特集 PR

活況のコンテンポラリーダンスの実状は? 愛知県芸術劇場に聞く

活況のコンテンポラリーダンスの実状は? 愛知県芸術劇場に聞く

愛知県芸術劇場『DOPE』
インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之

ステージパフォーマンスに関心を向けると、コンテンポラリーダンスの活況ぶりはすぐに感じ取れるだろう。首都圏では公演数そのものが多く、近年は何人もの振付家やダンサーが演劇やミュージカルの話題作に関わり、さらに舞台を超えてアートや音楽の分野とのコラボレーションが活発に行なわれている。

けれども、映像や舞台でダンスを目にする機会が大幅に増えたことやその汎用性の高さゆえに、逆にダンスの存在感が薄まってしまう矛盾も生まれているという。そこで25年前から、国内ではあまり例のないダンス中心のプログラムを展開してきた愛知県芸術劇場のプロデューサーの唐津絵理にダンス界が抱える課題について聞いた。

(メイン画像:バットシェバ舞踊団/オハッド・ナハリン『LAST WORK - ラスト・ワーク』 撮影:南部辰雄

コンテンポラリーダンスは身近な存在になってきたと思いますが、ダンスの本質的な価値は認識されていない。

コンテンポラリーダンスの影響力は、広く深い。たとえば2012年に森山未來と満島ひかり、2015年に成河と深田恭子が主演したミュージカル『100万回生きたねこ』を演出したのは、イスラエルのコンテンポラリーダンスカンパニーを主宰する振付家のインバル・ピント&アブシャロム・ポラックだった。また、日本を代表するラッパーの環ROYは、2013年にホナガヨウコ、2016年には島地保武と、二人の優れたコンテンポラリーダンサーと異分野での共同制作を行なっている。
(特集:島地保武×環ROY かみ合わない二人が目指す「もの作り」の起源

昨年、長澤まさみの弾けっぷりが話題を呼んだアンダーアーマーのCMもコンテンポラリーダンスだし、個人的な話で恐縮だが、昨年のヘヴィロテのひとつNakamuraEmiの“大人の言うことを聞け”のPVは、全面的にコンテンポラリーダンスで構成されている。

振付はSiaのPVなどで知られるライアン・ハフィントン

振付と監督は吉開菜央

こうした近年のコンテンポラリーダンスの浸透はダンス界にとって理想的に思えるが、実際にはまだ課題は多いようだ。

唐津:たしかに、コンテンポラリーダンスは身近な存在になってきたと思いますが、ミュージックビデオでのダンス利用など、その多くが表層的で、ダンスの本質的な価値が認識されていないという現実があります。たとえば、いくら学校嫌いな子どもでも、バッハやベートーベン、ピカソやゴッホの名前ぐらいは聞いたことがありますよね? でも、バレエの中で最も有名な『白鳥の湖』を振り付けた人は誰か聞かれても、答えられる人はほとんどいないのではないでしょうか。

これは映画を見るときに監督や脚本家が意識されないことと同じで、目に見えるダンサーにしか焦点があたっていないことを意味します。残念ながら日本では、ダンスという舞台表現への理解は浅く、十分に根付いていないのです。

唐津絵理(愛知県芸術劇場シニアプロデューサー)
唐津絵理(愛知県芸術劇場シニアプロデューサー)

『白鳥の湖』を作曲したのはチャイコフスキーと答えられても、振付となると口ごもる人は圧倒的に多いだろう。

唐津:ほかにも音楽家として人気の高いストラヴィンスキーの代表作“春の祭典”は、バレエ・リュスという20世紀初頭の革新的バレエ団が舞台公演のために彼に作曲を依頼した作品です。でもバレエ作品だとは知らない方が多いんじゃないかと思います。残念ですが、それほどダンスの存在感は希薄な状況なんです。

チャイコフスキー作曲によるバレエ『白鳥の湖』

Page 1
次へ

イベント情報

『DOPE』
『DOPE』

演出・振付:平山素子
音楽監督:加藤訓子
音楽:スティーヴ・ライヒ“Drumming”
出演:
加藤訓子
平山素子

愛知公演
2018年1月26日(金)~1月28日(日)全3公演
会場:愛知県 愛知県芸術劇場
料金:一般4,000円 25歳以下2,000円 車椅子席3,200円

埼玉公演
2018年2月2日(金)~2月4日(日)全3公演
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場
料金:前売4,500円 当日5,000円 学生前売2,500円 メンバーズ4,200円

プロフィール

唐津絵理(からつ えり)

愛知県芸術劇場シニアプロデューサー。お茶の水女子大学文教育学部舞踊教育学科卒業、同大学院人文科学研究科修了。舞台活動を経て、1993年よりダンスの学芸員として愛知芸術文化センターに勤務。2014年より現職。2010年~16年『あいちトリエンナーレ』のパフォーミングアーツ部門キュレーター。大規模な国内外のバレエ&ダンス公演から実験的な共同製作まで、これまで企画した作品は100を超える。文化庁文化審議会文化政策部会委員、『第65回舞踊学会大会』実行委員長、セゾン文化財団、アサヒグループ芸術文化財団、トヨタコレオグラフィーアワード審査委員、全国舞踊コンクール審査委員等の各種委員、大学の非常勤講師等、舞台芸術や劇場の環境整備のための様々な活動を行っている。著書に『身体の知性』等。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. アニメキャラの大量の「目」が新宿駅を占拠、Netflix『アニ“目”ジャック』 1

    アニメキャラの大量の「目」が新宿駅を占拠、Netflix『アニ“目”ジャック』

  2. 官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ・フリード』今秋公開 シリーズ最終章 2

    官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ・フリード』今秋公開 シリーズ最終章

  3. スタートトゥデイ前澤友作がフランス芸術文化勲章オフィシエを受章 3

    スタートトゥデイ前澤友作がフランス芸術文化勲章オフィシエを受章

  4. 実写版『聖☆おにいさん』イエス役は松山ケンイチ、ブッダ役は染谷将太 4

    実写版『聖☆おにいさん』イエス役は松山ケンイチ、ブッダ役は染谷将太

  5. 橋本愛×門脇麦×成田凌 山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化 5

    橋本愛×門脇麦×成田凌 山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化

  6. 田中圭がご当地グルメと人妻に出会うドラマ『不倫食堂』 共演に安達祐実ら 6

    田中圭がご当地グルメと人妻に出会うドラマ『不倫食堂』 共演に安達祐実ら

  7. ウルフルケイスケがウルフルズとしての活動休止 ソロ活動に専念 7

    ウルフルケイスケがウルフルズとしての活動休止 ソロ活動に専念

  8. 星野源×ELEVENPLAY 『ドラえもん』風の空間でダンスする新曲PV公開 8

    星野源×ELEVENPLAY 『ドラえもん』風の空間でダンスする新曲PV公開

  9. のん個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』4月開催、図録やグッズも 9

    のん個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』4月開催、図録やグッズも

  10. 会田誠は今の日本を体現している? 曖昧で不明瞭な日本を描く 10

    会田誠は今の日本を体現している? 曖昧で不明瞭な日本を描く