ニュース

【フォトレポート】現代国際アートフェア「101TOKYO」

4月3日から6日まで、旧練成中学校を利用して行なわれた国際現代アートフェア『101TOKYO』。『アートフェア東京』と時を同じくして開催されたこのアートフェアは、アートフェア東京がスタンダード、だとすれば、こちらはカッティング・エッジ、と形容できようか。コンテンポラリーアートに特化したアートフェアで今回が一回目。14の画廊が日本から、もう14の画廊が海外からという国際色豊かな内容に、これから何かが起こる、新たなエネルギーを感じた。



元中学校を利用した本イベント。校舎の入り口の階段には、「101」が。




magical, ARTROOMのブース風景。展示されていたのは栗山斉氏、秋山幸氏、大庭大介氏の3氏の作品だった。




FOILギャラリーのブースには、川内倫子氏の写真や角田順氏など、個性の強い作品が多く、海外からの来場者も足を止めていた。




YUKARI ART CONTEMPORARYのブース。CINRA MAGAZINEでもおなじみの大畑伸太郎氏の平面&立体作品やいしかわかずはる氏の糸を使った作品などが展示。主宰のみつまゆかりさんに話しを聞くと、「アートフェアは色んなジャンルの作品があるけど、ここはコンテンポラリーなギャラリーばかりなので、海外のアートフェアに雰囲気が近いです」と。




インドのムンバイとニューヨークに拠点を持つThe Guild Art Galleryのブース。




2001年にオープンしたニューヨークのギャラリー、ATM gallery。



オーストラリアはメルボルンのNeon Parc。ポスターにアクリルをのせている作品はDan Arps氏の作品。




メイン会場の向かいの「教室」では、「MAURO」(カフェ)が。出展者や来場者の交流の場にもなっており、ライブなども行なわれる。終始エネルギーに溢れながらも急いでいない、このイベントの雰囲気を体現していた。





SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開