ニュース

【フォトレポート】アートフェア東京2008

4月4日から6日の3日間開催の『アートフェア東京2008』。今年で3回目を迎えるこの日本最大級のアートフェアには108もの画廊が参加している。古美術からコンテンポラリーアートまで、実に様々なジャンルの作品が一同に介していた。コンテポンラリーを扱うギャラリーを中心に、その模様をフォトレポート!

 


東京国際フォーラムの展示ホールで行なわれた本イベント。コレクターから美大学生まで、アートに興味を持つ人々で会場は混雑していた。




初台にギャラリーをかまえるワコウ・ワークス・オブ・アートのブース風景。写真中央の油彩画は、同ギャラリーが一押ししている若手アーティスト、政田武史氏の作品。




田名網敬一氏や宇川直宏氏などのアーティストが所属する渋谷の新進の画廊、NANZUKA UNDERGROUNDのブース。エネルギッシュな作品たちが、来場者の足を度々止めさせていた。




奈良美智氏や杉戸洋氏などが所属する小山登美夫ギャラリーのブース。菅木志雄氏と蜷川実花氏の作品が中心に展示されていた。




シュウゴアーツのブースには、丸山直文氏の作品(写真左側)と池田光弘氏の作品が。決して安価ではなかったが、どちらの作品にもすでに赤い印(購入済みの印)がつけられていた。




一目見て「あ、トラヤンだ!」となるヤノベケンジ氏の作品を展示していたのは山本現代。その存在感に、誰もが足を止めていた。




ミヅマアートギャラリーのブースは鴻池朋子氏の作品でぎっしり。この立体作品を見ていると、鴻池氏の世界に入り込まれていくような不思議な感覚を覚えた。





タカ・イシイギャラリーのブースは、五木田智央氏の油彩や森山大道氏の写真など、モノトーンで飾られていた。




海外からもソウル、ニューヨーク、ニューデリーなど、多くの画廊が参加した今回のアートフェア東京。写真は北京のPekin Fine Arts。





平日にも関わらず、コンテンポラリーギャラリーが集まる周辺には多くの一般の方々も来場していたようだ。





SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mime“Driftin”MV

5人組バンドMimeによる“Driftin”MVが公開。シャムキャッツやJJJのMVも手掛けた芳賀陽平がディレクションを務めており、逆光やボケをあえて取り入れる演奏シーンが新鮮。突き動かされるようなサウンドと伸びやかな声の相性が抜群で、閉じ込めた気持ちと解放感のせめぎ合いを感じる歌詞もエロい。(井戸沼)

  1. 星野源『おげんさんといっしょ』に三浦大知が出演 新ファミリーの一員に 1

    星野源『おげんさんといっしょ』に三浦大知が出演 新ファミリーの一員に

  2. KICK THE CAN CREW“住所 feat. 岡村靖幸”PV公開 監督は関和亮 2

    KICK THE CAN CREW“住所 feat. 岡村靖幸”PV公開 監督は関和亮

  3. 『オーシャンズ8』のアジア系キャスト・オークワフィナ。NY生まれの表現者 3

    『オーシャンズ8』のアジア系キャスト・オークワフィナ。NY生まれの表現者

  4. 菅田将暉×趣里 本谷有希子原作の映画『生きてるだけで、愛。』場面写真 4

    菅田将暉×趣里 本谷有希子原作の映画『生きてるだけで、愛。』場面写真

  5. 『サマソニ』大阪の新ステージに崎山蒼志、踊Foot Worksら18組追加 5

    『サマソニ』大阪の新ステージに崎山蒼志、踊Foot Worksら18組追加

  6. レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加 6

    レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加

  7. けやき出演の舞台『マギレコ』、いろは柿崎芽実&まどか丹生明里の写真公開 7

    けやき出演の舞台『マギレコ』、いろは柿崎芽実&まどか丹生明里の写真公開

  8. 中田ヤスタカ×Perfumeが雑誌で初対談 『サンレコ』表紙&16P掲載 8

    中田ヤスタカ×Perfumeが雑誌で初対談 『サンレコ』表紙&16P掲載

  9. フジロック初のYouTubeライブ配信の手ごたえは? 3日間で計1200万回超再生 9

    フジロック初のYouTubeライブ配信の手ごたえは? 3日間で計1200万回超再生

  10. 『少年ジャンプ』50周年公式YouTubeで『スラダン』など歴代アニメ無料公開 10

    『少年ジャンプ』50周年公式YouTubeで『スラダン』など歴代アニメ無料公開