インタビュー

『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

インタビュー・テキスト・撮影
柏木ゆか
編集:柏井万作

アメリカ・ニューヨークへと拠点を移し、作品制作に取り組んでいる近藤聡乃。少女や虫などが登場する幻想的なアニメーションや、油絵などを手がける現代美術作家として知られている。

現在は、日常の出来事や日々の発見を紹介するエッセイ漫画『ニューヨークで考え中』と、恋愛漫画『A子さんの恋人』を同時に連載中。2008年から滞在するニューヨークのことを「自分の活動ペースにとてもあっている」と語る近藤の自宅兼アトリエに伺い、両作品についてお話を伺った。

ニューヨークは思っていたよりものんびりしやすい

—近藤さんは、文化庁による若手芸術家に向けた支援制度「文化庁新進芸術家海外留学制度」の研修員に選ばれたことをきっかけに、ニューヨークへ活動拠点を移されたんですよね。

近藤:2008年11月から最初の1年間は文化庁の制度で留学しました。ISCPというニューヨークでの滞在制作のプログラムに参加して、油絵を描いたり、アニメーション作品の構想に取り組んでいました。その後も継続してニューヨークで活動しているので、今年でちょうど10年ですね。

近藤聡乃『染み込む花園』イラストボードに鉛筆、アクリル絵具 25.7×18.2cm 2003
近藤聡乃『染み込む花園』イラストボードに鉛筆、アクリル絵具 25.7×18.2cm 2003

近藤聡乃『KiyaKiya_painting02』キャンバスに油彩 76×102cm 2011
近藤聡乃『KiyaKiya_painting02』キャンバスに油彩 76×102cm 2011

—作家としてのキャリアのスタートは青林工藝舎の漫画誌『アックス』で漫画作品の発表ですが、その後はイラストレーション、アニメーション、油絵といった様々な形態で作品を発表されています。活動の幅が広くて本当に驚きます。ニューヨークに行こうと思ったきっかけは?

近藤:初めてニューヨークを訪れたのは、大学を出た翌年2004年のグループ展の際でした。その後も何回か展示で来た事があり、ニューヨークの雰囲気はなんとなく知っていたんです。海外で展示する機会が増えるにつれ、英語が話せない不便さを感じるようになりました。アーティストが応募できる奨学金制度もあるし、私が所属しているミヅマアートギャラリーには留学経験のあるアーティストが多かったので、アドバイスが聞けたのも大きかったです。

—ニューヨークでの活動はいかがですか? 日本に戻られない理由はあるのでしょうか。

近藤:こちらはのんびりしやすい気がします。実際は忙しいんですけど(笑)。強制的に入ってくる情報が少ないのがいいのかもしれません。

『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット

『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット
『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット

—私は今回はじめてニューヨークに来たのですが、過去に来たことがある友人達からは「夜はあまり出歩くな」「深夜の地下鉄は危ないから1人で乗るな」「強盗が出るから財布の中身は4つに分けておけ」と渡航前にアドバイスをもらいました。でも実際に歩いてみると、意外と街ゆく人はフレンドリーですね。

近藤:もちろん場所と時間、状況にもよると思いますが、今はそんなに危なくないと思いますよ(笑)。私の知り合いの旅行者はみんな気楽に過ごしていました。

Page 1
次へ

書籍情報

『A子さんの恋人(5)』
『A子さんの恋人(5)』

2018年9月15日(土)発売
著者:近藤聡乃
価格:670円(税込)
発行:KADOKAWA

『ニューヨークで考え中(2)』
『ニューヨークで考え中(2)』

2018年1月18日(月)発売
著者:近藤聡乃
価格:1,080円(税込)
発行:亜紀書房

プロフィール

近藤聡乃(こんどう あきの)

1980年千葉県生まれ。漫画家、アーティスト。2000年にマンガ家デビュー。アニメーション、ドローイング、エッセイなど多岐に渡る作品を国内外で発表している。2010年、アニメーション「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版が「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」(グッゲンハイムミュージアム)においてTop25に選出。2011年、個展「KiyaKiya」(ミヅマアートギャラリー)において、アニメーション「KiyaKiya」を発表。コミックスに『はこにわ虫』『いつものはなし』(青林工藝舎)『うさぎのヨシオ』『A子さんの恋人』1~5(以下続刊・KADOKAWA)、『ニューヨークで考え中』1~2(以下続刊・亜紀書房)、作品集『近藤聡乃作品集』(ナナロク社)、エッセイ集『不思議というには地味な話』(ナナロク社)などがある。2008年よりニューヨーク在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる