大阪で音楽で生きてゆくこととは、8ottoメンバー出演、「OSAKAインディーズ夜話 第4夜」

インディーズ音楽シーンを様々な形で構成し支えている各方面の第一人者を招き、大阪で音楽活動をしている若者を対象に、その活動や成功の秘訣、音楽で暮らしていくために知っておきたい知識などについて語ってもらうトークショー『OSAKAインディーズ夜話 第四夜』が3月25日(火)に大阪市立芸術創造館にて開催される。

第四夜は、今年の「渚音楽祭 2008 春」や「KAIKOO meets REVOLUTION」にも出演が決定している大阪出身のバンド8ottoのドラムボーカル、マエノソノマサキ氏と女性歌手、大西ユカリ氏を迎えて、どうやって今の自分を築いてきたのか、これまでの歩み、ターニングポイントなどを語ってもらう内容となっている。

実際に「音楽で生きている」アーティストから、普段聞くことのできない生の声や話を聞くことのできる貴重な機会になること間違いなしだ。

「OSAKAインディーズ夜話」全4回シリーズ
第四夜『ミュージシャンに聞く!』
2008年3月25日(火)18:30~
会場:大阪市立芸術創造館(大阪・大宮)
料金:1,000円(電話・メールにて予約受付)
ゲスト:大西ユカリ
マエノソノマサキ(8otto)

  • HOME
  • Music
  • 大阪で音楽で生きてゆくこととは、8ottoメンバー出演、「OSAKAインディーズ夜話 第4夜」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて