特集 PR

Lucky Kilimanjaro×TENDOUJI対談 音楽に「敵」はいらない

Lucky Kilimanjaro×TENDOUJI対談 音楽に「敵」はいらない

Lucky Kilimanjaro『Do Do Do』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:前田立 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

DIYって「手法」じゃなくて「精神」なので。(アサノ)

―2組とも長らく自主的な活動スタンスを貫いてきたところから、去年、Lucky Kilimanjaroはメジャーデビューし、TENDOUJIは「次世代ロック研究開発室」と手を組んだ活動をはじめましたよね。「友達」という根深い関係からはじまったところに、第三者も入ってくることで今の2組があると思うんです。そこには、どのような意識の変化があったのでしょうか?

アサノ:友達であることが段々とアダになってくる部分もあるんですよね。メンバー内で意見が分かれても、3対1の場合は絶対に3が勝ってしまう。そういう状況はあまりよくないじゃないですか。

それに、そもそも俺らは音楽的な素養があるわけじゃないから、音楽的な部分でも客観的に判断してもらうことが必要だなと思っていたし、あとは単純に、ミュージシャンは音楽だけやるべきだと思うので。プロモーションやイベントの雑務も前は全部自分らでやっていたけど、「この作業って俺らがするべきなのかな?」っていう感じになってきたんですよね。そこに終始すると、どんどんと音楽が疎かになってしまうから。

アサノケンジ(TENDOUJI)

アサノ:DIYって「手法」じゃなくて「精神」なので。「インディーズで、僕らDIYでやってます」っていうことだけに価値を置くようになってしまうと、ちょっとヤバいなって思うんですよ。もちろん、そうすることで自分の目標に到達できるのならいいですけど、俺らはそこが一番のバンドではないので。

そもそも、フェスに出てサッカーをやることが目的なら、知名度がないといけないし、俺らは絶対に売れたいので。それなら、任せられるところは全部任せたほうがいいなって思ったんです。

熊木:目指す規模感の問題ですよね。僕らの場合も、メジャーデビューすることに特別な気負いがあったわけではないんです。ただ、「たくさんの人に伝えたい」と思うとどうしても自分たちだけでは手の回らないところも出てくる。

だから、ちゃんと自分が信頼できる人たちに任せるべきところは任せることがいいのかなっていう気がしたし、そうすることで、今はちゃんと「自分たちがなぜ、音楽をやっているのか?」っていうことに向き合いながら、モノを作ることにフォーカスできている気がしていて。

熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)

熊木:もちろん、一緒にやる相手はメジャーどうこうっていうよりも、自分たちのことをちゃんと理解してくれている人たちじゃないとダメですけどね。「組織」よりも「人」の問題というか。

アサノ:そう、「人」の問題だよね。極論、そこが演歌しか扱っていないレーベルだったとしても、ロックが好きで、俺らのビジョンを理解してくれる人がいるのであれば、俺らはそこからでもリリースできると思うし。

今は、今日の正解が明日には正解じゃなくなるっていうことが余裕で起こる時代だから。(熊木)

―お話を聞いていて思うのは、いわゆるDIY的な価値観というのは、かつてはメインストリームに対するカウンターとして機能していた部分もあると思うんです。でも、Lucky KilimanjaroやTENDOUJIの活動スタンスは、なにかに対するカウンターという感じではないですよね。

アサノ:そうですね。昔は、カウンターを食らわせる相手がはっきりしていたと思うけど、今はインターネットもあって、みんなの興味が分散しているじゃないですか。だから、俺らがなにかを敵だと思ってカウンターを打ったとしても、それは雲のようにフワっと消えてなくなるだけだと思うんですよ。それだったら、自分らが面白いと思うことをやるほうがいいんですよね。自分たちの芯をしっかりと打ち出して、そこに人を呼び込んだほうが面白くなる。

熊木:僕も同感で、「敵」ってもういないと思うんですよ。あらゆる事象が「敵」なのかどうかすらわからないし、物事はすぐに移り変わっていくじゃないですか。今は、今日の正解が明日には正解じゃなくなるっていうことが余裕で起こる時代だから。そうなると、なにかに向けて銃を撃つこと自体にあまり意味がない。

熊木:それよりも、単純に自分がいいと思うことをやって、そこに人を集めていくほうが自分の考えが広まっていくと思うんですよね。そういう意味でも、「こういう場所があって、こういうやり方があるんだよ」っていうことを僕らのようなバンドが提示することは、今、すごく大事なことだと思っていて。

それは、人に「居場所がある」ことを伝えることになると思うんですよ。「居場所」っていうのは別に具体的なものじゃなくても、自分の考え方の置きどころっていう意味でも大事なものだと思うんですよね。

―「考え方」や「気持ち」の居場所を、音楽は作り出すことができる。

熊木:そう。ある種、聴いてくれる人の「哲学」にまで影響を及ぼす空間を作り出すことができるから、バンドがいる空間やコミュニティーは今、すごく大事だと思うんですよね。

アサノ:そうだね。俺は、音楽って楽しいものだし、楽しくない人の逃げ場になったりするものだと思うんですよ。人には、それぞれいろんな種類の悩みがあると思うけど、だからこそ、バンドは「俺らはこうだ」っていうものを提示できなきゃいけない。

そうすることによって、逃げ場を作ることができるから。だから、自分たちがバンドである以上、「自分たちの好きなことをやる」っていうことは絶対になくしちゃいけないことだなって思いますね。

