特集 PR

世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

Rei『REI』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:嶌村吉祥丸 編集:矢島由佳子
2018/11/01

『BLU』『UNO』『ORB』という3枚のミニアルバム、CDに「MUSIC BOOK」「MUSIC FILM」を付属した『CRY』『FLY』という2作品のリリースを経て、シンガーソングライター / ギタリストのReiがユニバーサルミュージックへと移籍。KenKen、ちゃんMARI、CHAIといった豪華ゲストを多数迎え、1stアルバム『REI』を発表する。

デビュー作『BLU』こそ長岡亮介がプロデュースを務めていたものの、その後はセルフプロデュースで作品を制作し、アートワークのディレクションも自ら手掛けてきた。今回の移籍にしても、自身のレーベル「Reiny Records」がユニバーサルミュージックとタッグを組むという、異例の形となる。

こうした活動の仕方からも、過去の発言からも、常に自分と向き合い、表現者としてのあるべき姿を模索し続けてきたことがわかるRei。「大きな流れでいうと、ひとつのピリオドではある」というセルフタイトル作から、改めて彼女の行動原理に迫った。

「世界が終わる前の晩を繰り返してきた」という感じですかね。

—デビューからこれまで5作品をリリースしてきて、満を持してのユニバーサルミュージックへのレーベル移籍という印象があります。

Rei:私としては、1枚目からのスタンスを変わらず貫いているつもりです。グローバルな活動も見据えてユニバーサルさんとお仕事をすることは、「仲間が増えた」という感じではあるんですけど、作品自体とは直接関係ないですね。

—修業期間を経て、「今なら次のステップに行ける」みたいな感触があったというわけでもない?

Rei:特にはないです。毎回、そのときが最後だと思って作品を作っているので。「ここに辿り着くまでのこれまで」というよりは、「世界が終わる前の晩を繰り返してきた」という感じですかね。

—作品ごとに、そのときできるすべてを注ぎ込んできたと。

Rei:「出し惜しみしない」というのはモットーです。願わくば、シリーズとして完結させたいなという願望はあって、3部作(『BLU』『UNO』『ORB』)、2部作(『CRY』『FLY』)ときて、単体の作品を出すというのは、カウントダウンのような感じがあります。なので、大きな流れでいうと、ひとつのピリオドではあるのかなと思います。

Rei
Rei

—Reiさんには以前から「自分を持ってる人だな」という印象があります。変な話ですが、20代前半のデビューだと、まだ自身のアーティスト像が形成されていなくて、「著名なプロデューサーを付けて売り出す」みたいなパターンもあると思うんです。Reiさんの場合、デビュー作の『BLU』こそ長岡亮介さん(ペトロールズ)のプロデュースだったものの、最初から自主レーベル「Reiny Records」を立ち上げていたし、2枚目以降はセルフプロデュースでやってきた。こうした姿勢の背景を、改めてお伺いしたいです。

Rei:自分の意志がはっきりしてるほうだとはあんまり思わないですけど、もしそういうふうに見えるとしたら、迷っていたり、判断できなかったりする自分を受け入れるところから始まっているのかなと思います。

「自分の意志が決定していないと、リーダーシップを取れない」みたいな、そういうつもりで作ると、音楽の中にも不自由さが生まれてくると思うんです。なので、もしかしたら、迷ったり選んだりする余地を自分に残してるからこそ、逆に前にズンズン進んでるように見えるのかなって。

—自分の意志を固めすぎることなく、むしろ柔軟であることが重要だと。

Rei:しなやかであったり、臨機応変であったりするほうが、むしろすごく芯が通って見えることもあると思うんです。この3年間の変化としては、たくさんの先輩ミュージシャンの方々とライブでセッションをする機会を通して、しなやかさを培ってきたと思います。

Rei

—長岡さんはアルバム『REI』リリース後に行われるイベント『Reiny Friday –Rei & Friends- Vol.9』のゲスト出演が決まっていて、『BLU』から一周したようにも感じます。長岡さんの活動スタンスからは、どんな学びがありましたか?

Rei:自分の音楽を無駄遣いしない、放流させないというのは、すごく見習っている部分です。たとえば、あまりにも便利な世の中だからこそ、どこでも買える音楽よりも、そこに行かないと買えない音楽のほうが希少価値がある。一生懸命作ったものを大切に聴いてほしいという気持ちから、手に入れられる場所を限定することはお手本にしました(『CRY』は限定生産された)。

—時代によって、音楽の聴かれ方は変わっていく。ただ、音楽の価値は下げない。

Rei:最近すごく思うのが、「Music is free, but music is not for free」ということで。音楽は自由ではあるけど、タダではない。クリエイターとしてのプライドもありますし、コンテンツを守りたい気持ちもあるので、どれだけ聴き方が変わっても、そこは大切にしたいと思っています。

Page 1
次へ

リリース情報

『REI』Limited Edition
Rei
『REI』Limited Edition(CD+DVD)

2018年11月7日(水)発売
価格:3,888円(税込)
UCCJ-9217

[CD]
1. BZ BZ
2. LAZY LOSER
3. My Name is Rei
4. Follow the Big Wave
5. PLANETS
6. Dreamin'
7. Silver Shoes
8. MELODY MAKER
9. Clara
10. The Reflection
11. Arabic Yamato
12. before sunrise
[DVD]
『MUSIC FILM #2 “Rei of Light”』

『REI』Standard Edition
Rei
『REI』Standard Edition(CD)

2018年11月7日(水)発売
価格:3,024円(税込)
UCCJ-2163

1. BZ BZ
2. LAZY LOSER
3. My Name is Rei
4. Follow the Big Wave
5. PLANETS
6. Dreamin'
7. Silver Shoes
8. MELODY MAKER
9. Clara
10. The Reflection
11. Arabic Yamato
12. before sunrise

イベント情報

『Reiny Friday –Rei & Friends- Vol.9』

2018年11月9日(金)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
出演:
Rei
長岡亮介(ペトロールズ)

プロフィール

Rei
Rei(れい)

兵庫県伊丹市生。卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガーソングライター/ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1st Mini Album『BLU』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SXSW Music Festival、JAVA JAZZ Festival、Les Eurockeennesなどの国内外のフェスに多数出演。2017年秋、日本人ミュージシャンでは初となる『TED NYC』でライブパフォーマンスを行った。2018年11月7日、1stアルバム『REI』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー