特集 PR

なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

ライブハウス「NEPO」
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

kilk recordsによる新たなライブハウス「NEPO」が、3月21日に東京・吉祥寺でグランドオープンを迎える。kilk recordsの代表である森大地は、自らのバンドTemple of Kahnでも活動しつつ、埼玉県宮原でライブハウス「ヒソミネ」やカフェ「bekkan」を運営。昨年12月までは東京都神楽坂でライブハウス「神楽音」の共同運営も行っていた人物だ。

「NEPO」は「OPEN」を逆さにした造語で、「閉鎖的な空間を開放的な空間にする」という意味がある。これはフェス文化が浸透し、サードプレイスの意義が広く知られるようになった現代において、ライブハウスという「場所」の価値を更新する試みだと言えよう。森とともにNEPOの創設メンバーとなったのは、KAGEROなどのバンドで活躍する白水悠と、LAGITAGIDAやSuiseiNoboAzで活動し、今回NEPOの店長を務める河野岳人。3人の理想とする「場所」について話を聞いた。

(NEPOでは)原点に戻ってアイデアを大事にしたい。(森)

—森さんは約6年前にヒソミネを立ち上げて、昨年は神楽音の共同運営もされていたわけですが、ライブハウスの運営を通じて、どんなことを感じられていますか?

:ヒソミネは当時としては新しかったと思うんです。異常なまでの低予算でスタートしたので、とにかくアイデアが重要。壁を白くしたり、照明をプロジェクターにしたり、分煙にしたり、お金をかけずにできることに挑戦したライブハウスでした。

ヒソミネ 撮影:ameshiba
ヒソミネ 撮影:ameshiba

白水:当時のヒソミネは破格に新しかったんじゃないですか? ただ、「ちょっと遠いな」とは思ったけど(笑)。

左から:白水悠、河野岳人、森大地。オープンに向けた作業中のNEPOにて取材を行った
左から:白水悠、河野岳人、森大地。オープンに向けた作業中のNEPOにて取材を行った

:遠いよね(笑)。ライブハウスは音楽好きな人しか来ないから、それを変えるべくヒソミネの近くでbekkanというカフェを始めて、カフェのお客さんにライブを見せたりもして。

そのあとの神楽音に関しては、ヒソミネのシステムをほぼそのまま持っていきつつ、予算も余裕があったので、スピーカーや内装にもよりこだわりました。NEPOでは原点に戻ってアイデアを大事にしたい。リストバンド(NEPOはQRコード付きのリストバンドを使ったキャッシュレスのシステムを導入)とかフェス的な開放感とか、核となるアイデアをもとにスタートする感じですね。

森大地。音楽家。Aureole / Temple of Kahn、ヴォーカル兼ソングライター。株式会社キルク代表取締役社長。2010年に音楽レーベル「kilk records」を設立。2013年には埼玉県さいたま市宮原にライブハウス「ヒソミネ」を、2016年にはカフェラウンジ「bekkan」を、2017年には神楽坂にライブハウス「神楽音」をオープン。現在は新バンド「Temple of Kahn」でギターヴォーカル兼ソングライターとして活動中。作曲家やプロデューサーとしても多数の仕事を手がけている。
森大地。音楽家。Aureole / Temple of Kahn、ヴォーカル兼ソングライター。株式会社キルク代表取締役社長。2010年に音楽レーベル「kilk records」を設立。2013年には埼玉県さいたま市宮原にライブハウス「ヒソミネ」を、2016年にはカフェラウンジ「bekkan」を、2017年には神楽坂にライブハウス「神楽音」をオープン。現在は新バンド「Temple of Kahn」でギターヴォーカル兼ソングライターとして活動中。作曲家やプロデューサーとしても多数の仕事を手がけている。
NEPO内観 撮影:垂水佳菜
NEPO内観 撮影:垂水佳菜

「フルで働けるのは残り何年だろう?」って考えていたんです。(河野)

—もともとは白水さんにライブハウス事業の話があって、結果的に森さんと一緒にやることになったそうですね。

白水:もし森さんに「やらない」って言われていたら、もっとライトにやってたか、場合によってはやってなかったかもしれないです。でも、森さんとだったら自分のセンスとも合うだろうし、ストレスなくできるだろうっていうのは、ヒソミネや神楽音を見てわかっていたことだったので。

