のん:コピーバンドでした。最初に組んだバンドでは“学園天国”(フィンガー5)とかをやったりして、めちゃ楽しかったです。すぐに解散しちゃったんですけど、次に組んだバンドではGO!GO!7188さんとかをやってました。かっこいいけど、ちょっと抜けてる感じがすごく好きだったんです。そのバンドも自分の中ですごく気に入ってて。みんなで試行錯誤してやる感じがあってすごく楽しかったんです。

のん
のん

—その頃から歌ってたんですか?

のん:いえ、基本的にはギター担当でした。ただ、ふたつめのバンドはベースの子がボーカルだったんですけど、ベースが難しくて歌いづらいときは歌ってました(笑)。

—それは嫌だった? それとも、楽しかった?

のん:めっちゃ楽しかったです。今聴くとめっちゃ下手くそだと思うんですけど(笑)、でもすごく楽しかった。ギターを弾くのも楽しかったんですけど、歌えることにもすごく興奮しましたね。なので、そのバンドはずっとやっていくものだと思ってたんです。高校に上がったら東京に行くのも決まってたんですけど、なぜか「ずっとこのメンバーでやっていける」って信じ込んでて……でも、離れちゃったらできるわけもなく。

—その後は女優業も忙しくなって、なかなか音楽はできていなかったけど、それがやっとできるようになったと。

のん:はい、すごく嬉しいです(笑)。

—ライブデビューは8月の『WORLD HAPPINESS』で、サディスティック・ミカ・バンドの“タイムマシンにおねがい”をカバーしました。そこで発売された『オヒロメ・パック』にはもう1曲、RCサクセションの“I LIKE YOU”のカバーも収録されていましたね。(「のん」の音楽活動が本格始動。初ライブを観て、作品も聴いた

『WORLD HAPPINESS 2017』撮影:TEAM LIGHTSOME
『WORLD HAPPINESS 2017』撮影:TEAM LIGHTSOME

『オヒロメ・パック』ジャケット
『オヒロメ・パック』ジャケット

のん:“タイムマシンにおねがい”は中学生のときに違うバンドの人たちが演奏していて、それで知ったんです。(忌野)清志郎さんに関しては、私がもともと矢野顕子さんの研究をしてたんですけど、その中で“ひとつだけ”をお二人で歌われているのを見たときに、矢野さんの研究から清志郎さんの研究に乗り換えて(笑)、RCサクセションのこともそこから知っていった感じです。

—以前から清志郎さんのモノマネをされてましたよね(笑)。

のん:矢野さんも最初は友達からおすすめされて聴き始めて、衝撃的でした。めちゃくちゃにかっこよくてパワフルで、素敵ですよね。真似したくてたくさん研究しました。出来ないんですけどね(笑)。

—何かにハマると、「研究」っていうくらいに没頭するタイプ?

のん:そうかもしれないです。好きな曲だけずっと聴いてたりするし、上京した時ギターも持ってきて、毎晩弾いてましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

のん『スーパーヒーローになりたい』
のん
『スーパーヒーローになりたい』(CD+DVD)

2017年11月22日(水)発売
価格:2,160円(税込)
KRCD-00001

[CD]
1. スーパーヒーローになりたい
2. へーんなのっ
3. I LIKE YOU
4. タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)
[DVD]
「のん、ride 音 music」
WOWOWチームが追っかけている映像を編集したレコーディング風景、リハーサル風景等々に密着したドキュメント映像。

のん『スーパーヒーローになりたい』
のん
『スーパーヒーローになりたい』(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,296円(税込)
KRCD-00002

[CD]
1. スーパーヒーローになりたい
2. へーんなのっ
3. I LIKE YOU
4. タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)

プロフィール

のん
のん

女優、創作あーちすと。1993年兵庫県生まれ。アニメ映画『この世界の片隅に』で主役すずの声を担当。同作は第90回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・テン1位、第71回毎日映画コンクールの日本映画優秀賞、第40回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞など多数の賞を受賞。様々な広告キャンペーンに起用される他、写真集『のん、呉へ。 2泊3日の旅』、ムック『創作あーちすとNON』を発売。また、音楽レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足し代表に就任するなど活動の幅を広げている。のん公式ファンクラブ『NON KNOCK』開設。詳しくはのん公式HPをご覧ください!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット