イルバ・オーグランドの日本初個展『道しるべの女―眠りにつく』がシュウゴアーツにて開催

スウェーデン生まれ、ニューヨークで昨年注目のデビューを飾ったイルバ・オーグランドの日本における初の個展『道しるべの女―眠りにつく』が、7月26日(土)まで開催中だ。

同氏はこれまで自分自身と家族をめぐる事柄を作品化しており、それらは極私的な関心から生まれつつ、健全なタブーや装飾的な表現と際どいモチーフなど、複数の要素が共存している。

今回の個展のタイトルは聖母マリアのイコンに由来しており、300年近くにわたり母から娘へと受け継がれてきた鏡をモチーフにしたペインティングの連作を発表。また父親の死に立ち会ったことから生まれたインスタレーションも紹介される。

イルバ・オーグランド
『道しるべの女―眠りにつく』
2008年6月28日(土)~7月26日(土)12:00~19:00
休廊日: 日、月曜日、祝日
会場:シュウゴアーツ(東京・清澄白河)
料金:入場無料

(画像:イルバ・オーグランド She who shows the Way, 1.40 Ounce
2008, Oil on Canvas, rock crystal)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • イルバ・オーグランドの日本初個展『道しるべの女―眠りにつく』がシュウゴアーツにて開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて