特集 PR

桐嶋ノドカの告白。歌う意味を見失った「空白の2年」とその胸中

桐嶋ノドカの告白。歌う意味を見失った「空白の2年」とその胸中

桐嶋ノドカ『言葉にしたくてできない言葉を』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

もう一度、ここまで剥き出しで、感情だけで歌を歌い切ることができてよかった。

―今回のシングル、表題曲の“言葉にしたくてできない言葉を”は、ryoさんが作詞・作曲を担当し、編曲は小林さんとryoさんのお二人が手がけていますが、桐嶋さんは、この曲をどう受け取りましたか?

桐嶋:「私の歌だ」って自然に思えました。私が普段、人になにかを伝えたくて、でも伝えられなくて、「なんだかもう、よくわからない!」って、パニックになってしまっているときに、自然とポロポロ出てきてしまう言葉たちが歌われている感覚で。

―でも、それを書いたのは桐嶋さんご自身ではなく、ryoさんなんですよね。

桐嶋:そうなんです。私が自分で歌詞を書くとしたら、絶対に使わないであろう言葉で、私が自分では絶対に書きたくない内面の部分……弱かったり、悩んでいたり、人とうまくつながっていけなかったりする、そういう弱点みたいなところが書かれているんですよ。だから、この曲を歌うたびに「もう、どうしよう! 探り当てられちまった!」みたいな感じで(笑)。

桐嶋ノドカ

桐嶋:でも、そういう歌が歌えたことが、私にとっては大きな転機になりました。この曲を歌っている間は、誰かに特別なものを見せようとしなくてもいい。ただ純粋に、素直に、歌のなかに入って、それを表現すればいい。もう一度、ここまで剥き出しで、感情だけで歌を歌い切ることができてよかったなって思います。

メロディーやサウンドの力を借れば、100%の想いを伝えることができる。それが「歌」なんだなって。

―この曲には、自分のなかに100%の形で存在している想いを、100%のままで伝えられないことのもどかしさが、すごくリアルに滲んでいますよね。

桐嶋:はい、まさにそうだと思います。絶対に言いたいことはあるんだけど、それを簡単な言葉に言い換えてしまうと、全く別のものに変わってしまう気がする……これって、私のリアルな悩みというか、現在地でもあるんです。

桐嶋ノドカ

桐嶋:自分のなかに、「想い」が丸い形で存在していたとするじゃないですか。それを人に伝えようと思うと、言葉にしなければいけない。でも、その丸い想いを「あ」とか「い」っていう形で切り抜いてしまったら、切り抜けなかった部分がないことにされてしまうような気がして、すごく嫌なんです。切り取られたあとに残ったものにも、想いはあるはずなのに、それを言葉にできないことが嫌で……。それで結局、黙っちゃう、みたいな。

―「言葉」は、人と人がコミュニケーションするうえで最も重要なツールだけど、薄めたり、軽くしてしまうものでもありますよね。

桐嶋:そうなんですよね。でも、だから私は歌を歌っているのかもしれないなって思いました。言葉にできない想いがあるから、歌を歌っている。余白の部分も、メロディーやサウンドの力を借りれば、100%の想いを伝えることができる、それが「歌」なんだなって。

今回、ryoさんと小林さんと一緒にやることによって、ずっと自分のなかにあったけど、見つけ出せていなかった新しい自分を、負担なく発見できたなって思うんです。今までは、ずっと、強い自分を見せたいと思い続けてきたから。

2015年リリースの配信シングル

「私が世界を変えたい」って思っていたんです。

―前作以降、桐嶋さんが歌を手放そうとしてしまった理由も、そこにあると思うんですよね。当時、桐嶋さんが見せようとしていた「強さ」って、どんなものだったのでしょうか?

桐嶋:……「私が世界を変えたい」って思っていたんです。私は1991年生まれなんですけど、私が生きてきた時代って、バブルがはじけて、就職氷河期があったり、リーマンショックがあったり、ずっと不景気なんですよ。

大きな地震もあったし、ずっと低迷していて、とにかくうまくいかない……そんな時代に生きていれば、人は自ずと疲弊していくじゃないですか。なんのために生きているのかわからないし、でも、不景気だからお金は欲しいし。「生きていく」っていうだけで大変な時代というか。

桐嶋ノドカ

―うん、すごくわかります。

桐嶋:そのなかで、私は歌うことの喜びを見つけることができた。「これが『生きる』ってことだ!」って答えを見つけたように思えたんですよね。だからこそ、この喜びが、もっともっと世の中に広がって、ちゃんと社会のなかで共有されるべきだと思った。だから、強くなりたかったんです。みんなの先頭に立って、旗を掲げて歩けるような人間になりたいと思っていたんですよね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

桐嶋ノドカ
『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-A
桐嶋ノドカ
『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-A(CD+Blu-ray)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,944円(税込)
KIZM-509/10

[CD]
1. 言葉にしたくてできない言葉を
2. 夜を歩いて
3. How do you feel about me ?
[Blu-ray]
・『「言葉にしたくてできない言葉を」Music Video』
・『「言葉にしたくてできない言葉を」Making of Music Video』
・『桐嶋ノドカ×爪先の宇宙 Collaboration Movie「言葉にしたくてできない言葉を」「夜を歩いて」「How do you feel about me ?」』

桐嶋ノドカ『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-B
桐嶋ノドカ
『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-B(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,296円(税込)
KICM-1816

1. 言葉にしたくてできない言葉を
2. 夜を歩いて
3. How do you feel about me ?
4. 言葉にしたくてできない言葉を -桐嶋ノドカ×小林武史 Studio Session-

プロフィール

桐嶋ノドカ
桐嶋ノドカ(きりしま のどか)

1991年5月5日生まれ。横浜出身。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサー・小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏のスタジオに通い始める。曲作りを続けながらライブハウスへ出演し始めると、音楽配信サイト「OTOTOY」が真っ先に彼女の才能に注目。2015年7月、3年という時間をかけて満を持してミニアルバム『round voice』でA-sketchよりメジャーデビュー。デビュー作には椎名林檎や東京事変などの楽曲を多数手がけてきた井上うに氏がレコーディングエンジニアとして全曲参加。彼女に対し「一耳惚れなどほとんどしないのだが、桐嶋ノドカの声にやられた。」と、圧倒的な歌声を絶賛している。2016年3月には初となるワンマンライブツアーを東名阪で開催し、全国各地からファンが集まり成功を収める。2017年11月、シングル『言葉にしたくてできない言葉を』をリリース。生命力溢れる力強さと聖母のような優しさを併せ持った唯一無二の歌声は、人の心にダイレクトに訴えかける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図