横浜湾岸地区全体をアートステージへ、『港町往来ワンダララ計画09』プレイベント開催

「港町」をテーマに、国内のアーティストとの協奏による横浜港湾地区全体をアートのステージにするプロジェクト『港町往来ワンダララ計画09』のプレイベントvol.1『響き合う始まり』が10月19日(日)まで開催されている。なお、会場となるZAIM CAFE ANNEXは築84年民家をリノベーションした、今年9月にオープンしたばかりの隠れ家的なギャラリーだ。

今回のプレイベントでは来年のイベントに先駆け、「アーティストの国際ネットワーク」、「ハイブリッド近代文化」をテーマとした参加型のトーク+ディスカッション、ワークショップを中心に、展覧会が行われる。

展覧会ではジュリアン・ブレーヌ、マリリン・アーセム、足立智美、丹羽良徳、山岡佐紀子、のぎすみこ、ペ スノッ(BAE SUNOK)+オン チュス(OM JOOSOO)、田名部信+海外のビジュアルポエトリーのネットワークアーティストたちらの作品を展示。開港150周年を迎える横浜で、国境を越えて参集したアーティストたちが何を感じ取り、来年に向けて何を志向していくのか。そのリサーチの第1弾を披露するイベントとなる。

イベントの詳細はオフィシャルサイトを参照してほしい。

『港町往来ワンダララ計画09』プレイベント
vol.1『響き合う始まり』
2008年10月7日(火)~10月19日(日)13:00~20:00
会場:ZAIM CAFE ANNEX(横浜・中区)

参加アーティスト:
ジュリアン・ブレーヌ
ペ スノッ(BAE SUNOK)+オン チュス(OM JOOSOO)
のぎすみこ
足立智美
丹羽良徳
アライ=ヒロユキ
山岡佐紀子
小野のんこ
富士栄秀也

企画・主催:港町往来プロジェクト実行委員会(山岡佐紀子、アライ=ヒロユキ、丹羽良徳)、ザイムカフェアネックス
協力:特定非営利法人横浜シティアートプロモーション(通称:YCAP)

  • HOME
  • Art,Design
  • 横浜湾岸地区全体をアートステージへ、『港町往来ワンダララ計画09』プレイベント開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて