ニュース

YAHOO!JAPANによるインターネットクリエイティブアワード2007、受賞作品決定

YAHOO! JAPANが主催する『インターネットクリエイティブアワード2007』の受賞作品が決定し、公開された。

2007年6月から8月までの2ヶ月間に作品を募集し、応募総数は581作品。審査員はGT INC.の内山光司氏、TUGBOATの川口清勝氏、thaの中村勇吾氏など、豪華な顔ぶれだった。

応募は3部門からなっており、それぞれ『一般の部』『クライアントワークの部』『広告主の部』の3部門。一般の部からはグランプリ該当作なし、クライントワークの部では電通、バスキュールなどによる『電通CR&P塾2007』がグランプリに輝き、広告主の部からはグランプリに広告バナーである『ジープ・パトリオット』がグランプリに。

その他の受賞作品のどれを観ても、やはり何らかの形でユーザーが関わって何かが起きる、何かを伝えるという表現がほとんどだった。

審査員の内山氏は「全体的にクオリティが高く、面白いものが増えてきたと同時に、突き抜けた作品が少なかったかなという印象がありました。」と、中村氏は「客観的にどう見られるかを考えながら制作をすると良いのでないでしょうか。」と語っており、ユーザーが関わるインタラクティブなものであったとしても、それが「伝わる」ということに直接つながるわけではないことを示唆している。

受賞作品はそれぞれサイトから閲覧可能となっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年