特集 PR

Ivy to Fraudulent Gameが歌う、人間が生み出す普遍的な感動

Ivy to Fraudulent Gameが歌う、人間が生み出す普遍的な感動

Ivy to Fraudulent Game『Memento Mori』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「メメント・モリ」とは「死を想え」などと訳されるラテン語だが、この言葉を目の前にしたとき、あなたの胸には、どんな想いが駆け巡るだろうか? どんな人にも平等に訪れる、「死」。いつかやってくるその瞬間を思ったなら、次に踏み出す1歩に、あなたはどんな意志を託すだろうか?

群馬出身の4ピースバンド、Ivy to Fraudulent Game(アイヴィー・トゥ・フロウジェレント・ゲーム)の新曲“Memento Mori”は、迫真の音像と共に、そんな問いを聴き手に投げかけてくるような1曲だ。

もはや「ジャンル」という垣根など平然と飛び越えてみせる複雑で自由な音楽性や、聴き手を馬鹿にしない高度な作品性で、今、右肩上がりに認知を高めているIvy to Fraudulent Game。「新世代」という言葉がしっくりくるバンドだが、彼ら自身が音楽を通して追い求めるのは、決して「目新しさ」ではない。むしろ、彼らが追い求めるのは、音楽の「普遍性」。

どれだけ時代や音楽を取り巻く環境が変わろうが、決して変わることのないもの――音楽があなたの目の前の景色を塗り替える、その瞬間の感動を求めて、彼らは音楽を紡いでいる。大半の楽曲で詞曲を担当するバンドのブレーン・福島由也と、バンドの真ん中に立つフロントマン・寺口宣明に、その音楽にかける想いを、じっくりと語ってもらった。

自分自身のすごく根源的な感動にもとづいて今でも曲を書いているんです。(福島)

—2018年はマイナビBLITZ赤坂やZepp DiverCity Tokyoでワンマンライブを成功させ、今年3月には新木場STUDIO COASTでのワンマンを控えている……今のIvy to Fraudulent Game(以下、アイヴィー)は、右肩上がりにキャパシティーを大きくしている状況ですよね。こうしてバンドの規模感を大きくしていくことに対する野心って、そもそも持っていたものですか?

福島(Dr):いや……もちろん、音楽を始めた頃の憧れとして「大きな場所でやりたい」というのはあったと思うんですけど、僕は音楽って、お客さんも含めて、人と出会いながらやっていくものだと思っていて。それを、単純に規模感の問題と直結されると違和感はあります。

左から:福島由也、寺口宣明
左から:福島由也、寺口宣明

福島:曲を作って、伝えていくなかで、「自分たちの音楽と出会う可能性のある人たちが、絶対にいるんだ」っていう不確かな確信のようなものが自分にはあって。僕らはあくまで、そういう「人と人との出会い」のなかで、ここまでくることができたという気持ちが大きいんです。なので、結果として規模が大きくなるっていうことはあると思うんですけど、大きくなっていくことが目的っていう感じではないですね。

寺口(Vo / Gt):そうだね。もちろん「売れたい」っていう気持ちは今も持っていますけど、大きな場所でライブをやることが、イコール「幸せ」になるのかというと、そうではないというか。大きな場所でも、小さな場所でも、その場所で音楽をやる必然性があればいいと思う。

寺口宣明
寺口宣明

—福島さんが不確かな確信を抱く、「出会える可能性のある人たち」というのは、具体的な人間像のようなものがあるのでしょうか?

福島:いや、「こんな層の人たちに向けて音楽をやっている」ということではないです。それよりも、僕らの作る曲は、ふとした瞬間に、誰にでも届くような可能性があるんじゃないかと思うんですよね。

—不確かといえど、何故、そこに対する確信を持つことができるのでしょう?

