特集 PR

冬にわかれては「左脳を使ってない感じ」。寺尾紗穂ら3人で語る

冬にわかれては「左脳を使ってない感じ」。寺尾紗穂ら3人で語る

冬にわかれて『なんにもいらない』
インタビュー・テキスト
小田部仁
撮影:松永つぐみ 衣装協力(寺尾紗穂):spoken words project 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

寺尾紗穂、伊賀航、あだち麗三郎。この3人の音楽家の持つ、人としてのオーラのようなものは非常に近しいところがある。ただなんとなく柔らかい雰囲気で……というような陳腐な言葉では言い尽くせない、生きることに対する根本の部分のスタンスが「優しさ」というところに紐づいているように思う。他者の「孤独」や「痛み」に対して目を背けずに、そっと側にあろうとする。「冬にわかれて」の音楽には、そんなかれらの「優しさ」が純度100%で昇華されている気がする。

寺尾のソロ作のサポートを長年続けてきた、あだち・伊賀とともに「創作する場」を作りたいという思いから生まれた、今回のバンドプロジェクト。しかし、人と人とが繋がるということは、ときに予想もしなかったような結果を生み出す。

「冬にわかれて 私の春を生きなければならない」ーー寺尾が敬愛する詩人・尾崎翠の詩のタイトルをバンド名に冠した冬にわかれては、今、草木芽生え動る春を歌うことで、誰にも知られぬひそやかな「孤独」に優しくそっと手を差し伸べる。

寺尾さんの字は、スゴイですよ。ちらっと歌詞ノートを見せてもらったんだけど、1文字も読めなかった。(あだち)

—以前、寺尾さんにインタビューさせていただいて、あだちさん、伊賀さんについてお話を伺った際、おふたりとは「ウマが合う」とおっしゃっていましたよね。

寺尾(Vo,Pf):……ふふ(笑)。

あだち(Dr,Sax):いい言葉ですね。ウマ合ってますよ。

左から:伊賀航、寺尾紗穂、あだち麗三郎
左から:伊賀航、寺尾紗穂、あだち麗三郎

—あと、3人とも共通して「筆跡が適当」と。

寺尾:カチって書く人が誰もいないんだよね……でも、私と一緒にしないでほしいって思ってるでしょ(笑)。

あだち:寺尾さんの字は、スゴイですよ。最初にライブを一緒にやるってなったときに、ちらっと歌詞ノートを見せてもらったんだけど、1文字も読めなかった。だから逆に、「この人、天才なんだな」って思いました。筆跡って、その人が何を考えているのかが出るじゃないですか。読めなかったんですけど、何かがわかった気がしましたね。

伊賀(Ba):あれ見ながらライブやっているのかと思うと、ビックリするよね。

寺尾:たまに、自分でも読めないことある(笑)。

あだち:そうなのか(笑)。でも、崩して書いちゃうのは僕もわかる。頭の回転に筆が追いついてないんですよね。思いついたことを、そのまま形にできないタイムロスに、たまにイラっとすることがある。だから、字が適当になる(笑)。

寺尾:伊賀さんは、平和な字を書きますよね。

伊賀:ノソノソした感じですね。平和ですよ~。

左から:伊賀航、寺尾紗穂、あだち麗三郎
 

孤独の問題が、今、一番関心があります。ゆるやかに繋がれる場所とか関係とか、そういうものが実現した社会が私自身の夢。(寺尾)

—冬にわかれての3人からは、人として近しい何かを感じていて。お三方は今、生活のなかで大切にしなきゃと思ってらっしゃることって何かありますか?

寺尾:私は“君が誰でも”の歌詞でも書いているんですけど、どんな形でも人と人が繋がることが大事な気がしていて。

冬にわかれて“君が誰でも”を聴く(Apple Musicはこちら

—先日、吉祥寺STAR PINE'S CAFEで行われたライブでも“なんにもいらない”の前のMCで、知り合いのライターさんが孤独死されたというお話をされていて、「寂しさを内に秘めて、口に出すことができない人もいる」と仰っていましたね。そういう「孤独」への眼差しは、常に寺尾さんの創作物から感じます。

寺尾:そうですね。孤独の問題が、今、一番関心があります。ゆるやかに繋がれる場所とか関係とか、そういうものが実現した社会が私自身の夢でもある。歌で歌うだけじゃなくて、現実に同じようなことを考える人たちと何か前に進めていけないか、常に考えています。

伊賀:うーん、切実なテーマですね。僕は年もとってきたし、やっぱりこれからどうやって生活していくかってことですかね……音楽って、若い人の文化な気がしていて、若くて才能ある人もたくさん出てきていますから。その人たちの作ったものに感動する自分にも気づくし。だから……自分はどうなるんだろうなぁってのは思いますね。

寺尾:50代になったら、仕事が激減するっていう謎の思い込みがありますよね、伊賀さん。そんなこと絶対ないと思うんだけど。

伊賀:そうかな。だといいんだけどね。

伊賀航
伊賀航

あだち:僕は身体の研究もしていて、脳みその動きに今は興味があります。この間、寝ているときに家の前をバイクが通った音がして、目が覚めたんですよ。でも、急に起きたから、自分が今どこにいるのかわからなくて、だんだん、目が覚めてきて、自分のいる場所が把握できてくるにつれ、脳の一部分が働いていることに気づいたんですね。

伊賀:へぇ、面白い。

あだち:触ってわかるぐらいの感じ。で、「ここが場所を認識する脳の部位なんだな」って体感的に気づいて。じゃあ、他にもいろんな育てたい部位を刺激して育ててあげればいいかなと。今、作曲があんまりできてないから……作曲できる脳の位置を探してます(笑)。

伊賀:結果、知りたいですよね。

あだち:いい曲できて、どこが動くかわかったら教えます。

Page 1
次へ

リリース情報

『なんにもいらない』
冬にわかれて
『なんにもいらない』(CD)

2018年10月17日(水)発売
価格:3,024円(税込)
PCD-28041

1. 君の街
2. 耳をすまして
3. 白い丘
4. おかしなラストプレイ
5. 月夜の晩に
6. 冬にわかれて
7. 甘露日
8. なんにもいらない
9. 優しさの毛布でわたしは眠る
10. 君が誰でも

イベント情報

『冬にわかれて ライブ』

2019年2月4日(月)
会場:愛知県 得三

2019年3月23日(土)
会場:東京都 ROUTE89 BLDG. 1F/ROUTE BOOKS向かい工房

2019年3月24日(日)
会場:兵庫県 旧グッゲンハイム邸

2019年4月21日(日)
会場:新潟県 高田世界館

プロフィール

冬にわかれて

『楕円の夢』『たよりないもののために』など揺るぎない名盤を生み出し続け、リリース毎に作品が注目されるシンガー・ソングライター、寺尾紗穂(Vo,Pf)、細野晴臣や星野源、ハナレグミなどさまざまなアーティストのサポートを務めるベーシスト、伊賀航(Ba/lake、Old Days Tailor)、片想いの一員であり、鈴木慶一やHeiTanakaといったアーティストのサポート、その他プロデュースやレコーディングからソロ活動までこなすマルチ・プレイヤー、あだち麗三郎(Dr,Sax/あだち麗三郎と美味しい水)の3人から成るバンド、冬にわかれて。寺尾紗穂の最新アルバム『たよりないもののために』とほぼ同時にリリースされた2017年のデビュー7インチシングル「耳をすまして」(カップリングの「優しさの毛布でわたしは眠る」共に新たなミックスで本作に収録)で注目を集めた彼らがついに1stアルバムをリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」