特集 PR

のんインタビュー 音楽をやらずにはいられなかった本音と喜び

のんインタビュー 音楽をやらずにはいられなかった本音と喜び

のん『スーパーヒーローになりたい』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:川浦慧、矢島由佳子

今年8月に自主レーベル「KAIWA(RE)CORD」の立ち上げを発表し、『WORLD HAPPINESS』で初ライブを行ったのんが、いよいよ本格的なデビュー作となるシングル『スーパーヒーローになりたい』を発表する。高野寛作詞作曲の表題曲に加え、カップリングにはのんが初めて自作したオリジナル曲“へーんなのっ”も収録。豪華な演奏陣を迎えつつ、ポップでロックでフレッシュな、等身大ののんが堪能できる作品になっている。

「女優」として、また「創作あーちすと」として、自由な表現を展開するのん。一連の活動は、肩書に捉われることなく、自由な環境で、「自分が楽しいと思ったことをやる」というストレートな衝動に貫かれている。音楽活動に対する第一声となったこの日の取材も、何より「音楽が楽しくてたまらない」という喜びが伝わってくるものだった。

中学生のときに友達とバンドを組んで、地元のイベントに出たりしたのが忘れられなくて。

—音楽活動は以前からいつかやりたいと思っていたそうですね?

のん:そうです。中学生のときに友達とバンドを組んで、地元のイベントに出たりしたのが忘れられなくて。で、去年から自分で曲を書き始めて、1曲できたときに、それを発表したい気持ちが湧いてきて、そこで火が点いたというか。

—中学生のときはコピーバンドだったわけですよね?

のん:コピーバンドでした。最初に組んだバンドでは“学園天国”(フィンガー5)とかをやったりして、めちゃ楽しかったです。すぐに解散しちゃったんですけど、次に組んだバンドではGO!GO!7188さんとかをやってました。かっこいいけど、ちょっと抜けてる感じがすごく好きだったんです。そのバンドも自分の中ですごく気に入ってて。みんなで試行錯誤してやる感じがあってすごく楽しかったんです。

のん
のん

—その頃から歌ってたんですか?

のん:いえ、基本的にはギター担当でした。ただ、ふたつめのバンドはベースの子がボーカルだったんですけど、ベースが難しくて歌いづらいときは歌ってました(笑)。

—それは嫌だった? それとも、楽しかった?

のん:めっちゃ楽しかったです。今聴くとめっちゃ下手くそだと思うんですけど(笑)、でもすごく楽しかった。ギターを弾くのも楽しかったんですけど、歌えることにもすごく興奮しましたね。なので、そのバンドはずっとやっていくものだと思ってたんです。高校に上がったら東京に行くのも決まってたんですけど、なぜか「ずっとこのメンバーでやっていける」って信じ込んでて……でも、離れちゃったらできるわけもなく。

—その後は女優業も忙しくなって、なかなか音楽はできていなかったけど、それがやっとできるようになったと。

のん:はい、すごく嬉しいです(笑)。

—ライブデビューは8月の『WORLD HAPPINESS』で、サディスティック・ミカ・バンドの“タイムマシンにおねがい”をカバーしました。そこで発売された『オヒロメ・パック』にはもう1曲、RCサクセションの“I LIKE YOU”のカバーも収録されていましたね。(「のん」の音楽活動が本格始動。初ライブを観て、作品も聴いた

『WORLD HAPPINESS 2017』撮影:TEAM LIGHTSOME
『WORLD HAPPINESS 2017』撮影:TEAM LIGHTSOME

『オヒロメ・パック』ジャケット
『オヒロメ・パック』ジャケット

のん:“タイムマシンにおねがい”は中学生のときに違うバンドの人たちが演奏していて、それで知ったんです。(忌野)清志郎さんに関しては、私がもともと矢野顕子さんの研究をしてたんですけど、その中で“ひとつだけ”をお二人で歌われているのを見たときに、矢野さんの研究から清志郎さんの研究に乗り換えて(笑)、RCサクセションのこともそこから知っていった感じです。

—以前から清志郎さんのモノマネをされてましたよね(笑)。

のん:矢野さんも最初は友達からおすすめされて聴き始めて、衝撃的でした。めちゃくちゃにかっこよくてパワフルで、素敵ですよね。真似したくてたくさん研究しました。出来ないんですけどね(笑)。

—何かにハマると、「研究」っていうくらいに没頭するタイプ?

のん:そうかもしれないです。好きな曲だけずっと聴いてたりするし、上京した時ギターも持ってきて、毎晩弾いてましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

のん『スーパーヒーローになりたい』
のん
『スーパーヒーローになりたい』(CD+DVD)

2017年11月22日(水)発売
価格:2,160円(税込)
KRCD-00001

[CD]
1. スーパーヒーローになりたい
2. へーんなのっ
3. I LIKE YOU
4. タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)
[DVD]
「のん、ride 音 music」
WOWOWチームが追っかけている映像を編集したレコーディング風景、リハーサル風景等々に密着したドキュメント映像。

のん『スーパーヒーローになりたい』
のん
『スーパーヒーローになりたい』(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,296円(税込)
KRCD-00002

[CD]
1. スーパーヒーローになりたい
2. へーんなのっ
3. I LIKE YOU
4. タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)

プロフィール

のん
のん

女優、創作あーちすと。1993年兵庫県生まれ。アニメ映画『この世界の片隅に』で主役すずの声を担当。同作は第90回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・テン1位、第71回毎日映画コンクールの日本映画優秀賞、第40回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞など多数の賞を受賞。様々な広告キャンペーンに起用される他、写真集『のん、呉へ。 2泊3日の旅』、ムック『創作あーちすとNON』を発売。また、音楽レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足し代表に就任するなど活動の幅を広げている。のん公式ファンクラブ『NON KNOCK』開設。詳しくはのん公式HPをご覧ください!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら