特集 PR

電子工作ユニット「ギャル電」が企む、マジ卍なニューカルチャー

電子工作ユニット「ギャル電」が企む、マジ卍なニューカルチャー

lute株式会社
インタビュー・テキスト
中村志保
撮影:豊島望 編集:木村直大、矢島由佳子

「テンアゲ~」「バイブスやばい!」「マジ卍~」。数々のギャル語に象徴されるように、ギャルカルチャーは想像もつかないスピードで進化し続けてきた。そんな中、満を持したかのように突如現れたのが、ギャル電だ。「ギャルも電子工作する時代」をスローガンに、ギャルによるギャルのためのテクノロジーを提案する電子工作ユニットである。

きょうことまお、もちろん見た目は渋谷系ギャル。ハンダゴテ片手に「光ればモテるし~!」と、独特のユルい「バイブス」が漂っている。だが彼女たちが着ているウェアに銘打たれているのは、「技術的特異点」「感電上等」など、特攻服ばりのいい漢字(感じ)。そして二人が生み出す作品はどれもピコピコ光って、夜の街で否応なく目を引くのだ。

だが、作品といえども決してアートではないらしい。「誰にでも電子工作はできるし、ギャル電になれる!」と話す彼女たちは、電子工作×ギャルの極意を広めるべく各地でイベントを行っている。2018年2月10日には、ASICSの協力のもとスペシャルなワークショップが開かれ、「みんなで電子工作して、光って、ナイトラン!」するらしい。いままさに、「ギャル電」というカルチャーが生まれようとしている。

私たちの答えはいつでも「光ればモテる」だから。(きょうこ)

—先日公開されたASICSとのコラボビデオを見ましたが、そのユルさに衝撃を受けました(笑)。

きょうこ:私たちは普段走ったりしないんで(笑)、ASICSさんとのコラボのお話をもらった時は驚きました。電子工作とスポーツは異ジャンルだけど、私たちの答えはいつでも「光ればモテる」だから、光りながら走ったらいいかなと。何しろ「光る」ってテンションが上がるんで。

まお:光りながら走ったほうが、普通に走るよりパーティー感あっていいよね、って。

左から:きょうこ、まお
左から:きょうこ、まお

きょうこ:真面目な話もすると、ASICSさんとしては暗い夜のランニングの危険性について、もっと啓蒙したいと考えていて。再帰反射材を使ったシューズや、明るい色のウエアも出しているんですけど「もっと光れたら!」ってことで、私たちにお呼びがかかったと(笑)。

まお:2月10日のイベントでは、ワークショップで光るものを一緒に作って、ウェアラブルなものに落とし込みます。そのあとに、それを身につけて「バイブステンアゲ~」って言いながらみんなでナイトランするんです(笑)。

ギャル電が制作した光るサンバイザーやカセットテープのアクセサリー
ギャル電が制作した光るサンバイザーやカセットテープのアクセサリー

ギャル電がカスタムしたASICSのキャップ
ギャル電がカスタムしたASICSのキャップ(イベント詳細を見る

—今回のビデオもそうですが、お二人は「意識の低いプレゼン」を掲げていますよね。なぜあえて「意識の低い」をコンセプトの軸にしているのでしょうか?

きょうこ:プレゼンと聞くと「仕事だからきちんとしないと」って構えちゃうけど、心に残るプレゼンになっていれば、ちゃんとしてなくてもいいと思うんですよ。動画のように、まずは人前で言ってみることが大切。

左から:まお、きょうこ

まお:ギャルってパワーワードをめっちゃ使うから、プレゼンには向いてると思うし。

きょうこ:そうそう、ラップのパンチラインとも似てるしね。プレゼンは意識が低くてもインパクト勝負じゃないですか。今日のプレゼンはマストで勝たなくてはいけないという時に召喚される「代打プレゼンター」という職業が現れてもいいんじゃないかなと思うんです。

まお:「オリンピック招致すんぞ!」というプレゼンで「代打、ギャル電」とかね。

左から:きょうこ、まお

—そもそも、「意識の低いプレゼン」を始めたきっかけは?

きょうこ:私たちはステージで目立つことは好きなんですけど、ダンスができるわけでも曲が作れるわけでもないんです。

まお:ラップも挑戦したけどできなかったし。才能がまったくなかったですね。

きょうこ:それで、音楽的な才能がなくてもステージで輝けるのはプレゼンかも! と思って。

まお:プレゼンは、スマホやパソコンでスライドさえ作れば、誰でもできるし。画用紙だっていい。自分がアピールしたいものを書ければ、それでステージに上がれるし、みんなをアゲられる。

きょうこ:ラップも「オレら楽器ができない」っていうネガティブなところから始まって、むっちゃかっこいいものになったじゃないですか。

まお:私たちの場合、楽器もラップもできなくて、その「できなさ」が煮詰まった結果、「プレゼン」になった(笑)。

きょうこ:頭が良くなくてもみんなをアゲられるプレゼンの方法、フォーマットをヒップホップのように発明したらいいじゃんって。それが「意識の低いプレゼン」の始まりです。

Page 1
次へ

イベント情報

『ギャル電 presents ランニングをアップデート~電子工作でもっと輝けナイトラン~』

2018年2月10日(土)
会場:東京都 アシックス原宿フラッグシップ

※応募受付期間:2月7日(水)19:00まで
※当日のイベントの模様はFacebook / Twitter / Instagram「#ランニングをアプデ」をチェック

プロフィール

ギャル電(ぎゃるでん)

現役女子大生ギャルのまおと元ポールダンサーのきょうこによる電子工作ユニット。「デコトラキャップ」「会いたくて震えちゃうデバイス」などギャルとパリピにモテるテクノロジーを生み出し続けている。夢はドンキでアルドゥイーノが買える未来がくること。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと