特集 PR

全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

BLUE ENCOUNT『SICK(S)』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地
撮影:ヤマダマサヒロ
2019/06/06

歌詞以上に想いの部分が曲を引っ張った感覚が強い。

―自分はどう生きていて、自分はどう在りたくて、だから言いたいことがあるっていう個の部分が、ロックバンドに限らず全部の表現の熱量、人を高ぶらせるものになっていくと思うんです。それは表現すべてに通ずると思うし、『SICK(S)』はその気持ちが疾走感と歌の熱に直結していて、だからこそ王道を感じるメロディと直球感が生まれていると思うんですよ。

田邊:本当に曝け出せたし、この6曲に自分が一番救われてる感覚がある。だから今回って、作曲始まりじゃなくて作詞始まりが多くなったんですよ。今までだったらメロディ先行だったから、そこに歌詞を入れる順番だったのね。メロディから曲を形にする前に、メロディに対して歌詞を書いて、そこから4人で曲にして。そうすると、またメロディが新しい形に変わっていくこともたくさんあって。で、新しいメロディのほうが格段にいいっていう。

田邊駿一

―歌いたい言葉と、バンド全体が本当の意味で束になれたことが、新しいメロディを呼んだっていうことですよね。

田邊:自分の作詞作曲バランスが変わってきたというか。詞ではあるんだけど、歌詞以上に想いの部分が曲を引っ張った感覚が強いんだよね。メンバーと腹割って話せて、何年も一緒にいるスタッフさんを笑わせたいと思えて――その喜びが大きいし、それによって自分らしく歌えた。ようやく、音楽を始めた時に思い描いてたBLUE ENCOUNTになれたと思ってる。

―今おっしゃった自分への肯定、どんなに痛みがあっても進むんだという意志がそのまま、“アンコール”という曲になっていると思ったんですが。このどでかいメロディを通常だと乗せないであろう2ビートになっていることも含め、ものすごい過剰さと熱量が込められていて。

田邊:まさに、ここまで話したこと、このままじゃ死ねないと思ったこと、全部が入ってる曲だと思う。サビ前の<巨大な砂漠の中で / 一つの花を探すような毎日だけど>っていう歌詞も、俺が上京する前に親父がくれた言葉なの。

―音楽の始まりの光景から歌になっているということ?

田邊:そうそう。ブルエンというバンドの人生がそのまま入っている曲なのかもしれない。“アンコール”って、こちらから鳴らさせるものじゃないけど、アンコールが鳴るような人間にならなくちゃいけない。求められないかもしれないけど、求められる人間になれるように、精一杯生きていくんだって歌えて。

田邊駿一

―そこが、この作品の心臓ですよね。

田邊:これは今回の作品の中で一番最初に書いた歌詞なんだけど、曲としては一番最後にレコーディングしたもので。だから、今回の作品のテーマがまさに“アンコール”だったの。まだ死ねないし、まだ終われない。4人ともそれだけを考えてたし、絶対に悔いのないようにメロディを作りまくったし。自分達自身と言える曲だからこそ、いろんなリズムの中で2ビートが一番合うと思ったし……この曲を歌っていて一番気持ちいいのが、なにもかもを振り切るような速さだったんだよね。メロディがバンド4人の中でよりよくなっていくことも知ったから、これからさらにいい歌を書けるんだっていう可能性も掴めたと思う。

―<悲しみと歓びの先に待ってる / 未来を見に行こう><悲しみと歓びに出会えたから 現在の僕らがいる>と歌っているじゃないですか。やればやるほど自分を疑ってしまったり、誰に求められているかを考えてさらにカオスになったり、自分の中だけでズタズタになっていくんだけど、それでも諦め切れないんだって喚きながら何度でも立ち上がる姿がブルエン自身だと思ったし、それがらしさだなって改めて思ったんです。

田邊:……もう、「伝えなきゃ」って思うことはないんだろうなと思った。ちゃんと自分の心から歌えば「伝わる」って信じるバンドになれたと思う。それがBLUE ENCOUNTなんだよね。伝えなきゃ、って考え過ぎていたから、やりたいことよりもすべきことばっかり考えてたと思うし、見られ方を気にしていたと思うし……でも、自分達自身を丁寧に表現していけば、伝わる。それを信じて、これからも歌っていきたいと思ってますね。