福島:僕は、小学生のときに聴いた音楽への感動とか、バンドを始めた学生の頃の気持ちとか……そういう、自分自身のすごく根源的な感動にもとづいて今でも曲を書いているんです。ある特定の層に届けるために、音楽的な技術を専門的に突き詰めているわけではなくて、あくまで自分がこれまでの人生で受けてきた感覚や感動をもとに、音楽に向き合っているんですよね。

多くの人が音楽に感動するのって、技術に感動するのではないと思うんですよ。音楽を聴いて「よくわからないけど、いいな」って感じたり、「あいつの演奏めちゃくちゃ下手だけど、グッとくるな」みたいなことってありますよね?

福島由也
福島由也

—うん、ありますね。

福島:僕はそういうところに人間の感覚の普遍性があると思うし、人間のその感覚を常に大事にしたいと思っていて。音楽を作り続けていると、どうしても専門的になってしまいがちですけど、僕は、音楽でも映画でもなんでも、人がなにかに触れて、感動や感情が引き起こされるっていう体験そのものが、すごく重要な気がしているんです。その体験を自分たちの音楽で引き起こしたいんですよね。

—そのスタンスは、アイヴィーを結成してから一貫して変わらないですか?

福島:そうですね。自分が体験した感動をもとに、その感動を伝えたい、そういう体験を引き起こしたいっていう気持ちは常にあります。今回のシングル曲の“Mement Mori”は、特にこれまで以上に、「普遍性」について考えて作った曲で。

Ivy to Fraudulent Game『Mement Mori』
Ivy to Fraudulent Game『Mement Mori』(Amazonで見る
Ivy to Fraudulent Game“Mement Mori”を聴く(Apple Musicはこちら
Page 1
次へ

リリース情報

『Memento Mori』完全生産限定盤
Ivy to Fraudulent Game
『Memento Mori』完全生産限定盤(CD+DVD)

2019年1月30日(水)発売
価格:2,138円(税込)
VIZL-1508

[CD]
1.Memento Mori
2.trot
3.低迷

[DVD]
Memento Mori Recording Documentary -20181115~1118-

『Memento Mori』通常盤
Ivy to Fraudulent Game
『Memento Mori』通常盤(CD)

2019年1月30日(水)発売
価格:1,296円(税込)

1.Memento Mori
2.trot
3.低迷

イベント情報

『Ivy to Fraudulent Game "Carpe Diem" Tour』

2019年2月2日(土)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2019年2月3日(日)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2019年2月10日(日)
会場:北海道 札幌 cube garden

2019年2月16日(土)
会場:香川県 高松 DIME

2019年2月23日(土)
会場:福岡県 BEAT STATION

2019年2月24日(日)
会場:広島県 CAVE-BE

2019年3月2日(土)
会場:大阪府 BIGCAT

2019年3月3日(日)
会場:愛知県 名古屋 CLUB QUATTRO

2019年3月10日(日)
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

プロフィール

Awesome City Club
Ivy to Fraudulent Game(あいびー とぅー ふろうじぇれんと げーむ)

2010年10月に群馬県にて結成された、4人組ロックバンド。緻密なまでにフレーズを絡ませて構築し、作詞、作曲、編曲までを手がける福島由也(Dr)の世界観に、自らも作詞、作曲も行う稀代のヴォーカリスト寺口宣明(Vo/Gt)が、その歌声で縦横無尽に表現を重ねることで完成する唯一無二の楽曲群。爆発的なライヴパフォーマンスとクリエイティビティの高さに求心力が拡大中。2017年12月、ビクターエンタテインメントのレーベル“Getting Better”より1st Album“回転する”をリリースし、メジャーデビュー。その後、全国10公演の自身初のワンマンツアーを開催。2018年2月には“スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2018”に出演、ツアーファイナルのマイナビBLITZ赤坂公演では大トリを務めた。7月にワンマンライブ“Only Our Oath”をZepp DiverCity TOKYOにて開催。9月には1stシングル“Parallel”、2019年1月には2ndシングル“Memento Mori”をリリース。2月より全国ワンマンツアー”Carpe Diem” Tourを開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性