白水悠。KAGERO、I love you Orchestraのメインコンポーザー、ベーシスト。I love you Alone名義でノイズミュージック、ilyons名義で即興アンビエントも作曲。FABTONE INC.内に自身主宰のレーベル「chemicadrive」を創設。海外アーティストとの親交も広く、NEPOの創設に伴い株式会社キルクの社外取締役に就任。
白水悠。KAGERO、I love you Orchestraのメインコンポーザー、ベーシスト。I love you Alone名義でノイズミュージック、ilyons名義で即興アンビエントも作曲。FABTONE INC.内に自身主宰のレーベル「chemicadrive」を創設。海外アーティストとの親交も広く、NEPOの創設に伴い株式会社キルクの社外取締役に就任。

—そして、店長として河野さんに声がかかったと。

河野:森さんとはもともとバンドマンとして知り合ったんですけど、ヒソミネに初めて行ってみたら、周りに本当になにもなくて、正直「よくここでライブハウスやろうと思ったな」って(笑)。でも、なかに入ったらものすごくオシャレで、その時点で森大地という人に興味が湧いたんです。そしたら今度はbekkanを作るとか言い出して、そのバイタイリティに驚きました(笑)。

白水:僕らの知ってるライブハウスの店長とかオーナーって、結構カツカツだったり、疲れて見える人が多かったからね。

河野:そうこうしてたら今度は神楽音の話が出てきて、「3つ目?」っていう(笑)。森さんがやり手なのはわかってたけど、すごい楽しそうにしながら、とんでもないバイタリティで動いてるんですよね。

—でも、まさか「4つ目」に自分が関わることになるとは、思ってもいなかったですよね? 長く勤めていた会社を辞めて、店長になることを決めたとか。

河野:15年以上勤めて、会社のなかでの自分の未来も見えてきて。そんななかで去年は仕事的にも区切りの年で、「フルで働けるのは残り何年だろう?」って考えていたんです。もっと自分の好きなことに関わる時間を増やしたいと思ったし、ちょうどそのタイミングでNEPOに誘われたので、あのときじゃなかったらどうなってたかわからないですね。

河野岳人。ベーシスト。2005年結成のマヒルノより本格的に音楽キャリアをスタート。様々なアーティストサポートを経て、現在はLAGITAGIDA / SuiseiNoboAzにて活動中。
河野岳人。ベーシスト。2005年結成のマヒルノより本格的に音楽キャリアをスタート。様々なアーティストサポートを経て、現在はLAGITAGIDA / SuiseiNoboAzにて活動中。
Page 1
次へ

イベント情報

『NEPO KICHIJOJI OPENING SERIES』

会場:東京都 NEPO

3月17日(日)
出演:LAGITAGIDA / KAGERO / Temple of Kahn

3月21日(木)
出演:SuiseiNoboAz / 快速東京 / MASS OF THE FER-MENTING DREGS

3月22日(金)
出演:Gecko&Tokage Parade / バスクのスポーツ / sundrain

3月23日(土)
出演:Piano Shift

3月24日(日)
出演:染脳ミーム

3月25日(月)
出演:marucoporoporo / 湯川潮音

3月26日(火)
出演:Luv-Enders / BARBARS

3月27日(水)
出演:H mountains / NENGU / arko lemming

3月28日(木)
出演:MINAKEKKE / 太田ひな quintet

3月29日(金)
出演:skillkills / JABBA DA FOOTBALL CLUB

3月30日(土)
出演:MUSIC FROM THE MARS / Gateballers / んoon

3月31日(日)
出演:RED EN COMRADE / I love you Orchestra Swing Style

プロフィール

森大地(もり だいち)

音楽家。Aureole/Temple of Kahn、ヴォーカル兼ソングライター。株式会社キルク代表取締役社長。2008年Nature blissよりAureoleのデビュー作『Nostaldom』を発売。2010年に音楽レーベル「kilk records」を設立。2013年には埼玉県さいたま市宮原にライブハウス「ヒソミネ」を、2016年にはカフェラウンジ「bekkan」を、2017年には神楽坂にライブハウス「神楽音」をオープン。自身の音楽活動も変わらず精力的に行なっており、現在は新バンド「Temple of Kahn」でギターヴォーカル兼ソングライターとして活動中。作曲家やプロデューサーとしても多数の仕事を手がけている。

白水悠(しろみず ゆう)

KAGERO、I love you Orchestraのメインコンポーザー、ベーシスト。I love you Alone名義でノイズミュージック、ilyons名義で即興アンビエントも作曲。FABTONE INC.内に自身主宰のレーベル「chemicadrive」を創設。海外アーティストとの親交も広く、NEPOの創設に伴い株式会社キルクの社外取締役に就任。

河野岳人(こうの たけひと)

ベーシスト。2005年結成のマヒルノより本格的に音楽キャリアをスタート。様々なアーティストサポートを経て、現在はLAGITAGIDA / SuiseiNoboAzにて活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密