特集 PR

ベランパレードが歌で救おうとする、痛々しくて苦しい過去の自分

ベランパレードが歌で救おうとする、痛々しくて苦しい過去の自分

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌、川浦慧

自分にとって「ロックバンド」とはどんな存在だったのか、考えてみる。10代の頃聴いていた銀杏BOYZやTHE HIGH-LOWSは、「世界に期待するな。自分に期待してみろ」と語りかけてくるようだった。その温かい音の中で、僕は安心してひとりぼっちでいることができた。たまに、あの頃の自分に言ってやりたくなる。「安心しろ。お前はこれからたくさん変わっていけるし、なにも変わらないから」と。

宮崎県在住の4ピースロックバンド、ベランパレードが、ミニアルバム『スクラップ イン マイ ルーム』を9月19日にリリースした。ギター、ベース、ドラムが見事なバランス感覚で配置されたアンサンブルの上で、フロントマン・歌王子あびが綴る、細やかな本音や、優しくて美しい嘘が歌われるロックアルバムだ。ジャケットのイラストは、GOING STEADY『童貞ソー・ヤング』のジャケットでも知られる漫画家、古泉智浩が手掛けている。今、この時代に狂おしいほどにロックバンドであろうとする4人に話を聞いた。

「お前みたいなボンクラでも、なんかできるだろ」って言ってくれているようにも思えました。(あび)

—ロックバンドに興味を持った理由から聞かせてもらえますか?

あび(Vo,Gt):自分には、昔から趣味も特技も目標もなにもなくて。でも、「夢はなに?」って訊かれて「特にないです」って答えると、「それ、マズいでしょ」とか言われるんですよね。そのたびに「夢がないとマズいのか?」って思ってたんですけど……。

でも、ロックバンドに出会って初めて「これだったら僕にもできるかもしれないし、やりたいかもしれない」って思えたんですよ。なので、世の中にあるものでバンドが一番好きですね。

左から:Kota Kamimura、歌王子あび、ゆりえちゃん、モッコリ
左から:Kota Kamimura、歌王子あび、ゆりえちゃん、モッコリ

—特に影響を受けたロックバンドはなんですか?

あび:高校生の頃一番聴いていたのは、ガガガSPですね。あと、メガマサヒデとか、銀杏BOYZ。青春パンクブームの中でも、「青春パンク」と呼ばれることを嫌い続けた人たちにハマりました。みんな、ひねくれてるなぁって。「お前みたいなボンクラでも、なんかできるだろ」って言ってくれているようにも思えました。

—ベランパレードって、世代的には青春パンクのムーブメントって、そこまでリアルタイムではないですよね? 銀杏BOYZやガガガSP、メガマサヒデさんが頻繁に一緒にライブをやっていた頃も、まだ中学生くらいだったと思うし。

歌王子あび
歌王子あび

あび:完全に後追いの世代です。いまだに銀杏BOYZのライブは観たことないですし。でも、リアルタイムの空気を知らずに育ったぶん、人一倍憧れも強いと思うんですよね。いくらでもやりたいし、いくらでも感動したいっていう気持ちはめちゃくちゃ持っているかもしれないです。

隙があるもの、歪なもの、温もりがあるものに惹かれるんですよね。可愛い女の子の、かかとが固かったりするとグッとくる、みたいな。(あび)

—どうやって銀杏BOYZやガガガSPに出会ったんですか?

あび:高校時代、いつも学校の廊下で、めちゃくちゃデカい声で銀杏BOYZの“青春時代”を歌っている破天荒な同級生がいたんです。僕はずっと“青春時代”はそいつが作った曲だと思って、めっちゃ尊敬していて……。

—ははははは(笑)。

あび:僕は引っ込み思案だったし、最初は全然話しかけられなかったんですよ。でも、<僕はなにかやらかしてみたい>なんて歌っているのを見て、「なんてかっこいいんだ! こいつは天才だ!」って思っていて。で、高校3年生のときに勇気を出して話しかけたら、銀杏BOYZのアルバムを貸してくれたんですよね。1曲目の“日本人”の歌い出しが始まった瞬間に、部屋の中で「うおぉぉぉぉ!」ってなりました。

—で、いつも廊下で聴いていた“青春時代”を誰が作ったかも知ったわけですね。

あび:そうですね(笑)。そいつに向けていたリスペクトが全部、バンドのほうにいきました(笑)。

—(笑)。あびさんの、銀杏BOYZやガガガSPに惹かれていった感覚や、ちょっと変わった同級生に憧れを抱く感覚って、どういうところから生まれるものなんだと思いますか?

あび:小さい頃からそうだったんですけど、たとえばみんなは『仮面ライダー』とか『ウルトラマン』の最新シリーズが好きだったけど、僕はビデオを借りてきて『ミラーマン』とか『レッドバロン』を見ていたんですよね。昔のヒーローって頭も大きいし、着ているのもただのタイツだったりするじゃないですか(笑)。でも、新しいものよりこっちのほうが絶対にかっこいいと思っていたんです。

歌王子あび

—それはなぜなんでしょうね?

あび:なんでなんだろう……。隙があるもの、歪なもの……あとやっぱり、温もりがあるものが好きなのかもしれないです。めちゃくちゃ可愛い女の子の、かかとが固かったりするとグッとくる、みたいな(笑)。そういうことに惹かれるんですよね。

僕、ずっと文化祭でバンドをやっている先輩を見ても、「かっこつけていて嫌だな」って思っていたんです。でも、ガガガSPや銀杏BOYZを聴いて、自分はバンドというものを誤解していたなって思ったんですよね。ロックバンドはイケメンがキャーキャー言われるためのものだと思い込んでいたけど、本当は、『ミラーマン』と同じ類のものなのかもしれないって。

Page 1
次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。
料金:無料

推奨環境:iOS8.2以上(iPhone、iPad および iPod touch)、Android 4.3以上

リリース情報

ベランパレード『スクラップ イン マイ ルーム』
ベランパレード
『スクラップ イン マイ ルーム』

2018年9月19日(水)発売
価格:1,944円(税込)
Lucky-1006︎

1. スクラップ イン マイ ルーム
2. アイスクリーム
3. ラブレターフロム
4. わたしを海につれてって
5. 風邪のビリア
6. BOYS
7. パン

イベント情報

『「スクラップ イン マイ ルーム」リリースツアー」

2019年9月30日(日)
会場:宮崎県 SoundGarageMONSTER

2018年10月17日(水)
会場:大阪府 Live House Pangea

2018年10月26日(金)
会場:福岡県 UTERO

2018年11月17日(土)
会場:東京都 Shinjuku Live House Marble

プロフィール情報

ベランパレード
ベランパレード

2013年、夏。宮崎在住の4人が組んだロックバンド。ハッピーなのにどこか胸がギュッとなるメロディ。誰の何も分からなくなる位に、目一杯で表情豊かに歌われる言葉たち。あの日のべランダから見た景色は僕たちをどこへ連れて行ってくれるんだろう。『本当のことも嘘もごちゃまぜでそれでも笑う君と。僕は恋をしていた。』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い