特集 PR

WANIMAの「答え」とは。国民的バンドの核心と葛藤を衝く

WANIMAの「答え」とは。国民的バンドの核心と葛藤を衝く

WANIMA『Good Job!!』
インタビュー・テキスト
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:浜野カズシ 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/03/04

配信シングルとして“Drive”のリリースはあったものの、複数の新曲が一気に聴けるのは昨年1月にリリースされたアルバム『Everybody!!』以来のこと。WANIMAのニューシングルが、3月6日にリリースされる。その名も『Good Job!!』だ。

『Everybody!!』ツアーのファイナルではメットライフドーム2daysで7万人を動員し、国民的ロックバンドとしての認知もライブバンドとしての状況も、とんでもないスピードで拡大し続けているWANIMA。しかし彼らは<まだ見ぬその日まで / また逢うその日まで / まだ見ぬその日まで / 辿り着くまで>(“ANSWER”)と歌う。<このままじゃ終わりたくないから>(“アゲイン”)と走る。日々の痛みや苦しみと瞬きもせず向き合い、それを何とかして乗り越えていきたいという願いの歌であるのもブレない。2019年の一撃目にして、一切変わらぬ歌の核心が改めて伝わってくる作品なのだ。

WANIMAが今見据えるもの、WANIMAが大事に包み続けているものとは何か。3人と語り合った。

全てに向き合って納得する形に辿り着くまでやらないと、毎日全力で生きた上でライブに来てくれる人たちに響かない気がするんです。(KENTA)

ーFUJIくん、結構痩せられましたか?

FUJI(Dr,Cho):いや!! ……はい、ちょこっと痩せましたね(笑)。

ーそういうところからも、相変わらずストイックに曲を創って、全国を駆け回っているとお見受けするんですが。少し振り返ると、昨年の『Everybody!!』ツアーをメットライフドーム2daysで締め括ってからは、どういうふうに過ごしてきたんですか。

KENTA(Vo,Ba):『Everybody!!』ツアーファイナルの後は、今まで行ったことのない土地を中心にライブをしたいと思って、『1CHANCE NIGHT TOUR 2018-2019』というホールツアーを回っていて。そのツアーでみんなといろんな歌を歌う中で、また新しか曲をともに歌いたいなと思い、今回の『Good Job!!』を出すことになりました。

今回の“ANSWER”はまさに『1CHANCE NIGHT TOUR』中にできて、いろんな場所を貸し切ってお客さんたちと歌う中で、イメージが浮かんできました。ツアー中もスタジオに入って練習したり、そんな中でいろんな思いつきがあったんです。

左から:FUJI、KENTA、KO-SHIN
左から:FUJI、KENTA、KO-SHIN

ー『Everybody!!』ツアーのアリーナ編のタイミングで話を聞いた時、「お客さんだけじゃなく、3人にとってもWANIMAが還れる場所になった」という旨のことを語っていただいたのを覚えていて。そういう意味では、メットライフドーム以降のWANIMAはどんなバンドになってきたなあと思ってるんですか。

KENTA:まさに、「みんなの場所なんや」っていうのを改めて強く思ったのが今回のツアーかもしれないです。ホールツアー(全座席指定)ってこともあって、普段ライブハウスには来られない親子連れの方や、僕たちよりもひと回り年上の方もたくさん来てくれたんです。それを見ると、新しく人と出会えるのは当たり前のことじゃないなって。

改めて、WANIMAの音楽が僕らとみんなを繋いでくれてるっていう想いも濃くなった感じがします。僕らがめげそうな時、やっぱりみんなの存在が支えになりました。今回もなんとか3曲、プラス初回限定盤の1曲を創れたのも、WANIMAっていう場所で繋がれたみんなの存在によっていろんなことを乗り越えて来られたからだと思います。

ー今回乗り越えたものって、どういうものなんだと思います?

KENTA:みんなと何も変わらないことだと思います。生きてたら毎日いいことだけじゃない。曲を創るにしたって、「この曲は閃いて10分くらいでできた」みたいなことが僕らは一切ないんです。毎日いいことばっかりじゃなくても、その全てに向き合って納得する形に辿り着くまでやらないと、毎日全力で生きてライブに来てくれる人たちに何も響かない気がするんです。

たとえば“ANSWER”はまさにそうなんですけど、今の僕らの答えを提示したいと思って創ったんです。もちろんこれまでも1曲1曲に力を入れて創ってきましたけど、今回も、ずっと長く歌い続けられる3曲を創れたと思います。

左から:FUJI、KENTA、KO-SHIN

ー毎作、その時点での自分たちの答えを歌と音楽で出してきたバンドだとは思うんです。その上で、今WANIMAとしての答えを出したいと思ったのはなぜなんですか。

KENTA:自分たちは音楽で人と出会わせてもらってきたので、その人たちの気持ちに音楽で返したいって今回のツアーで改めて思ったんです。音楽に支えられてきたし、WANIMAの音楽を通じてみんなからもらったものばっかりだったので。

それに加えて、2曲目の“渚の泡沫”はシンプルに音楽として楽しんで欲しいなと思って、何も考えずに歌える曲を創りました。で、1曲目の“アゲイン”は、とにかくシンプルにドンといきました。

Page 1
次へ

リリース情報

WANIMA
『Good Job!!』初回限定盤
WANIMA
『Good Job!!』初回限定盤(2CD)

2019年3月6日(水)発売
価格:1,728円(税込)
WPCL-13028/9

[CD1]
1. アゲイン
2. 渚の泡沫
3. ANSWER

[CD2]
1. JOY(アコースティックver.)

WANIMA
『Good Job!!』通常盤(CD)

2019年3月6日(水)発売
価格:1,296円(税込)
WPCL-12993

1. アゲイン
2. 渚の泡沫
3. ANSWER

イベント情報

『WANIMA Good Job!! Release Party”梅雨知らず ほっかいどう de どうでしょう?”』

2019年6月22日(土)
会場:北海道 札幌 芸術の森野外ステージ

2019年6月23日(日)
会場:北海道 札幌 芸術の森野外ステージ

『WANIMA Good Job!! Release Party”WANIMA 天草の乱 ~「﨑津集落」世界遺産登録1周年~”』

2019年7月6日(土)
会場:熊本県 天草 本渡港 大矢崎緑地公園 特設会場

『WANIMA Good Job!! Release Party”カオス!!ギネス!?日本初!!”』

2019年7月15日(月・祝)
会場:首都圏某所 特設会場

プロフィール

>WANIMA(わにま)
WANIMA(わにま)

KENTA(Vo,Ba)、KO-SHIN(Gt,Cho)、FUJI(Dr,Cho)による、熊本県出身の3ピースロックバンド。2010年結成。2014年10月、PIZZA OF DEATH RECORDSから『Can Not Behaved!!』でデビュー。2017年5月よりunBORDEとタッグを組み、2018年1月にリリースした『Everybody!!』は35万枚を超えるセールスを記録。同作のツアーファイナルでは、メットライフドーム2daysで7万人を動員した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開