田邊駿一

―結局「本当の自分」って、ダサくてカッコ悪くても「これは諦め切れない」って言えてる時のことなんじゃないかって思うんですよ。それがどんなに不細工な姿だったとしても、それを言える時の気持ちを忘れちゃいけないなって思わされます。

田邊:伝わると信じているのは何かって、稚拙な言い方だけど「頑張っている姿」なんだよね。カッコつけても泥まみれでもいい。その人に合った頑張り方があるし、頑張った分の力はきっと人に伝わる。だから正解や不正解じゃなく、頑張っている人を肯定したいし、俺達も本当に必死にやるしかない。

だってさ、みんなすごい気持ちで、今見ている場所からなんとか自分の日々を操縦しているわけじゃないですか。どんなに最悪な今だって、起き上がって学校や職場に行くでしょう? それは本当にすごいことだし、俺達も必死にもがいて頑張る今を音楽にしていくしかないんだよね。

田邊駿一
BLUE ENCOUNT『SICK(S)』を聴く(Apple Musicはこちら
Page 4
前へ

リリース情報

BLUE ENCOUNT『SICK(S)』完全生産限定盤
BLUE ENCOUNT
『SICK(S)』完全生産限定盤(CD+Tシャツ、ピックキーホルダー&ステッカー)

2019年6月5日(水)発売
価格:4,500円(税込)
KSCL-3168

1. PREDATOR
2. ワンダーラスト
3. ハウリングダイバー
4. #YOLO
5. 幻聴
6. アンコール

『SICK(S)』通常盤(CD)

2019年6月5日(水)発売
価格:1,800円(税込)
KSCL-3170

1. PREDATOR
2. ワンダーラスト
3. ハウリングダイバー
4. #YOLO
5. 幻聴
6. アンコール

イベント情報

『HALL TOUR 2019 apartment of SICK(S)』

2019年6月9日(日)
会場:熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)

2019年6月21日(金)
会場:東京都 中野サンプラザホール

2019年6月28日(金)
会場:大阪府 大阪オリックス劇場

2019年7月15日(月・祝)
会場:愛知県 名古屋市公会堂 

プロフィール

BLUE ENCOUNT(ぶるー えんかうんと)

田邊駿一(Vo,Gt)、辻村勇太(Ba)、高村佳秀(Dr)、江口雄也(Gt)よる4ピースロックバンド。2004年に活動開始。2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。2015年7月に1stフルアルバム『≒』(ニアリーイコール)をリリースし、2016年10月には日本武道館公演を開催。2017年1月には2ndフルアルバム『THE END』を、2018年3月に3rdフルアルバム『VECTOR』をリリース。結成15周年となる2019年は、バンド史上初のホールツアーを開催する。

関連チケット情報

2019年6月28日(金)
BLUE ENCOUNT
会場:オリックス劇場(大阪府)
2019年7月13日(土)〜7月14日(日)
JOIN ALIVE
会場:いわみざわ公園(北海道)
2019年7月15日(月)
BLUE ENCOUNT
会場:名古屋市公会堂 大ホール(愛知県)
2019年7月20日(土)〜7月21日(日)
NUMBER SHOT 2019
会場:海の中道海浜公園 野外劇場(福岡県)
2019年7月31日(水)〜8月7日(水)
ここがいつもの夢番地!
会場:周南RISING HALL(山口県)
2019年8月3日(土)〜8月4日(日)
ジャイガ -OSAKA GIGANTIC ROCK FES 2019-
会場:舞洲スポーツアイランド 太陽の広場 “ジャイガ”特設会場(大阪府)
2019年8月23日(金)〜8月25日(日)
WILD BUNCH FEST.2019
会場:山口きらら博記念公園(山口県)
2019年8月24日(土)〜8月25日(日)
20th ANNIVERSARY MONSTER baSH 2019
会場:国営讃岐まんのう公園(香川県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告