特集 PR

Ryu Matsuyama×林響太朗 仕事ともの作りはぶっちゃけ話が大事

Ryu Matsuyama×林響太朗 仕事ともの作りはぶっちゃけ話が大事

Ryu Matsuyama『Between Night and Day』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:鈴木渉 編集:山元翔一

Ryu Matsuyamaが、5月16日リリースの1stアルバム『Between Night and Day』でメジャーデビューを果たした。デジタルクワイアなども彷彿させる繊細なサウンドプロダクション、これまで以上にシェイプアップされたダイナミックなアンサンブルもさることながら、何より本作はポップス然とした歌の求心力がグッと増しているのが印象的だ。

CINRA.NETでは、そのリリースを記念して、フロントマンのRyuと映像作家の林響太朗の対談を実施した。林は映像仕事のみならず、インスタレーションやプロジェクションマッピングなども手がけている注目の映像クリエイター。最近ではMr.Childrenのショートフィルム“here comes my love”の監督も務めた俊英は、Ryu Matsuyamaの初めてのミュージックビデオ“Thinking Better”から最新作“Footsteps”まで、すべてディレクションしている。

「まっちゃん」「響ちゃん」と呼び合う2人は、音楽家と映像作家として互いにどのような刺激を受け、そして共鳴しているのか。終始リラックスしたムードで語り合ってもらった。

響ちゃんとMVを作るのはラクなんです。ぶっちゃけた話をいっぱいできるので。(Ryu)

—最初の1本目からずっと同じ監督がミュージックビデオ(以下、MV)を撮っているバンドって珍しいですよね。

Ryu:そうですね。技術もすごいんですけど、歳が近いこともあって感覚を共有できるのは大きいです。バンドのMVを撮ってもらうようになる前に、響ちゃんの大学の卒業制作に音楽で携わったのが最初の付き合いで。

:共通の知り合いに紹介してもらって、いきなり、まっちゃんの部屋に遊びに行って(笑)。その卒業制作は、一つひとつの鍵盤に映像をプログラムしたシンセサイザーを使ったもので、そのシンセを弾くとMIDI信号が飛んでホログラムで実写の映像を投影するという作品だったんです。その恩返しも含め、Ryu Matsuyamaの“Thinking Better”のMVを作ろうという話から今に至ります。

左から:Ryu(Ryu Matsuyama)、林響太朗 / 林の卒業制作『form giving』を見る
左から:Ryu(Ryu Matsuyama)、林響太朗 / 林の卒業制作『form giving』を見る(Vimeoを開く

:ただ僕は、ずっと空間演出をしたいと思っていて。それは今も変わらなくて、映像の仕事はその足がかりになればいいなと考えているくらいなんです。「映像作家」と呼ばれるようになったのは、まっちゃんの責任というか(笑)。

Ryu:(笑)。

:ずっとVJやインスタレーションを学生時代少しやっていたこともあって、僕は今の会社(DRAWING AND MANUAL)にCGクリエイターとして入ったんですね。でも、まっちゃんと作った卒業制作を通して「こいつ実写もできるんだ」ということになって、少しずつ実写の仕事も増えていったんです。

—Ryuくんは最初から林さんの映像センスに惹かれていたわけですよね。

Ryu:そうですね。響ちゃんはプライベートで写真を撮っていて。最初はその写真の淡くて切ない感じに惹かれたんです。

—写真はフィルムですか?

:いや、デジタルです。たまにフィルムで撮ることもありますけど。

—林さんの映像はフィルムとデジタルの間をいくような感触があるなと思って。

:ずっとフィルムに対する憧れがすごくあって、それをデジタルで表現できたらいいなと思っていますね。

林が手がけたRyu Matsuyamaの1本目のMV。『Thinking Better』(2014年)収録曲

林の撮影した写真
林の撮影した写真(サイトを見る

林の撮影した写真
林の撮影した写真(サイトを見る

—Ryu Matsuyamaの音楽性はそもそも映像的ですよね。だからこそ、MVを作るうえでデリケートにならざるを得ないポイントがいっぱいあるのかなと思うんですよ。

Ryu:だから、なおさら響ちゃんとMVを作るのはラクなんです。ぶっちゃけた話をいっぱいできるので。これが違う監督さんだと自分の意見をオブラートに包まなきゃいけなかったり、大人の対応をしなきゃいけないところが出てくるんだろうなと。「それは違うと思います」ということを別の言葉で伝えようと考えている時点でダメだと思うんですよ。

—それは、クリエイティブのやり取り全般において言えることのような気がします。

Ryu:そうだと思います。響ちゃんとはお互い「ダメ」とか「違う」って普通に言えるので、いい関係を築けているなと。

Ryu(Ryu Matsuyama)

Page 1
次へ

リリース情報

『Between Night and Day』
Ryu Matsuyama
『Between Night and Day』

2018年5月16日(水)発売
価格:2,430円(税込)
VPCC-86168

1. Window
2. Footsteps
3. City
4. That Mad Rad Tale
5. Istante
6. Take a Piece
7. Simply, Something
8. Return to Dust
9. Landscapes

イベント情報

『「Between Night and Day」リリース記念インストア・イベント』

2018年6月16日(土)
場所:タワーレコード新宿店 7F イベントスペース
※ミニライブ&サイン会を実施

『Ryu Matsuyama TOUR “Afterglow”』

2018年10月13日(土)
会場:大阪府  アメリカ村CLAPPER
2018年10月14日(日)
会場:愛知県 名古屋JAMMIN'
2018年10月20日(土)
会場:北海道 札幌PROVO
2018年10月27日(土)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
2018年11月18日(日)
会場:宮城県 仙台retro Back Page
2018年12月7日(金)
会場:東京都 渋谷TSUTAYA O-WEST

プロフィール

Ryu Matsuyama
Ryu Matsuyama(りゅう まつやま)

ピアノスリーピースバンド。イタリア生まれイタリア育ちの Ryu(Pf,Vo)が2012年に「Ryu Matsuyama」としてバンド活動をスタート。2014年、結成当初からのメンバーであるTsuru(Ba)にJackson(Dr)を加え現メンバーとなる。2014年に1stミニアルバム『Thinking Better』を自主制作し、ライブ会場、iTunesで販売。2015年にはタワーレコードレーベルより2ndミニアルバム『Grow from the ground』をリリース。2017年5月17日、ミニアルバム『Leave, slowly』を発表。2018年5月、アルバム『Between Night and Day』をVapよりリリースし、メジャーデビューを果たす。

林響太朗(はやし きょうたろう)

1989年東京都生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科を卒業後、DRAWING AND MANUALに参加。先端テクノロジーとストーリーテリングを絶妙にマッチングさせ、放送、ネット、展示映像など横断的に企画・演出を行う。主な仕事に、Mr.Children、CHAI、MONDO GROSSO、あいみょん、Ryu Matsuyama、Nabowa、The Wisely Brothers、TVCMに英会話Gaba、コンセプトムービーではソニー、トヨタ、アディダス、資生堂、ワコール、ブリヂストン、JTB、Visaなど。展示映像ではヴェネツィア・ビエンナーレ2016 日本館などの監修。撮影監督として PUMA Suede for spoken words project、CGアーティストとして132 5. ISSEY MIYAKEなどを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催