ニュース

YAHOO!JAPANによるインターネットクリエイティブアワード2007、受賞作品決定

YAHOO! JAPANが主催する『インターネットクリエイティブアワード2007』の受賞作品が決定し、公開された。

2007年6月から8月までの2ヶ月間に作品を募集し、応募総数は581作品。審査員はGT INC.の内山光司氏、TUGBOATの川口清勝氏、thaの中村勇吾氏など、豪華な顔ぶれだった。

応募は3部門からなっており、それぞれ『一般の部』『クライアントワークの部』『広告主の部』の3部門。一般の部からはグランプリ該当作なし、クライントワークの部では電通、バスキュールなどによる『電通CR&P塾2007』がグランプリに輝き、広告主の部からはグランプリに広告バナーである『ジープ・パトリオット』がグランプリに。

その他の受賞作品のどれを観ても、やはり何らかの形でユーザーが関わって何かが起きる、何かを伝えるという表現がほとんどだった。

審査員の内山氏は「全体的にクオリティが高く、面白いものが増えてきたと同時に、突き抜けた作品が少なかったかなという印象がありました。」と、中村氏は「客観的にどう見られるかを考えながら制作をすると良いのでないでしょうか。」と語っており、ユーザーが関わるインタラクティブなものであったとしても、それが「伝わる」ということに直接つながるわけではないことを示唆している。

受賞作品はそれぞれサイトから閲覧可能となっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る