インタビュー

『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

インタビュー・テキスト・撮影
柏木ゆか
編集:柏井万作

アメリカ・ニューヨークへと拠点を移し、作品制作に取り組んでいる近藤聡乃。少女や虫などが登場する幻想的なアニメーションや、油絵などを手がける現代美術作家として知られている。

現在は、日常の出来事や日々の発見を紹介するエッセイ漫画『ニューヨークで考え中』と、恋愛漫画『A子さんの恋人』を同時に連載中。2008年から滞在するニューヨークのことを「自分の活動ペースにとてもあっている」と語る近藤の自宅兼アトリエに伺い、両作品についてお話を伺った。

ニューヨークは思っていたよりものんびりしやすい

—近藤さんは、文化庁による若手芸術家に向けた支援制度「文化庁新進芸術家海外留学制度」の研修員に選ばれたことをきっかけに、ニューヨークへ活動拠点を移されたんですよね。

近藤:2008年11月から最初の1年間は文化庁の制度で留学しました。ISCPというニューヨークでの滞在制作のプログラムに参加して、油絵を描いたり、アニメーション作品の構想に取り組んでいました。その後も継続してニューヨークで活動しているので、今年でちょうど10年ですね。

近藤聡乃『染み込む花園』イラストボードに鉛筆、アクリル絵具 25.7×18.2cm 2003
近藤聡乃『染み込む花園』イラストボードに鉛筆、アクリル絵具 25.7×18.2cm 2003

近藤聡乃『KiyaKiya_painting02』キャンバスに油彩 76×102cm 2011
近藤聡乃『KiyaKiya_painting02』キャンバスに油彩 76×102cm 2011

—作家としてのキャリアのスタートは青林工藝舎の漫画誌『アックス』で漫画作品の発表ですが、その後はイラストレーション、アニメーション、油絵といった様々な形態で作品を発表されています。活動の幅が広くて本当に驚きます。ニューヨークに行こうと思ったきっかけは?

近藤:初めてニューヨークを訪れたのは、大学を出た翌年2004年のグループ展の際でした。その後も何回か展示で来た事があり、ニューヨークの雰囲気はなんとなく知っていたんです。海外で展示する機会が増えるにつれ、英語が話せない不便さを感じるようになりました。アーティストが応募できる奨学金制度もあるし、私が所属しているミヅマアートギャラリーには留学経験のあるアーティストが多かったので、アドバイスが聞けたのも大きかったです。

—ニューヨークでの活動はいかがですか? 日本に戻られない理由はあるのでしょうか。

近藤:こちらはのんびりしやすい気がします。実際は忙しいんですけど(笑)。強制的に入ってくる情報が少ないのがいいのかもしれません。

『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット

『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット
『A子さんの恋人 5巻』でA君とA子さんの回想シーンに登場するニューヨークのスポット

—私は今回はじめてニューヨークに来たのですが、過去に来たことがある友人達からは「夜はあまり出歩くな」「深夜の地下鉄は危ないから1人で乗るな」「強盗が出るから財布の中身は4つに分けておけ」と渡航前にアドバイスをもらいました。でも実際に歩いてみると、意外と街ゆく人はフレンドリーですね。

近藤:もちろん場所と時間、状況にもよると思いますが、今はそんなに危なくないと思いますよ(笑)。私の知り合いの旅行者はみんな気楽に過ごしていました。

Page 1
次へ

書籍情報

『A子さんの恋人(5)』
『A子さんの恋人(5)』

2018年9月15日(土)発売
著者:近藤聡乃
価格:670円(税込)
発行:KADOKAWA

『ニューヨークで考え中(2)』
『ニューヨークで考え中(2)』

2018年1月18日(月)発売
著者:近藤聡乃
価格:1,080円(税込)
発行:亜紀書房

プロフィール

近藤聡乃(こんどう あきの)

1980年千葉県生まれ。漫画家、アーティスト。2000年にマンガ家デビュー。アニメーション、ドローイング、エッセイなど多岐に渡る作品を国内外で発表している。2010年、アニメーション「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版が「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」(グッゲンハイムミュージアム)においてTop25に選出。2011年、個展「KiyaKiya」(ミヅマアートギャラリー)において、アニメーション「KiyaKiya」を発表。コミックスに『はこにわ虫』『いつものはなし』(青林工藝舎)『うさぎのヨシオ』『A子さんの恋人』1~5(以下続刊・KADOKAWA)、『ニューヨークで考え中』1~2(以下続刊・亜紀書房)、作品集『近藤聡乃作品集』(ナナロク社)、エッセイ集『不思議というには地味な話』(ナナロク社)などがある。2008年よりニューヨーク在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業