熊木:それができないと、裏切りになりますよね。自分たちが好きじゃないことをやってしまうと、自分たちのバンドが作り出す空間の意味をなくしてしまう。だから、「自分たちが好きなことをやること」が、バンドをやっている人間の使命なんですよね。

そういう意味でも、僕らが今できることはなにかに対立するのではなく、自分の好きなことを追い求めながら、聴いてくれる人にも「なにかやろうよ」って提案することなのかなって思っていて。

―「提案する」というのは、聴き手に対してのメッセージ性も含みつつ、すごく優しい態度でもありますよね。

熊木:僕は自分の考えが正しいと思っているわけではないし、自分と違う考え方をしている人との対立構造を作りたくないんです。その人がどれだけ自由であるかっていうことが大事だと思うから、自分の価値観を基準にして「あなたは自由じゃないよ」って言ってしまうことはよくないと思うんですよね。

そうじゃなくて、「僕はこう思うけど、どうですか?」っていうスタンスでありたいなと思うし、それによって、「自由に生きたい」と思っている人たちを応援できればいいなと思う。

熊木:なので、僕は「提案」っていう言葉を使っていきたいと思いますね。今は、なんでも対立させがちじゃないですか。実際、対比のほうがウケるだろうし。でも、そのやり方でバズを狙いたくないですよね。

アサノ:うん、わかる。

熊木:片方を落とすんじゃなくて、各々が相乗効果で創造力を上げていかないと意味がないから。実際、難しいですけどね。僕だって「悔しい」と思うことはあるし、自分がずっとそういう考え方で生きていられるかどうかわからないから。

でも、自分の好奇心が誰かにつながって、それがさらに誰かにつながっていけば、それがどんどん大きくなっていくものなんだっていうのは信じているので。僕は、そうやってクリエイティブのよさをみんなに伝えていきたいんです。

左から:熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)、アサノケンジ(TENDOUJI)
Lucky Kilimanjaro『Do Do Do』ジャケット
Lucky Kilimanjaro『Do Do Do』ジャケット(Amazonで見る
Page 4
前へ

リリース情報

Lucky Kilimanjaro
『風になる』(CD)

2019年6月5日(水)発売
価格:1,080円(税込)
MUCD-5353

1. 風になる
2. 君が踊り出すのを待ってる

Lucky Kilimanjaro
『HOUSE』(CD)

2019年7月3日(水)発売
価格:1,080円(税込)
MUCD-5355

1. HOUSE
2. 車のかげでキスを

『Do Do Do』
Lucky Kilimanjaro
『Do Do Do』(CD)

2019年8月7日(水)発売
価格:1,080円(税込)
MUCD-5357

1. Do Do Do
2. 愛してる

Lucky Kilimanjaro
『初恋』(CD)

2019年9月4日(水)発売
価格:1,080円(税込)
MUCD-5359

1. 初恋
2. Everything be OK

Lucky Kilimanjaro
『FRESH』(CD)

2019年10月2日(水)発売
価格:1,760円(税込)
MUCD-1437

・FRESH
・風になる
・HOUSE
・Do Do Do
・初恋

イベント情報

『Lucky Kilimanjaro ファースト・ワンマンライブ』

2019年11月23日(土・祝)
会場:東京都 渋谷 WWW
※チケットはソールドアウト

『TENDOUJI Presents “MAKE!TAG!NIGHT!!!” vol.3』

2019年9月28日(土)
会場:東京都 恵比寿LIQUIDROOM
料金:3,200円(ドリンク別)
ゲスト:POLYSICS、崎山蒼志

プロフィール

Lucky Kilimanjaro(らっきー きりまんじゃろ)

2014年、熊木幸丸(Vo,Sampler)を中心に活動開始。リスナーの心を躍らせることを目的とした6ピースエレクトロポップバンド。鮮やかなシンセサイザーのサウンド、ダイナミックなドラム&パーカッション、誰もが口ずさめるメロディーラインとダンスミュージックの融合はリスナーからの注目を集めてやまない。2015年7月、1stミニアルバム『FULLCOLOR』、2017年11月、1stフルアルバム『Favorite Fantasy』リリース。2018年にドリーミュージックからメジャーデビューし、メジャー1st EP『HUG』をリリース。歌詞の世界観とそのメッセージ性、アレンジ構成力の高さに、シンパが日々拡大し続けている。

TENDOUJI(てんどうじ)

2014年、中学の同級生で結成。自主レーベル「浅野企画」を設立して、これまで4枚のEPと1枚のフルアルバムをリリース。類まれなメロディーセンスと1990年代のオルタナシーンに影響をうけた爆発力のあるサウンドを武器に、全ての会場をハッピーなグルーヴに包みこむ4人組バンド。2019年2月には、TEENAGE FANCLUBの来日公演のサポートアクトを務める。また「ARABAKI ROCK FEST.19」「VIVA LA ROCK 2019」「COMING KOBE」「百万石音楽祭 2019」「FUJI ROCK FESTIVAL'19」など大型フェスに続々と出演し、シーンを席巻。東京インディ/オルタナ・シーン屈指の愛されバンド、TENDOUJI。

関連チケット情報

2019年9月28日(土)
TENDOUJI
会場:LIQUIDROOM(東京都)
2019年11月23日(土)
Lucky Kilimanjaro
会場:Shibuya WWW(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている