特集 PR

呂布カルマと名古屋。なびかず自分たちの文化を作ろうとしてる街

呂布カルマと名古屋。なびかず自分たちの文化を作ろうとしてる街

名古屋城本丸御殿
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部) 撮影協力:日本酒処 またたび

東京は、人口、経済の動き、芸術文化の密度において、日本の中心といえる都市だ。しかし必ずしも、あらゆる情報が密集するこの街でなければ「一流を目指せない」「成し遂げられない」というわけではない。東京には、「一流のプロもいるけど、子供だましの連中も多い」――そう語るのは、名古屋在住のラッパー、呂布カルマ。中学生で名古屋に越して以来、名古屋を拠点に活動を続けている。いまや全国規模の知名度を持ちながら、彼はなぜ名古屋にこだわり続けるのか?

そんな呂布とともに今回訪れたのが、名古屋を代表する名所・名古屋城だ。名古屋の街の歴史は名古屋城の築城とともに始まる。関ケ原の合戦に勝利した徳川家康が、名古屋城の築城を開始したのが1610年(慶長15年)。築城に合わせて城下町が形づくられ、都市としての発展が始まった。

昨年、長きにわたる復元事業を終え、完成公開を迎えた「名古屋城本丸御殿」は、江戸期の武家社会の豪華絢爛さを象徴する存在で、「近世城郭御殿の最高傑作」と称され、名古屋文化の原点とも言える。「今」を切り取り描写することに長けたラッパーの視点からみて、当時の最高峰の文化や技術が注ぎ込まれた豪華絢爛な歴史的建造物は一体どのように映っただろうか?

江戸時代に武士が誇った権力の華やかさをヒシヒシと感じさせる「名古屋城本丸御殿」と、この時代を生きる生活者としての心象もラップに刻む呂布カルマ。「歴史の栄華」と「今の生活」のコントラストから改めて、名古屋という街の魅力、そして呂布カルマというラッパーの魅力が見えてきた。

呂布カルマと名古屋城 本丸御殿へ。約10年かけて復元された建築物

―呂布さんは、名古屋城はよく来られるんですか?

呂布:すごく久しぶりに来ました。多分、10年以上ぶりです。友達や親戚が名古屋に遊びに来た時に連れて行くくらいで、地元の人はそんなに頻繁に来たりしないと思いますよ。もっと年をとったら、日常的に散歩に来るのはいいかもしれないですね。

そう語るのは、この日、本丸御殿を探索する名古屋在住のラッパー・呂布カルマ。

呂布カルマ(りょふ かるま)<br>日本のヒップホップMC。愛知県名古屋市を拠点に活動している。JET CITY PEOPLE代表。中学校に入ってから愛知県名古屋市に引っ越し、中部大学の附属高校を卒業後、名古屋芸術大学美術学部に入学。2018年5月9日に、5枚目となる最新アルバム『SUPERSALT』をリリースした。
呂布カルマ(りょふ かるま)
日本のヒップホップMC。愛知県名古屋市を拠点に活動している。JET CITY PEOPLE代表。中学校に入ってから愛知県名古屋市に引っ越し、中部大学の附属高校を卒業後、名古屋芸術大学美術学部に入学。2018年5月9日に、5枚目となる最新アルバム『SUPERSALT』をリリースした。

はじめに、本丸御殿を簡単に説明しておこう。「金のしゃちほこ」でもおなじみの名古屋城。その中でも、「本丸御殿」は、尾張徳川家の政庁兼住居として建築され、1930年(昭和5年)には天守閣と共に国宝に指定された。しかし、この御殿は1945年(昭和20年)の空襲によって建物のすべてが焼失。それから64年後の2009年(平成21年)から始まった復元工事を経て、去年、再び私たちの前にその姿を披露することとなった。

この約10年間にわたった復元事業は、戦火を免れた障壁画や、江戸時代の図面や記録、戦前に作成されていた詳細な実測図や写真資料などをもとに、史実に忠実に、当時の技術なども使って現代の職人たちの手仕事によって行われたという。

完成した御殿は復元という言葉のイメージを超えており、本物の城を400年ぶりに築いた、というほうが近いかもしれない。

復元された「名古屋城本丸御殿」
復元された「名古屋城本丸御殿」(サイトで見る

呂布:歴史にはそこまで興味はないんですけど、大きな建築物が好きなんです。城も好きですし、神社仏閣を見るのも好きですね。いちばん好きなのは東京都庁なんですけど、モノとしての存在感のデカさに圧倒されるし、やっぱり、ああいう巨大建築物って、究極の手作りじゃないですか。偶然そこにあるものじゃなくて、全部が計算されて、全部に意味があって作られている……そこにエネルギーを感じます。

この日、我々を案内してくれたのは、名古屋市観光文化交流局の吉田祐治さん。

呂布:この本丸御殿で武士が生活していたんですか?

