特集 PR

The Wisely Brothersと下北沢散歩。新しい世界に恋焦がれる三人

The Wisely Brothersと下北沢散歩。新しい世界に恋焦がれる三人

The Wisely Brothers『YAK』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:馬込将充 編集:川浦慧、矢島由佳子

音楽という巨大な海に、三人の女性が飛び込んでいく。その先になにが待ち受けているかはわからないけれど、表情に恐れはない。だって彼女たちは、その先で出会える新しい世界と新しい自分に、恋焦がれているから。

The Wisely Brothersが、1stフルアルバムにしてメジャーデビュー作『YAK』を完成させた。常に揺れ動き、常に変わっていくThe Wisely Brothersの三人そのもののように、リズムはコロコロと変わり、メロディーはもっと外へ、もっと遠くへと伸びていく――そんな、流動する11の楽曲の連なり。去年の『HEMMING EP』に引き続き、11曲中9曲でプロデュースを担当したGREAT3の片寄明人は、ときとして溢れすぎて零れ出してしまいそうな彼女たちの音に宿る可能性を、見事に受け止めている。

この素晴らしいアルバムのリリースを祝し、今回はThe Wisely Brothersと縁の深い街・下北沢を、メンバーと共に探訪し、バンドの源泉に迫る話を聞いた。さらに、記事の中盤には『YAK』のアートワークにちなんで、三人による切り絵タイムも。盛りだくさんのThe Wisely Brothers徹底解剖記事、楽しんでください。

下北沢って、温かいけど、それだけじゃない、というか。(渡辺)

—今日は、The Wisely Brothers(以下、ワイズリー)のみなさんと一緒に下北沢にやってきました! ワイズリーにとって、下北沢は縁の深い街だということで。

真舘(Vo,Gt):そうですね。高校1年生の頃にバンド活動を始めてから、練習はずっと下北沢でやってきたし、私はアルバイトも下北沢でやっていたんです。

和久利(Ba):地方でライブをやったあとに、下北沢のいつも練習しているスタジオに行くと、「あ、また日常が始まるな」っていう気持ちになります。

—他の街と下北沢は、どんな部分が違うと思いますか?

渡辺(Dr):下北沢って、温かいけど、それだけじゃない、というか。温度感が独特なんですよね。他の街で感じることを、下北沢では感じなかったりしない?

和久利:わかる。みんなが自分の目的や自分の「楽しい」をもって、この街に来ている気がするから、渋谷や池袋を歩いているときより、周りの人のことが気にならないんだよね。

左から:渡辺朱音、真舘晴子、和久利泉
左から:渡辺朱音、真舘晴子、和久利泉

—今日は、そんな下北沢でワイズリーゆかりの場所を回りながら、お話を聞けたらと思います! まずは、レコードショップ&カフェバー「CITY COUNTRY CITY(以下、CCC)」。曽我部恵一さんがオーナーを務めるお店としても有名ですね。

真舘:CCCは、私が高校を卒業するちょっと前からバイトをしていたお店なんです。レコードも売っているし、ミュージシャンの人たちも来るし、ここでいろんな音楽を教えてもらいました。バンドを始めて間もない頃、「こういう国の音楽があるんだよ」ってお店でレコードを聴かせてもらって、あとで二人に教えたりして。あと、なによりご飯が美味しい!(笑) トマトソースのパスタが好きです!

CITY COUNTRY CITYでくつろぐ三人
CITY COUNTRY CITYでくつろぐ三人

渡辺:私はナポリタンが好きです!

和久利:私はペペロンチーノが好き!

—渡辺さんと和久利さんも、CCCはよく来られるんですか?

和久利:そうですね。(真舘)晴子が働いている時間に遊びに来たりもしたし、その時働いていた店員さんたちとも仲良くさせてもらって。一人で行って、話したいだけ話して帰ったりするんですよ。晴子のバイト先だけど、勝手に自分たちの居場所にもしちゃっていた気がします(笑)。

渡辺:カウンター席に座って、キッチンからご飯を作る音が聞こえてきて、自分がコーヒーの氷をかき混ぜる音も聞こえて、すごくいい音楽が聴こえてきて……そういう落ち着いた時間を過ごせる場所があるのは、大きいことだなって思います。

真舘晴子

店内のレコードを物色
店内のレコードを物色

 

—ちなみに、ワイズリーにとって曽我部恵一さんは、どういう存在なのでしょうか?

真舘:曽我部さんとの出会いは、自分のなかで大きいです。今でも、他のミュージシャンの人たちとは違う気持ちで見てしまうんですよね。なんて言ったらいいのかわからないけど……言葉にできない気持ちが、曽我部さんに対してはあるんです。これが、いつ言葉にできるかはわからないんですけど……とにかく、本当に出会うことができてよかったと思う方です。

—曽我部さんはワイズリーのことをどう見ているんでしょう?

真舘:去年、雑誌『装苑』(文化出版局)で私たちについてコメントしてくださったんですけど、その文章を読んだとき、きっと曽我部さんは、私たちがいろんな経験を積みながら自分たちの音楽に向かっている、その道のりを感じとってくださっているんだろうなと思って、すごく嬉しかったんですよね。

それぞれが気になったレコードを持って
それぞれが気になったレコードを持って

Page 1
次へ

リリース情報

The Wisely Brothers『YAK』
The Wisely Brothers
『YAK』(CD)

2018年2月21日(水)発売
価格:2,800円
COCP-40274

1.グレン
2.キキララ
3.庭をでて
4.おいで
5.give me a mileage
6.彼女のこと
7.Season
8.MOUNTAINS
9.The Letter
10.マーメイド
11.マリソン

イベント情報

1st Full Album「YAK」Release Tour『YAK YAK TOUR』

2018年3月31日(土)
会場:大阪府 Live House Pangea

2018年4月1(日)
会場:愛知県 名古屋 K.Dハポン

2018年4月7日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW X

プロフィール

The Wisely Brothers
The Wisely Brothers(わいずりーぶらざーず)

真舘晴子(Gt./Vo.)、和久利泉(Ba./Cho)、渡辺朱音(Dr./Cho) 都内世田谷総合高校の軽音楽部にて結成。名付け親は真舘の父である真舘嘉浩(Manhattan Records、music.jpロゴ、夏の庭、装丁するデザイナー)。2014年 下北沢のライブハウスを中心に活動開始。2016年7月「シーサイド81」リリース。2017年11月7inchアナログ「The Letter」リリース。同月にShibuya WWWにてワンマンライブ開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で