特集 PR

Have a Nice Day!浅見が語る失意の2年間、そして逆襲のプラン

Have a Nice Day!浅見が語る失意の2年間、そして逆襲のプラン

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:タイコウクニヨシ 編集:山元翔一、柏井万作

Have a Nice Day!がCAMPFIREを使って新作『Dystopia Romance 3.0』をリリースし、その売り上げを資金に、5月1日にZepp DiverCityでフリーライブを開催する。2015年にもまだ黎明期にあったクラウドファンディングを積極的に活用するなど、以前からインターネットをアイデンティティーとしてきた彼ら。あれから約2年が経過し、アーティストとインターネットの関係性はどのように変化したのだろうか?

また、彼らはこの2年で確実に「拡張」を続け、東京から地方へ活動範囲を広げるなど、確かな前進をしてきた。しかし、浅見北斗は今回のプロジェクトにあたり、「悲しいことにオレが思い描いた素晴らしいことは起きなかったよ。そして今後もそれが起きることはないだろう、ということがオレにも分かってきた」とコメントしている。この発言の真意を訊くところから、今回の取材はスタートした。

2年前とは違う、もっと重たい……リミットみたいなものがある気がして。

—Have a Nice Day!(以下、ハバナイ)の今回のプロジェクトにあたってのコメントには、ある種の諦念を感じさせる発言もありました。この2年の変化、そしてバンドの現状を、浅見さんはどのように捉えているのでしょうか?

浅見:ライブなどの活動を通してメンバーとは同じ風景を共有し続けてきたし、バンド自体は揺るぎなくなったけど、活動としてはかなりハードで、鬱屈とした時期がずっと続いた2年間だったかな。ひたすら「開けていかないなぁ」っていう感覚があって……だからこそ、今回のプロジェクトによって、この2年でやってきたことが上手く開花してくれたらと切実に思ってるよ。

浅見北斗(Have a Nice Day!)
浅見北斗(Have a Nice Day!)

—2年前にプロジェクトを行なった際は、近しい人たちが注目されはじめる一方、自分たちは同じようにはいかず、何かアクションを起こす必要があったとおっしゃっていましたよね。つまり、今回も「上手くいっていない」という想いが背景にある?

浅見:上手くいっていないというか……前回のプロジェクトでLIQUIDROOMをやったときは、「自分たちがあまり評価されてないんじゃないか」っていう、周りのヤツと比較しての焦りみたいなシンプルな想いだったんだけどね。でも今はそのときとは違う、もっと重たい……限界というか、リミットみたいなものがある気がして。

—でも、2017年は5月に渋谷CLUB QUATTROでのワンマン、7月には大森靖子さんとの2マンがTSUTAYA O-EASTでありましたし、地方にも進出したり、間違いなく前進した1年だったと思うんですよね。

浅見:いやむしろ、そうやっていろいろなことをやっていくなかで、だんだん選択肢が削ぎ落ちていく感覚というか。一度やってみて「これは違うな」ってわかると、やれることの幅は狭まっていくから、正直自分のなかで広がっている感じは全然しなくて。むしろ、奥のほうにどんどんはまっていく感覚のほうが強かったかもしれない。

浅見北斗

—なるほど。では、12月に主催イベント『SCUM PARK』をひさびさに再開するのはどういう意図でしょう? 新宿LOFTのバーラウンジ、下北沢THREEを経て、間も無くYokohama Bay Hallで大規模に行なわれますね(取材は12月中旬のイベント開催前に行なわれた)。

浅見:最近まで、こういうアンダーグラウンドな感覚のイベントはもうやらなくてもいいかなって思ってたんだけど、やっぱり『SCUM PARK』みたいなものがないと、自分たちの活動の説明がつかなくて。

—この2年で活動規模が大きくなって、ハバナイという名前だけが一人歩きしちゃって、本質が見えにくくなってしまったというか。

浅見:一般的には活動が拡張していくにつれて、『SCUM PARK』のような雑然とした部分を切り捨てることが必要だと思うんだけど、ハバナイにそれはできないみたいだね。ハバナイのライブってステージだけじゃなく、フロアに強烈なモッシュピットがあって、同時に『SCUM PARK』みたいなイベントで、いろんな人や音楽が交わる瞬間を作ってないと、我々の歪なアイデンティティーの説明がつかないんだよ。

Have a Nice Day!を中心とする、バンドとアイドルが入り乱れたシーンを追ったドキュメンタリー『モッシュピット』(2016年)より
Page 1
次へ

プロジェクト情報

Have a Nice Day! その矛盾に満ちたリリースとパーティーをつなぐ方法

リリース情報

Have a Nice Day!
『Dystopia Romance 3.0』

2018年1月12日(金)から配信リリース

1. Everything,Everything,Everything
2. Riot Girl (mix by CRZKNY)
3. Fantastic Drag feat.大森靖子
4. マーベラス

イベント情報

『SCUM PARK』

2018年1月19日(金)
場所:東京都 代官山UNIT
出演:
Have a Nice Day!
GEZAN
CRZKNY
imai
Omega f2;k
KEITA KAWAKAMI
DJののの
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

2018年2月3日(土)
会場:大阪府 心斎橋 CONPASS
出演:
Have a Nice Day!
D.J.Fulltono
股下89
おとぼけビ~バ~
ALTZ
TECHNOMAN
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

2018年3月31日(土)
会場:東京都 新宿LOFT
出演:
Have a Nice Day!
and more
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)
※オールナイト公演

『Dystopia Romance 3.0リリースパーティー Have a Nice Day! ONE MAN SHOW』

2018年5月1日(火)
会場:東京都 お台場 Zepp Diver City
料金:無料(ドリンク別)

プロフィール

Have a Nice Day!(はぶ あ ないす でー)

リーダーの浅見北斗を中心に、2011年頃より活動するジャンクディスコバンド。ウネるシンセ、太いベースを軸としたサウンドが魅力。2012年にオモチレコードより『BLACK EMMANUELLE EP』2013年に『welcome 2 SCUM PARK』を発表。新宿LOFTを中心に開催されていた『SCUM PARK』の中心的バンドとして、NATURE DANGER GANGらとともに東京アンダーグラウンドシーンで注目を浴びる。2015年4月にはおやすみホログラムとのコラボ作『エメラルド』、Limited Express (has gone?)とのコラボ作『Heaven Discharge Hells Delight』をリリース。2015年11月18日には会場限定3rdアルバム『Dystopia Romance』のリリースパーティーをクラウドファンディングで一般から出資を募り恵比寿LIQUIDROOMでの開催にこぎつけ満員御礼、大成功を収めた。2017年1月、CAMPFIREを活用し『Dystopia Romance 3.0』をリリース。その売り上げを資金に、5月1日にZepp DiverCityでフリーライブを開催することを発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談