ニュース

100点に及ぶ原画や出版資料を展示『少女マンガパワー!―つよく・やさしく・うつくしく―』

日本の少女漫画に焦点をあてた展覧会『少女マンガパワー!―つよく・やさしく・うつくしく―』が3月30日まで川崎市市民ミュージアムにて開催中。

日本の少女マンガにおけるバリエーションの豊かさ、人間の内面を掘り下げた表現力は、社会や時代のギャップを超えて注目を集めている。

この展覧会は、日本の少女マンガ形成に多大な影響を与えたマンガ家23人の作品から、少女マンガのジャンル全体を見通そうとする企画。北米9ヶ所を巡回し、100点に及ぶ原画や原画’(ダッシュ)と呼ばれる修正の跡や鉛筆の消し跡まで再現した精巧な複製をはじめ、作家の愛用品やグッズ、出版資料などを日本での開催用にリニューアル。

生き生きとした作家の息吹と少女マンガの持つパワーを強く感じることのできる展覧会となっている。

『少女マンガパワー!―つよく・やさしく・うつくしく―』』
2008年2月16日(土)~3月30日(日)9:30~17:00
会場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室
料金:一般800円 学生・65歳以上500円 小・中学生無料
休館日:毎週月曜日、3月21日(金)

出展作家:
手塚治虫、わたなべまさこ、松本零士、石ノ森章太郎、ちばてつや、水野英子、牧美也子、里中満智子、一条ゆかり、池田理代子、美内すずえ、竹宮惠子、山岸凉子、萩尾望都、陸奥A子、くらもちふさこ、 岩館真理子、佐藤史生、吉田秋生、岡野玲子、CLAMP、今市子、よしながふみ

展示内容・構成:
1. 少女マンガジャンルの成立と確立(1950~60年代)
2. 少女マンガの革新(1970年代)
3. 少女マンガのさらなる発展(1980年代以降)
4. コーナー展示 アメリカでの反響を追う、マンガの原画と複製について考える、少女マンガ読書コーナー ※「ファンレターを書こう!」コーナーも設置

(画像:「ハニーハニーのすてきな冒険」より(c)水野英子)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される