特集 PR

江沼郁弥が明かす、plenty解散後に歌から逃げた自分自身との戦い

江沼郁弥が明かす、plenty解散後に歌から逃げた自分自身との戦い

江沼郁弥『♯1』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:馬込将充 編集:山元翔一

plentyの解散はあまりにも突然だった。デビューから紆余曲折あったものの、2014年に新体制を整えてからは充実期を迎え、素晴らしい作品を立て続けに発表し、ライブ会場も大きくなり続けていただけに、まさに青天の霹靂。しかし、解散発表に伴う「僕はすごく前向きな決断をしたと思っています」という江沼郁弥のコメントからは、彼がplentyというバンドをやり切ったのだという清々しさが感じられた。2017年9月16日に日比谷野外音楽堂で行われたラストライブもまた、非常に潔いステージだったことをよく覚えている。

あれから1年、江沼郁弥が初のソロアルバム『#1』を完成させた。完全セルフプロデュースで、作詞・作曲、楽器演奏、打ち込み、エンジニアリングまでをほぼ1人で完結させた、現在の江沼の等身大がそのまま刻まれた記念碑的な作品である。トラックメイキングを主体としたサウンドはR&Bやヒップホップにもリーチするもので、バンド時代とは一線を画すものの、記名性の強い歌と言葉の存在が紛れもなく江沼の作品であることを伝えている。

しかし、インタビューで江沼は解散後の一時期「歌から逃げていた」と語っている。plenty時代も含め、CINRA.NETとしては初となる取材。決して生きることに器用ではないけれど、どこまでも真摯に表現に向き合う江沼の人間性に改めて迫るとともに、彼がいかにして歌を取り戻し、新たな一歩を踏み出したのかを訊いた。

やりたいことをやるためには、自分が最も苦手なことがつきまとう。そういう矛盾が自分のもの作りには常に含まれている気がします。

—江沼さんは9月で30歳になったんですよね。なにか意識の変化はありますか?

江沼:まだ自分のなかで特に変わった感じはないですけど、事務所に入ったのが19歳とか20歳とかだったんで、周りから「え、もう30歳なの?」って驚かれることは多いです。自分自身はあんまり……どちらかというと、来たる30歳に向けて、いろんなことを考えてきたところもあったので、「これから」って感じですかね。

江沼郁弥
江沼郁弥

—ソロ活動の開始がちょうど30歳になったのは偶然だろうけど……。

江沼:でも、自分の師匠と言える人に、「あなたは30歳からだよ」って言われていたんです。なにか理由があったのかはわからないけど、ずっと言われていたので、こういうタイミングになったのは不思議だなって。

—その師匠はなにをやっている方なんですか?

江沼:今はもう通ってはいないんですけど、ボイトレの先生です。竹を割ったような性格の、すごく面白い人で。

—「歌う」とはどういうことかをその方に教わったんですか?

江沼:そうですね。テクニックというよりも、心の持ちようを。「ステージに立つというのはどういうことか」っていうメンタル的なことを教えてもらいました。

—特にどんな教えが印象に残っていますか?

江沼:「ステージに立つ人は灯台なんだ」っていうことですね。たとえば漁師さんにとっては、その光があるから無事に港に帰って来れるわけじゃないですか。だからこそ、灯台というものをありがたがる。でも、アーティストは、そういうことを意識するのではなく、遠くを見つめて、自分の光を絶やさずにいることが重要なんだって。お客さんとの距離感をそう喩えたんだと思うんですけど、「まずは自分が大事だ」って話してくれたことはよく覚えていますね。

江沼郁弥

—30歳を迎えたことにちなんでですけど、小さいころはどんな大人になっていると想像してましたか?

江沼:自分が人前に立って歌を歌っているっていうのは、小さいころは全く想像してなかったかもしれないです。今でも直ってないですけど、シャイなので、人前で話すとかとんでもないことなんですよね。今、自分が人前に立つ仕事をしているのが不思議というか……もちろん、音楽をやりたいからやっている気持ちもあるので、そこは自分のなかの矛盾なんです。やりたいことをやるためには、自分が最も苦手なことがつきまとう。そういう矛盾が自分のもの作りには常に含まれている気がします。

Page 1
次へ

リリース情報

江沼郁弥『♯1』
江沼郁弥
『♯1』

2018年11月7日(水)発売
価格:3,024円(税込)
NNF-1001

1. soul
2. karma
3. として
4. parade
5. flash back
6. クオリア
7. neoromantic
8. black swan theory
9. take my hands
10. freesia
11. どちらでもおなじこと
12. 光源

イベント情報

『LIVE ♯1』

2019年1月15日(火)
会場:愛知県 名古屋クラブクアトロ

2019年1月16日(水)
会場:大阪府 梅田クラブクアトロ

2019年1月23日(水)
会場:東京都 渋谷WWW X

2019年1月24日(木)
会場:東京都 渋谷WWW X

プロフィール

江沼郁弥
江沼郁弥(えぬま ふみや)

1988年9月24日生まれ。2017年9月、plentyを解散し、2018年9月にソロ活動を開始。2018年11月、1stアルバム『♯1』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』