ニュース

【フォトレポート】アートフェア東京2008

4月4日から6日の3日間開催の『アートフェア東京2008』。今年で3回目を迎えるこの日本最大級のアートフェアには108もの画廊が参加している。古美術からコンテンポラリーアートまで、実に様々なジャンルの作品が一同に介していた。コンテポンラリーを扱うギャラリーを中心に、その模様をフォトレポート!

 


東京国際フォーラムの展示ホールで行なわれた本イベント。コレクターから美大学生まで、アートに興味を持つ人々で会場は混雑していた。




初台にギャラリーをかまえるワコウ・ワークス・オブ・アートのブース風景。写真中央の油彩画は、同ギャラリーが一押ししている若手アーティスト、政田武史氏の作品。




田名網敬一氏や宇川直宏氏などのアーティストが所属する渋谷の新進の画廊、NANZUKA UNDERGROUNDのブース。エネルギッシュな作品たちが、来場者の足を度々止めさせていた。




奈良美智氏や杉戸洋氏などが所属する小山登美夫ギャラリーのブース。菅木志雄氏と蜷川実花氏の作品が中心に展示されていた。




シュウゴアーツのブースには、丸山直文氏の作品(写真左側)と池田光弘氏の作品が。決して安価ではなかったが、どちらの作品にもすでに赤い印(購入済みの印)がつけられていた。




一目見て「あ、トラヤンだ!」となるヤノベケンジ氏の作品を展示していたのは山本現代。その存在感に、誰もが足を止めていた。




ミヅマアートギャラリーのブースは鴻池朋子氏の作品でぎっしり。この立体作品を見ていると、鴻池氏の世界に入り込まれていくような不思議な感覚を覚えた。





タカ・イシイギャラリーのブースは、五木田智央氏の油彩や森山大道氏の写真など、モノトーンで飾られていた。




海外からもソウル、ニューヨーク、ニューデリーなど、多くの画廊が参加した今回のアートフェア東京。写真は北京のPekin Fine Arts。





平日にも関わらず、コンテンポラリーギャラリーが集まる周辺には多くの一般の方々も来場していたようだ。





SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い