特集 PR

ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

ヨルシカ『エルマ』
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:中田光貴、矢島大地(CINRA.NET編集部)

ボカロPとしても活動するコンポーザーのn-buna(ナブナ)が、女性シンガーのsuis(スイ)と共に結成したバンド「ヨルシカ」。彼らが8月28日にリリースした『エルマ』は、今年4月にリリースされた『だから僕は音楽を辞めた』の続編となるコンセプトアルバムだ。

約半年というスパンで2枚のフルアルバムをリリースする活動濃度にまず驚かされるが、さらに特筆すべきは、両作品に通底する、重層的に作られた世界観だろう。この2作は「対」になるような構造を持ちながら、ふたりの登場人物を巡る物語を紡いでいく。ここから立ちあがってくるのは、強烈なほどの「文学」の香り。両作ともに初回生産盤にはそれぞれ「手紙」と「日記」という体裁をとったブックレットが付属しているのだが、そこに綴られる言葉の羅列が、この2作品の背景にある「物語」の存在を知らせている。

『エルマ』において、彼らはオスカー・ワイルドの「人生は芸術を模倣する」という言葉を根底に置きながら、井伏鱒二『山椒魚』やジュール・ヴェルヌ『海底二万里』などの文学作品を参照し、さらに与謝蕪村やヘンリー・ダーガーの名前も挙げながら、「不在」を背負い生きる主人公「エルマ」の物語を紡いでいく。

今、飛ぶ鳥を落とす勢いでその認知を広げているヨルシカだが、彼らは何故、それほどまでに言葉を、物語を、音楽の中に必要としたのか。そして今、彼らとリスナーをつなぐ精神的なリンクは、なにによってもたらされているのか。ヨルシカでの活動を「余生」と語るシンガーのsuis、そして「自分」を語りたがらない芸術至上主義者n-buna。ふたりに話を聞くことで、今、ヨルシカがまとう秘密にさわってみた。

言ってしまえば、今の僕はオスカー・ワイルドを「模倣」している。(n-buna)

―『エルマ』は、前作『だから僕は音楽を辞めた』の続編となる作品ですよね。2枚のフルアルバムを通してひとつの物語が描かれているという、濃密で重層的な構造を持った作品たちですけど、この2作の構想はどこから生まれたものだったのでしょうか?

n-buna:まず、自分の過去や経験をもとに、音楽を辞めた青年の話を描きたいと思ったんです。そこには、オスカー・ワイルド(19世紀に活躍したアイルランド出身の詩人、作家)が戯曲の中で書いた「人生は芸術を模倣する」という言葉を、現代的に表したものにしたいっていう気持ちもあった。そして、それを表現するためには2枚のコンセプトアルバムが必要だったんですよね。

音楽を残して去った「エイミー」という青年と、その青年を模倣して音楽を始める「エルマ」という女の子の物語を作る。そうして1枚目で「模倣される側」を、2枚目で「模倣する側」を描くことで、オスカー・ワイルドの言葉を表現しようと思ったっていうところが、根底にはあります。

―オスカー・ワイルドは「芸術至上主義」的な価値観で知られる人ですけど、「人生は芸術を模倣する」というのは、ワイルドの考えをとても象徴的に表しています。この言葉は、n-bunaさんにとって大きなものなんですね。

n-buna:僕は本を読むのが好きなんですけど、中高生の頃に近代文学を読み漁っていた時期があったんです。そのなかで共鳴した存在のひとりがオスカー・ワイルドだったんですよね。だから今、こういう作品を作っているんだと思います。言ってしまえば、今の僕はオスカー・ワイルドを「模倣」している。

彼だけじゃなくても、今回の作品には井伏鱒二や与謝蕪村、正岡子規、あるいはジュール・ヴェルヌ(19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの小説家。代表作に『海底二万海里』(1870年)がある)のような様々な人たちの存在が影響していますけど、僕は彼らをある種、「模倣」しているんだと思います。

ヨルシカ(よるしか)<br>ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)が、女性シンガーsuis(スイ)を迎えて結成したバンド。2017年より活動を開始。2019年4月に発売した1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』はオリコン初登場5位を記録し、各方面から注目を浴びる。文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。
ヨルシカ(よるしか)
ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)が、女性シンガーsuis(スイ)を迎えて結成したバンド。2017年より活動を開始。2019年4月に発売した1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』はオリコン初登場5位を記録し、各方面から注目を浴びる。文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。

―n-bunaさんはヨルシカ結成前から、ソロ名義でも活動されていますよね。ご自身の音楽家の歴史の中で、2019年にこの2枚の作品が産み落とされたことに、必然性はあったと思いますか?

n-buna:そうですね、僕は15歳の頃から音楽を作り始めましたけど、音楽を始めたての頃には作れなかった作品だと思います。19歳から20歳のときに、とても悩んだ時期があって。その頃に“だから僕は音楽を辞めた”という曲が部分的にできていたんですね。それを膨らませて作ったのが、この2枚の作品なんです。

―だとすると、物語と作者の距離感という点で、今作はn-bunaさんご自身とかなり距離が近いと言えそうですね。実際、この2作品の背景にある物語はスウェーデンを舞台にしています。n-bunaさんがかつて暮らしていた土地でもあるそうですね。

n-buna:『だから僕は音楽を辞めた』は、自分自身にかなり近いと思います。僕の体験や思想がそのまま物語に入れ込んである。そっちの方が、リアルな質感を持った物語になると思うんですよね。だからこそ、僕と思想が似ている人は共鳴してくれるかもしれない。

スウェーデンの風景。撮影:n-buna<br>『だから僕は音楽を辞めた』『エルマ』制作のため、n-bunaはスウェーデンに渡った。
スウェーデンの風景。撮影:n-buna
『だから僕は音楽を辞めた』『エルマ』制作のため、n-bunaはスウェーデンに渡った。
ヨルシカ『だから僕は音楽を辞めた』(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

リリース情報

ヨルシカ
『エルマ』初回限定盤「エルマが書いた日記帳仕様」(CD+写真+日記帳)

2019年8月28日(水)発売
価格:4,860円(税込)
UPCH-7511

1. 車窓
2. 憂一乗
3. 夕凪、某、花惑い
4. 雨とカプチーノ
5. 湖の街
6. 神様のダンス
7. 雨晴るる
8. 歩く
9. 心に穴が空いた
10. 森の教会
11. 声
12. エイミー
13. 海底、月明かり
14. ノーチラス

ヨルシカ『エルマ』通常盤
ヨルシカ
『エルマ』通常盤(CD)

2019年8月28日(水)発売
価格:3,240円(税込)
UPCH-2191

1. 車窓
2. 憂一乗
3. 夕凪、某、花惑い
4. 雨とカプチーノ
5. 湖の街
6. 神様のダンス
7. 雨晴るる
8. 歩く
9. 心に穴が空いた
10. 森の教会
11. 声
12. エイミー
13. 海底、月明かり
14. ノーチラス

サイト情報

ヨルシカ 2ndフルアルバム『エルマ』特設サイト

イベント情報

ヨルシカ Live Tour 2019『月光』

2019年10月17日(木)
会場:東京都 TSUTAYA O-EAST

2019年10月21日(月)
会場:大阪府 BIG CAT

2019年10月22日(火・祝)
会場:愛知県 ボトムライン

プロフィール

ヨルシカ
ヨルシカ(よるしか)

ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)が、女性シンガーsuis(スイ)を迎えて結成したバンド。2017年より活動を開始。2019年4月に発売した1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』はオリコン初登場5位を記録し、各方面から注目を浴びる。文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る