吉田:そうですね。この本丸御殿で生活したり、政治をしたりしていました。ただ、この本丸御殿が特殊なのは、一度完成(1615年)したあと、いわば将軍用のVIPルームが増築(1634年)されたんです。そうした増築があったゆえに、この本丸御殿は、安土桃山時代の文化と江戸の洗練された文化が混ざり合い文化的にもとてもユニークな建物になっています。

また、名古屋城の築城と城下町の形成にあわせて、武士や町人、多数の職人などが移り住みました。現在の名古屋の文化も、盛んな「ものづくり」も、さかのぼっていくと名古屋城の築城につながっていきます。

この名古屋城本丸御殿は、日本を代表する書院造の建造物としても知られている。

たくさんの観光客が訪れていたこの日の名古屋城。呂布のお馴染みのオールバックは、朗らかな陽気の中で目立ちながらも、どこか豪華絢爛な書院造の建物にフィットしている……ような気がしてくる。

吉田:書院造は、武士が好んだ建築様式なんです。書院っていうのは対面儀礼のための建物のことで、それを中心に作られているのが、書院造です。書院造は、ディティールが面白いんですよね。

お城というと天守閣を思い浮かべる人も多いと思うんですけど、天守閣ってほとんど物見櫓(倉庫)のようなもので、非常に質素なんですよ。本来、お城の中心といえば御殿なんです。御殿は居住のための場所なので、インテリアがすごく重視されていて。部屋の細かいところにこだわりがあるし、そこに様々な技術や工芸や絵画が散りばめられていて、非常に文化度が高いんです。

呂布:なるほど……お城って、天守閣ではなく、あくまでも御殿がメインなんですね。でも、バカ殿って天守閣にいますよね。あれは本当にバカっていうことですか?

吉田:いや、そういうことではなく(笑)。こうした近代城郭のはじまりは織田信長が作った安土城と言われているんですけど、安土城では、天守にも住んでいたんですよ。でもそこから、御殿に住居が移っていったんです。

名古屋城「本丸御殿」前にて
名古屋城「本丸御殿」前にて
Page 1
次へ

施設情報

名古屋城

開園時間:9:00~16:30
ただし、本丸御殿、西南隅櫓へのご入場は16:00まで。
※2019年8月31日まで開園時間を午後5時30分まで延長しています。(建物内へのご入場は17:00まで)

観覧料:大人500円、名古屋市内高齢者(65歳以上)100円、中学生以下無料
※団体割引あり

リリース情報

呂布カルマ『SUPERSALT』
呂布カルマ
『SUPERSALT』

1. さようなら
2. white heaven
3. W.L.J.C
4. ずっと変 feat.BASE
5. サン=ジェルマン
6. メヲミテミナ feat.日系兄弟
7. Mirror House feat.ZAO
8. 悪い夢
9. ズルムケ
10. Lost License Boys feat.Campanella
11. ヤングたかじん
12. Voice of TUNK feat.MAKER
13. YABO
14. CALM DOWN(album version)

プロフィール

呂布カルマ(りょふ かるま)

日本のヒップホップMC。愛知県名古屋市を拠点に活動している。JET CITY PEOPLE代表。大阪芸術大学建築学科出身の父親のもとに生まれ、小学校時代を大阪府で過ごす。中学校に入ってから愛知県名古屋市に引っ越し、中部大学の附属高校を卒業後、名古屋芸術大学美術学部に入学。大学を卒業後も、フリーターを続けながら小学生からの夢であったプロの漫画家を目指すも挫折し、本格的にラップを始める。2018年5月9日に、5枚目となる最新アルバム『SUPERSALT』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開