インタビュー

『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

インタビュー・テキスト・撮影
柏木ゆか
編集:柏井万作

アメリカ・ニューヨークへと拠点を移し、作品制作に取り組んでいる近藤聡乃。少女や虫などが登場する幻想的なアニメーションや、油絵などを手がける現代美術作家として知られている。

現在は、日常の出来事や日々の発見を紹介するエッセイ漫画『ニューヨークで考え中』と、恋愛漫画『A子さんの恋人』を同時に連載中。2008年から滞在するニューヨークのことを「自分の活動ペースにとてもあっている」と語る近藤の自宅兼アトリエに伺い、両作品についてお話を伺った。

ニューヨークは思っていたよりものんびりしやすい

—近藤さんは、文化庁による若手芸術家に向けた支援制度「文化庁新進芸術家海外留学制度」の研修員に選ばれたことをきっかけに、ニューヨークへ活動拠点を移されたんですよね。

近藤:2008年11月から最初の1年間は文化庁の制度で留学しました。ISCPというニューヨークでの滞在制作のプログラムに参加して、油絵を描いたり、アニメーション作品の構想に取り組んでいました。その後も継続してニューヨークで活動しているので、今年でちょうど10年ですね。

近藤聡乃『染み込む花園』イラストボードに鉛筆、アクリル絵具 25.7×18.2cm 2003
近藤聡乃『染み込む花園』イラストボードに鉛筆、アクリル絵具 25.7×18.2cm 2003

近藤聡乃『KiyaKiya_painting02』キャンバスに油彩 76×102cm 2011
近藤聡乃『KiyaKiya_painting02』キャンバスに油彩 76×102cm 2011

—作家としてのキャリアのスタートは青林工藝舎の漫画誌『アックス』で漫画作品の発表ですが、その後はイラストレーション、アニメーション、油絵といった様々な形態で作品を発表されています。活動の幅が広くて本当に驚きます。ニューヨークに行こうと思ったきっかけは?

近藤:初めてニューヨークを訪れたのは、大学を出た翌年2004年のグループ展の際でした。その後も何回か展示で来た事があり、ニューヨークの雰囲気はなんとなく知っていたんです。海外で展示する機会が増えるにつれ、英語が話せない不便さを感じるようになりました。アーティストが応募できる奨学金制度もあるし、私が所属しているミヅマアートギャラリーには留学経験のあるアーティストが多かったので、アドバイスが聞けたのも大きかったです。

—ニューヨークでの活動はいかがですか? 日本に戻られない理由はあるのでしょうか。

近藤:こちらはのんびりしやすい気がします。実際は忙しいんですけど(笑)。強制的に入ってくる情報が少ないのがいいのかもしれません。

『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット

『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット
『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット

—私は今回はじめてニューヨークに来たのですが、過去に来たことがある友人達からは「夜はあまり出歩くな」「深夜の地下鉄は危ないから1人で乗るな」「強盗が出るから財布の中身は4つに分けておけ」と渡航前にアドバイスをもらいました。でも実際に歩いてみると、意外と街ゆく人はフレンドリーですね。

近藤:もちろん場所と時間、状況にもよると思いますが、今はそんなに危なくないと思いますよ(笑)。私の知り合いの旅行者はみんな気楽に過ごしていました。

Page 1
次へ

書籍情報

『A子さんの恋人(5)』
『A子さんの恋人(5)』

2018年9月15日(土)発売
著者:近藤聡乃
価格:670円(税込)
発行:KADOKAWA

『ニューヨークで考え中(2)』
『ニューヨークで考え中(2)』

2018年1月18日(月)発売
著者:近藤聡乃
価格:1,080円(税込)
発行:亜紀書房

プロフィール

近藤聡乃(こんどう あきの)

1980年千葉県生まれ。漫画家、アーティスト。2000年にマンガ家デビュー。アニメーション、ドローイング、エッセイなど多岐に渡る作品を国内外で発表している。2010年、アニメーション「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版が「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」(グッゲンハイムミュージアム)においてTop25に選出。2011年、個展「KiyaKiya」(ミヅマアートギャラリー)において、アニメーション「KiyaKiya」を発表。コミックスに『はこにわ虫』『いつものはなし』(青林工藝舎)『うさぎのヨシオ』『A子さんの恋人』1~5(以下続刊・KADOKAWA)、『ニューヨークで考え中』1~2(以下続刊・亜紀書房)、作品集『近藤聡乃作品集』(ナナロク社)、エッセイ集『不思議というには地味な話』(ナナロク社)などがある。2008年よりニューヨーク在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー