FINAL HOMEの津村耕佑による新たな造形美、津村耕佑個展『夢神/MUZIN』

渋谷のコンテンポラリーギャラリーNANZUKA UNDERGROUND(ナンヅカアンダーグラウンド)にて、津村耕佑個展『夢神/MUZIN』が5月31日(土)から6月22日(日)まで開催される。

津村耕佑は1959年生まれ。1982年に装苑賞を受賞し、1994年に三宅デザイン事務所から自身のブランド『FINAL HOME』を立ち上げており、衣類の機能としての「ディフェンス」、「サバイバル」というテーマを用いたクリエイティブが高く評価されている。また、ファッションデザイン分野だけでなく展覧会の参加など、ジャンルを問わず活動を行っている。

今回の個展ではデザインやファッションとしての創作と、アートとしての創作の境界に着目し、既成のプロダクトや布をもとにしたレイヤーのある立体作品を制作。それらの作品からは衣類の原点である「包む」という行為によって仕上げられており、ファッション人の津村らしさを感じることができるだろう。

津村は今回の展覧会について下記のようにコメントしている。

「過去、そして今でも私を魅了し悩ませ続けるイメージは、時にフィギュアとして表れ、あるいは時にセクシーなピンヒールに姿を変えて表れる。それが複雑に絡み合い、予期せぬ場面で出現しては消えていく。私は、ようやくその正体を暴き、生け捕りにする方法を思いついた。」

津村耕佑個展『夢神/MUZIN』
2008年5月31日(土)~6月22日(日)13:00~20:00
会場:NANZUKA UNDERGROUND(東京・渋谷)
休廊日:月、火曜
料金:無料

レセプションパーティー
2008年5月30日(金)20:00~22:00

  • HOME
  • Art,Design
  • FINAL HOMEの津村耕佑による新たな造形美、津村耕佑個展『夢神/MUZIN』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて