ニュース

【フォトレポート】アートフェア東京2008

4月4日から6日の3日間開催の『アートフェア東京2008』。今年で3回目を迎えるこの日本最大級のアートフェアには108もの画廊が参加している。古美術からコンテンポラリーアートまで、実に様々なジャンルの作品が一同に介していた。コンテポンラリーを扱うギャラリーを中心に、その模様をフォトレポート!

 


東京国際フォーラムの展示ホールで行なわれた本イベント。コレクターから美大学生まで、アートに興味を持つ人々で会場は混雑していた。




初台にギャラリーをかまえるワコウ・ワークス・オブ・アートのブース風景。写真中央の油彩画は、同ギャラリーが一押ししている若手アーティスト、政田武史氏の作品。




田名網敬一氏や宇川直宏氏などのアーティストが所属する渋谷の新進の画廊、NANZUKA UNDERGROUNDのブース。エネルギッシュな作品たちが、来場者の足を度々止めさせていた。




奈良美智氏や杉戸洋氏などが所属する小山登美夫ギャラリーのブース。菅木志雄氏と蜷川実花氏の作品が中心に展示されていた。




シュウゴアーツのブースには、丸山直文氏の作品(写真左側)と池田光弘氏の作品が。決して安価ではなかったが、どちらの作品にもすでに赤い印(購入済みの印)がつけられていた。




一目見て「あ、トラヤンだ!」となるヤノベケンジ氏の作品を展示していたのは山本現代。その存在感に、誰もが足を止めていた。




ミヅマアートギャラリーのブースは鴻池朋子氏の作品でぎっしり。この立体作品を見ていると、鴻池氏の世界に入り込まれていくような不思議な感覚を覚えた。





タカ・イシイギャラリーのブースは、五木田智央氏の油彩や森山大道氏の写真など、モノトーンで飾られていた。




海外からもソウル、ニューヨーク、ニューデリーなど、多くの画廊が参加した今回のアートフェア東京。写真は北京のPekin Fine Arts。





平日にも関わらず、コンテンポラリーギャラリーが集まる周辺には多くの一般の方々も来場していたようだ。





SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと